2017年04月25日

伊勢原大神宮(神奈川県)

2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市伊勢原3丁目8−1 鎮座

DSC_1229.jpg
社号標

DSC_1231.jpg
鳥居

DSC_1227.jpg
阿の狛犬

DSC_1228.jpg
吽の狛犬

DSC_1232 (2).jpg
狛犬の説明板

DSC_1234.jpg
神社の説明板
大山詣りに来た伊勢の人がこの地に住み開墾を始め、努力の甲斐あってだんだん栄えてきたそうです。
そこでこの地の守り神として故郷の伊勢神宮の神様を勧請したとのこと。
以来、伊勢の神様が鎮座するこの地を”伊勢原”と呼ぶようになったそうです。

伊勢原の伊勢は伊勢神宮の伊勢だったんですね


DSC_1226.jpg
手水舎

DSC_1237.jpg
外宮、内宮と2つの拝殿

DSC_1219.jpg
外宮拝殿
ご祭神 豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
参拝方法ですが、伊勢神宮と同じで、まずは外宮からお参りし続いて内宮。

DSC_1217.jpg
内宮拝殿
ご祭神 天照皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)

DSC_1221.jpg
外宮側から両拝殿を撮影
内宮から外宮は繋がってます。

DSC_1223.jpg
外宮、本殿


神社の創建は、江戸時代初期の元和年間(1615〜1624)のことであると伝えられております。
元和六年(1620)伊勢の国の人・山田曾右衛門と鎌倉の人・湯浅清左衛門は、大山参詣の途中、千手原という松原に一夜の宿を求めたところ、水音を聞いて開墾可能であることを悟り、当時このあたりを支配していた中原代官成瀬五左衛門の許可を得て、開墾に着手したのです。そこにだんだんと粕屋あたりより人が集まり現在の伊勢原市街の基礎が形成されました。曾右衛門は、この新しい開拓地の鎮守として、故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、奉祭することにいたしました。
こうして創建された当神社の御祭神に由来して当地は伊勢原と呼ばれるようになりました。

伊勢の神宮では、天照皇大御神が内宮に、豊受姫大神が外宮に、それぞれ奉祭されています。当神社もこれにならい両宮が別々に奉祭されています。全国でも珍しい社殿構造は、江戸時代に編纂された「新編相模風土記稿」にもみられ、創建以来の伝統として現在も受け継がれております。



DSC_1218.jpg
この大神宮のシンボルマークは丸と四角・赤と白・人と自然をイメージしてデザイン化された“紅白のたまご”で内宮と外宮を表現しているそうです

DSC_1224.jpg
授与所

DSC_1465-2.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 11:03| 栃木 ☁| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

高部屋神社(神奈川県伊勢原市)

高部屋神社(たかべやじんじゃ)
2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市下糟屋2202 鎮座

DSC_1211 (2).jpg
社号標

DSC_1212.jpg

DSC_1210.jpg
鳥居

DSC_1209.jpg
手水舎

DSC_1215.jpg
銅鐘
1386年(至徳3年)12月に河内守国宗が鋳造し、平秀憲によって奉納されたもの(神奈川県の重要文化財)

DSC_1214.jpg
狛犬

DSC_1213.jpg

DSC_1208.jpg
拝殿

DSC_1216.jpg
拝殿は入母屋造(いりもやづくり)の茅葺(かやぶき)で、手前に銅板葺(どうばんぶき)の向拝(ごはい)(正面の庇(ひさし)部分)を設け、背面には幣殿を連結
貴重な茅葺屋根の社殿です。

DSC_1207.jpg
本殿
御祭神
神倭伊波礼彦命(かんやまといわれひこのみこと)
誉田別命(ほむだわけのみこと)
三筒男命(みつつおのみこと)
大鷦鶺命(おほさざきのみこと)
息気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
磐之姫命(いわのひめのみこと)
時代とともに主祭神が移り変わってきたと思われます。
創建から平安時代までは三筒男命(住吉三神)を主祭神とし、鎌倉時代から幕末までは誉田別命を主祭神とし、明治以降は神倭伊波礼彦命を主祭神としてお祀りしていることが記録より伺えます。

DSC_1206.jpg
創建年代は不詳であるが、延喜式神名帳に相模13座の内の1社と記載されている古社であり、古くは相州大住郡糟谷庄127ヶ村の惣鎮守として崇敬された。
平安時代までは現在の飛び地境内である伊勢原市高部屋地区の澁田山に鎮座していたと考えられ、糟谷住吉の大神「大住大明神」として崇敬された。

DSC_1464-1.jpg
御朱印
伊勢原大神宮にて頂きました


posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「平成の大修理」を記念 陽明門ビール限定販売(一番搾り)

日光東照宮(日光市)の国宝・陽明門が「平成の大修理」を経て修復されたことを記念し、キリンビール栃木支社は、陽明門などをラベルにあしらった「一番搾り生ビール」を3月14日から栃木県内数量限定で発売中!

DSC_1436.jpg

DSC_1437.jpg
表、裏でデザインが違います

先月改修を終えた日光東照宮のシンボル、陽明門。
ピッカピカに新しく、霊獣や故事にちなんだ無数の彫刻が門全体を飾り、もう眩いほどに煌びやかで絢爛豪華

DSC_1438.jpg

過去、日光東照宮 400年式年大祭や、御鎮座400年の限定一番搾りを逃していたので
今回は東照宮を訪れ帰宅時に この日光東照宮陽明門竣工記念 キリン一番搾り限定ビールが飲みたくなり買ってしまいました。

季節外れですが大好きなサンマをつまみに飲みました!


itibansibori.jpg


posted by かめ忍者 at 19:14| 栃木 ☁| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

名探偵コナンの御朱印帳【映画「から紅の恋歌(ラブレター)」公開記念】

名探偵コナンの御朱印帳が4月15日から東急ハンズで先行販売しているとのことです。(5月中旬から 発売予定)
映画「から紅の恋歌(ラブレター)」公開記念で、コナン君とキッドの2種類
値段は2,160円(税込み)です。

konan.jpg
コナン君バージョン

kid.jpg
キッド バージョン

サイズ:182×121mm
表紙:コート紙PP張り
中紙:和紙(奉書紙)無地24折り

販売先
2017年05月中旬から 発売予定
カフェレオパートナーショップ または全国のアニメグッズ・ホビー取扱ショップや、量販店および主要オンラインショップなどで購入できるそうです


posted by かめ忍者 at 17:40| 栃木 ☁| Comment(0) | 御朱印帳・冊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

タモリも食べた、日光 宮前だんご

日光街道沿いにある宮前だんご 🍡🍡🍡
享保8年創業という老舗の団子屋

DSC_1408.jpg

DSC_1409.jpg
ブラタモリで日光を紹介していた際、タモリさんが団子を食べた紹介の写真がありました

DSC_1410.jpg
注文したのは
宮前だんご(1皿5本 550円)

団子のタレはどうしますか?と聞かれ、秘伝のタレ 3本、醤油味 2本で注文
ここの団子は注文してから焼くそうです。

秘伝のタレの団子
食べてみると、素朴な味
団子はもち米を使用せずに米と米粉で出来ているとの事
秘伝のタレは、味噌と黒砂糖という組み合わせで、甘塩っぱく焼きの香ばしさを感じます。

醤油味の団子は柔らかく、普通の感じ 「This is 団子」
モチモチで柔らかく、濃い醤油の焼けた香ばしさが口の中に広がり美味しいです。

DSC_1411.jpg
ひと串に4粒ありますが、これは仏教用語の四締の理に因んだもので、不老不死の縁起物として、その昔はご利益のある団子として親しまれていたようです。。_〆(・ω・o)




日光 宮前だんご
住所:日光市下鉢石町956
電話:0288-53-3344
営業時間:11:00 〜 17:00
定休日:木曜日(季節や気候により休業の場合あり)
駐車場:郷土資料センターに完備

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | お土産・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする