2017年09月19日

進雄神社(群馬県高崎市)

進雄神社(すさのおじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市柴崎町801 鎮座

DSC_2607.jpg
社号標

DSC_2605.jpg
一の鳥居は朱の大鳥居

DSC_2606.jpg
二の鳥居

DSC_2608.jpg
手水舎

DSC_2609.jpg
神橋

DSC_2611.jpg
社殿前、青銅の狛犬(吽形)

DSC_2612.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2610.jpg
拝殿

DSC_2613.jpg
扁額
明治天皇の外祖父中山忠能公が染筆したものだそうです 

DSC_2615.jpg
本殿

須佐男・須佐之男・素盞雄
進雄でもスサノオとはちょっと読めなかった
祀ってある主祭神は、祇園祭で有名な京都八坂神社と同じ「須佐之男命(すさのおのみこと)」で、その他に稲田姫命様ほか二十四神が合祀されています

由緒書きより
進雄神社は、貞観十一年(869年)諸国に疫病蔓延の時に、清和天皇の勅掟により尾州津島神社を勧請して当地に創祀され以来千百数十年にわたり、皆様の健康と厄除を御護りし、広く崇敬されてまいりました。
天喜五年(1059年)源頼義公奥州征討の時に当神社を深く崇拝せられ武運長久を祈誓され、凱旋にあたり社殿を修造し神領を寄進されました。

戦国時代の武田、上杉、北条等の武将達の書状が今に伝えられ、戦勝祈祷文書や社家の安堵状等篤く崇拝された様子がしのばれます。
高崎藩主、箕輪城主より神領が寄進され奉幣の儀が度々行われ、寛永十一年に徳川家光公より御朱印三十石が寄進され、以来幕末まで続いておりました。

明治初年に神仏分離により、それまでの「天王宮」から雄大に進むを祈誓して大神様を社号とする「進雄神社」と改称され平成の御代に総檜、権現造の御社殿を新築造営すると共に神域を整厳しました。」



DSC_2616.jpg
御朱印は境内左手にある授与所で拝受
初穂料は300円

DSC_2956-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 19:02| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

東京 桜新町のおはぎ専門店 「タケノとおはぎ」

DSC_2962.jpg
東京 桜新町 タケノとおはぎ
息子、次男坊が出掛けて購入しました

元々で人気店なのですが ドラマ「さぼリーマン甘太郎」の放送からさらに火がつき行列の超人気店・・・

1505687223546.jpg
つぶあん、こしあん、さくら、栗とラム酒、ナッツ、麻の実、ココナッツ

ユニークな食材の組み合わせが楽しい

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」


桜新町から用賀方面に向かって徒歩5分。ガラス張りの落ち着いた雰囲気の建物が、おはぎの専門店「タケノとおはぎ」です。

店名の「タケノ」は、店主・小川寛貴さんのおばあちゃんの名前。タケノおばあちゃん直伝のこしあんと粒あんのほか、季節によって変わるおはぎを販売しています。


タケノとおはぎ
東京都 世田谷区桜新町1-21-11 MAP
03-6413-1227
12:00〜18:00(売切次第、終了)
定休日 月、火曜
HP:https://www.facebook.com/1665389700383515/


posted by かめ忍者 at 22:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

倉賀野神社(群馬県高崎市)

倉賀野(くらがの)神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市倉賀野町1263 鎮座

倉賀野町に鎮座、BOØWY氷室京介の地元ですね。参拝によく行かれていたとか
「彼の家は、高崎から1つ目の駅倉賀野にあった。噂話好きの優しい人たちと、静かな風景。そして大きな川と空っ風にふかれる豊かな四季のある街だった。」(大きなビートの木の下でより)
DSC_2602.jpg
社号標

DSC_2601.jpg
鳥居

DSC_2590.jpg
手水舎

DSC_2593.jpg
狛犬

DSC_2592.jpg

DSC_2591.jpg
拝殿

DSC_2600.jpg
拝殿を斜めより撮影

DSC_2603.jpg
拝殿を見上げて見える彫刻は「飯玉縁起」の伝説を物語っています

DSC_2594.jpg
扁額

DSC_2598.jpg
本殿
御祭神
大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)

第十代崇神(すじん)天皇48年、または大同2年(807年)に創始と伝えられ、倉賀野宿と近隣の七ヶ郷の総鎮守です。
旧社名は飯玉宮(いいだまぐう)、大国玉神社と呼ばれる時代を経て、明治43年(1910年)の神社合併により倉賀野神社となりました。



DSC_2597.jpg
説明版
歴史・沿革
第十代崇神天皇の御代、国中に疫病が広まり、帝は倭大国魂神に祈願して災厄を鎮めた。
やがて皇子の豊城入彦命は東国の平定を命ぜられる。そして、出立のとき帝から御愛石を授けられた。
社伝によると、豊城入彦命はこの御愛石を御魂代として祭祀された。この石は倭大国魂神の御分霊と伝わり「ご神体のクニタマさま」として今も御本殿に奉安される。
大同二年(807)坂上田村麻呂公が造営舞楽を奏上。
建長五年(1253)倉賀野三郎高俊(武州児玉党の余流で倉賀野氏の始祖)が社殿を造営。
以後、社殿の建替え、修復が繰り返されてきた。



DSC_2589.jpg
参道、社務所の間に神饌田

DSC_2588.jpg
境内の左脇参道にある鳥居

DSC_2595.jpg
御朱印は社務所にて頂きました
不在だったのでインターホンを鳴らしたら奥から出て来て書いて下さいました。


DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 14:35| 栃木 ☔| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング