2016年04月30日

にぎり福(鎌倉 本覚寺)

おめでたい笑顔の裏には、「愛」「健」「財」「学」「福」の文字が書かれています。
これを買って毎日握れば、愛も健康も財産もしっかり握り込めるという「にぎり福」(一体¥500)。鎌倉駅そばの本覚寺に伝わる正月の縁起物です。一体づつ手書きで作られるお守りです。ずらり並べて売られているので、好きな文字、気に入った顔を選んで買うのがまた楽しい。
本覚寺には七福神の商売繁盛の神「えびす様」を祀る夷堂があり、正月1〜3日の初えびす、1月10日の本えびすは「鎌倉えびす」と親しまれてます。初えびすでは福娘がお神酒や甘酒を振る舞ってくれ、「にぎり福」のほか、福笹、えびすまんじゅう、えびす大福など縁起物でいっぱいです。
1387686974-1.jpg

DSC_0188.jpg

DSC_0189.jpg

posted by かめ忍者 at 15:38| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本覚寺(神奈川県鎌倉市)

妙厳山 本覚寺
2015年9月5日奉拝
神奈川県鎌倉市小町1-12-12 鎮座

本覚寺は、日蓮宗の寺院、日出上人を開山として永亨八年(1436)に創建されました。
現在の本覚寺のあった場所には、日蓮が滞在していた夷堂(えびすどう)があったと伝えられています。
足利持氏が鎌倉の夷堂があった場所に寺を建てて日出上人に寄進した寺院です。

honkakuji.jpg
本堂

hongakuji_ebisu.jpg
夷堂
源頼朝が鎌倉幕府の開幕の際に、幕府の裏鬼門(南西)にあたる方向の鎮守として建てたとされ、天台宗系のものであった。文永11年(1274年)に佐渡配流から帰った日蓮が一時、夷堂に滞在して辻説法などの拠点としていた

本尊は釈迦三尊像
ですが、今回は創建に深くかかわりがある夷様の御朱印を頂きました
DSC_0145-1.jpg

posted by かめ忍者 at 08:28| 栃木 ☀| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

浄妙寺(神奈川県鎌倉市)

稲荷山(とうかさん)浄妙広利禅寺
2015年9月5日奉拝
神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31 鎮座

鎌倉五山の第五位
鎌倉三十三観音第9番

開基は足利義兼(よしかね)、開基は退耕行勇(たいこう・ぎょうゆう)で、初め極楽寺と称し当初は密教系の寺院でした。その後建長寺開山の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の弟子月峯了然(げっぽうりょうねん)が住職になってから禅刹に改め、寺名も浄妙寺と称しました。
足利義満が五山の制を定めた頃は七堂伽藍が完備し、塔頭二十三院を数えたが、火災などのため漸次衰退して現在に至る。

お寺の名前は「浄妙寺」ですが、この辺りの地名やバス停名は「浄明寺」と異なる漢字を当てています。これは、格式の高いお寺へ遠慮してのことらしいです

jyoumyouji3.jpg

jou.jpg

isi2.jpg

石窯ガーデンテラスは、浄妙寺境内に建つ90年近い歴史を刻んだ洋館を改装したレストランとして、2000年5月にオープン。この洋館は、戦前、貴族院議員邸として使われていたもの。

この場所には、鎌倉時代、足利尊氏の弟・直義(ただよし)邸がありました。非業の死を遂げた直義の供養のため、人の集まる温かで、にぎやかな場所にしたかったのが、レストランを始めたそもそもの目的とのこと。

御朱印 鎌倉五山
DSC_0144-1.jpg

posted by かめ忍者 at 20:07| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

坂東三十三観音一番札所 杉本寺(神奈川県鎌倉市)

大蔵山 杉本寺
2015年9月5日奉拝
神奈川県鎌倉市二階堂903 鎮座

本尊は十一面観音
坂東三十三箇所 第1番札所
鎌倉三十三箇所 第1番札所
鎌倉地蔵巡礼 第4番、第6番札所(身代地蔵 尼将軍地蔵)

杉本寺(天台宗)は、鎌倉最古の寺。初の大僧正となった行基の開山。

東国の旅をしていた行基は、731年(天平3年)、大蔵山からみて「この地に観音さまを置こう」と決め、自ら彫刻した観音像を安置した。

その後の734年(天平6年)、光明皇后が夢の中で受けた「財宝を寄付し、東国の治安を正し、人々を救いなさい」というお告げにより、本堂を建立したと伝えられている。

sugi2.jpg

sugi.jpg

DSC_0142-1.jpg

posted by かめ忍者 at 19:28| 栃木 ☔| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獅子頭守

獅子頭守
カタカタ鳴らして邪気を払う。鎌倉宮にて購入出来ます。

b5fc2a79be708d0d143768792aa1e466.jpg

DSC_0153-1-19f25.jpg

DSC_0152-1.jpg

DSC_0151-1.jpg


板材で巧みに作られた獅子頭のお守りで「板獅子」とも呼ばれている。獅子は真っ赤に塗られ、力強い面構えもいい。サイズは大小あます。
古くから「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われ、今では「厄除け・幸運招来・交通安全・身代り」などの願いを叶えるお守として授与されています。

御祭神の護良親王が戦いに赴かれる際、「兜の中に獅子頭のお守りをしのばせて、自らを守っていただいた」との言い伝えがあり、鎌倉宮のご創建当初から授与されるようになりました。
山形庄内地方に古くから良く似た形の獅子頭があり、おそらくそれを原型として作られたもの。

手に持って上下に振ると、口が開いてカタカタ鳴り、この音が邪気を追い払うといいます。
子供が持って遊んでも自然と魔除けの効果があるわけで、玩具とお守りの2つの要素を兼ね備えた逸品ですね。
posted by かめ忍者 at 08:04| 栃木 ☔| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング