2017年01月16日

森高千里さんの渡良瀬橋で有名な八雲神社が全焼からの復興

緑町 八雲神社
2017年1月14日参詣
栃木県足利市緑町1ー3776鎮座

DSC_0793.jpg

DSC_0786.jpg

DSC_0787.jpg

DSC_0788.jpg

DSC_0790.jpg

2012年12月9日に栃木県足利市にある足利市総鎮守である八雲神社が全焼してしまいました。
拝殿・本殿と社殿が無くなってしまったのは、とてもショックです。

八雲神社というと、森高千里さんの渡良瀬橋の歌詞に出てくる八雲神社です。
たまに違う八雲神社へ行ってしまっている人もいますが、緑町にあるのが本当です。

森高さんはデビュー25周年のイベントがあって、八雲神社が全焼するわずか半年ほど前に20年ぶりに足利にやって来ていたんです。その時は八雲神社にもお参りをしていました。

森高祈願.jpg
それから子育てもひと段落つき、ちょうど15年ぶりのライブツアーが予定されていた森高。そこで彼女は初日の会場を足利市民会館に選んだ。
ライブは2013年3月30日、31日に行われたが、彼女はその前日にも八雲神社を訪れている。

森高八雲.jpg
森高さんは全国のライブ会場で募金箱を置いてくれただけでなく、八雲神社の絵馬も販売してくれて、他のライブグッズの売上金の一部も寄付、森高さん自身からは187万円ものの寄付のほか、およそ3235万円の資金が集まった八雲神社は、2015年2月20日、ついに再建のめどが立った。

DSC_0794.jpg

式年遷宮を終えた伊勢神宮125社の中の「月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)」に使われていたヒノキ材を譲り受け、2016年の昨年から着工されています



緑町 八雲神社、2015年2月21日の前回参拝
の記事はこちらから


posted by かめ忍者 at 23:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木県の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

神楽坂聖天 安養寺(東京)

醫光山 長寿院 安養寺
2016年11月13日参詣
東京都新宿区神楽坂6-2 鎮座

「安養寺」は別名、「神楽坂聖天」とも呼ばれています。

聖天堂.jpg
正面にあるのは本堂ではなく聖天堂

DSC_0493.jpg
聖天堂には、「大聖歓喜天(聖天様)」が祭られています。
「聖天様」と一緒に祭られているのが「11面観音」で、「江戸三十三観音十六番札所」の本尊になります。

DSC_0494.jpg
参拝で敷地内に入ったら、お寺のおばちゃんが声を掛けてくれまして、2階にある薬師瑠璃光如来(黄金の神楽坂大仏)の部屋(本堂)へ案内してくれました。

神楽坂大仏.jpg
大仏様は「薬師如来」様で、かなり古いもののようです。高さ2mちょっとです。
東京大空襲で、このお寺も焼けてしまいますが、大仏様は、お顔、お手、薬壺が奇跡的に残りました。
これを当時、日本一とされた京都の仏師によって、復元されたのが今のこのお姿だそうです。



開設は平安時代に遡り、開基は天正19年(1591年)、慈覚大師円仁によります。
天正19年(1591年)、徳川家康が江戸城築城の際、城内川口より田安へ換地、その後天和3年(1683年)今の神楽坂の地に移転してきました。
ご本尊は「薬師瑠璃光如来」です。

DSC_0771-2-0cb9f.jpg

posted by かめ忍者 at 22:05| 栃木 ☀| Comment(0) | 東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

神楽坂 圓福寺(東京)

日蓮宗 妙徳山 圓福寺
2016年11月13日参詣
東京都新宿区横寺町15 鎮座

文禄5年(1596年)9月3日、加藤清正公により創建され、江戸三祖師の一つである厄除開運祖師や、江戸城から奉安された夜光鬼子母神を拝むことができます。

IMG_20161114_065910.jpg

DSC_0477.jpg
神楽坂タイムスリップ ウォークラリーのスタンプポイントになっていました

DSC_0478.jpg
扁額

DSC_0479.jpg
福を呼ぶ福朗ちゃん

懺悔.jpg
懺悔(さんげ)ができる寺として知られ「懺悔守り」が人気を呼んでいる。
懺悔はキリスト教では「ざんげ」、仏教では「さんげ」と読むらしいです。
懺悔内容を記入し寺に奉納する種類のお守り。「過去の行いにより今があり、今の行いにより未来が決まる」という考えの下、過去の罪を心からわび、懺悔が健康運・仕事運(金運)・良縁という3つの事柄に変化をもたらすこと、つまり三化(さんげ)を祈念する。
懺悔の概念をより多くの人に知ってもらいたいと始めると、いろいろなメディアで取り上げられるようになり、全国からの問い合わせが多くなったと言う事です。
同寺ホームページ内に「神楽坂圓福寺お守り受付所」を開設。
懺悔守りは1枚500円。ネットで購入した場合は、懺悔内容を記入後、同寺まで返送する。



DSC_0772-2.jpg
江戸三大祖師
厄除け開運のお祖師さまの御首題

posted by かめ忍者 at 23:36| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

毘沙門天 善國寺(神楽坂)

日蓮宗「鎮護山善國寺」
2016年11月13日参詣
東京都新宿区神楽坂5-36 鎮座

毘沙門天善國寺は神楽坂下と神楽坂上の間に位置し、神楽坂を神楽坂下から神楽坂上に歩けば左側に見えます。朱色の門、朱色の本堂ですから直ぐ分かります。

IMG_20161114_065650.jpg

神楽坂の街をめぐるスタンプラリー
が開催されていて混雑していました

毘沙門神楽坂.jpg
夏目漱石の『坊ちゃん』でも縁日のエピソードが出てきます。
「それから神楽坂の毘沙門の縁日で八寸許りの鯉を針で引っかけて、しめたと思ったらぽちゃりと落して仕舞ったが是は今考えても惜しいと云ったら、赤シャツは顎を前の方へ突き出してホホホ……と笑った」 

tora.jpg
善國寺虎石像 狛犬ならぬ狛虎が睨みをきかせています
善國寺毘沙門天は、またの名を多聞天ともいい、天の四方を守護する四天王の一つであり、北方または東北方を守護する軍神である。ゆえに人々の願いを多く聞き、ご利益を与えることを誓願とする天の神といわれている。善國寺の虎石像は、毘沙門天が寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に降臨したことに由来する。

DSC_0472.jpg
本堂
DSC_0471.jpg


善国寺(ぜんこくじ)は、安土桃山時代の文禄4年(1595年)、池上本門寺第12代貫主である日惺上人により創建された、日蓮宗の寺院です。
本尊の毘沙門天は江戸時代より「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集め、芝正伝寺・浅草正法寺とともに江戸三毘沙門と呼ばれました。
現在は新宿山ノ手七福神の一つに数えられています。

DSC_0772-1-ac28b.jpg
いただいた御朱印の中央の印には「長完功名」(長く功名を全うす)の文字
 
posted by かめ忍者 at 22:35| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

LINE スタンプ ユルイ像2

最近は携帯、スマホの連絡でも 何かとLINEを使っていますという事で
私が良く使っているLINEスタンプ
「ユルイ像」
を紹介しました。

その「ユルイ像 2」がリリースされたので、また紹介します^^
https://store.line.me/stickershop/product/1369051/ja

image1.PNG

image7.PNG


posted by かめ忍者 at 23:01| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする