2016年06月30日

烏森神社(新橋)

2016年1月24日参詣
東京都港区新橋2−15−5 鎮座

dac258b9a61668717dadf095ae76d49b-1024x576.jpg

11641999544_e9345f4a05.jpg

ニュー新橋ビル裏手の賑やかな飲食店街内にある神社です。
烏森神社の創建年代は不詳ですが、平安時代の天慶三年(940)に、東国で平将門が乱を起こした。時の将軍 藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が武州のある稲荷に戦勝を祈願した際、白狐が現れ白羽の矢を与えた。
※秀郷は宇都宮大明神(現・宇都宮二荒山神社)で授かった霊剣を以って将門を討ったとも云われています
その矢を持ち、東夷を鎮め得た秀郷がお礼として、霊地の現所に勧請し社頭を造営したといわれる。
享徳4年(1455年)室町幕府の関東管領、古河公方といわれた足利成氏が戦勝祈願した祈願状は現存しているといいます。

DSC_0300-1-87ca0.jpg


posted by かめ忍者 at 20:47| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

日比谷神社(東京)

2016年1月24日参詣
東京都港区新橋4-13-9 鎮座

o0600040013508483197.jpg

NEC_1241.JPG


hibiya-jinja2016011703.jpg

現在の日比谷公園の大塚山というところにもともと鎮座し「日比谷稲荷明神」「旅泊(サバ)稲荷明神」と称されていた。
創建年代は不詳なれど慶長年間には江戸城日比谷御門造営のために東新橋の地に遷座し、明治以降は鉄道線建築のために遷座している。
大正12年の関東大震災の影響で昭和3年に新橋4丁目に遷座。

もともとは「日比谷」の地に鎮座していたために、現在は「新橋」に鎮座しているが、当社は「日比谷神社」と呼称している。
このあたりまで東京湾がせまっていたころはサバ・イワシ・サンマなどが良く獲れ、特に当社は「鯖稲荷明神」として崇敬されてきた。
昔から「虫歯封じ」に霊験があるとされ、虫歯に苦しむ人はサバを断って祈願すると霊験があるとされ、虫歯の痛みがなおったのちにサバを奉納するのが習わしであったという。

平成21年に都市道路計画(環状2号線)の建設により新社殿を現在地の東新橋2丁目に遷座している。
DSC_0299-1-882a8.jpg


posted by かめ忍者 at 20:19| 栃木 ☔| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

芝東照宮(東京)

2016年1月24日参詣
東京都港区芝公園4丁目8−10 鎮座

NEC_1239.JPG


東照宮のHPの御由緒に詳しく書かれています。
増上寺境内の家康公を祀る廟は、一般に安国殿と称された。これは家康公の法名「一品大相国安国院殿徳蓮社崇誉道大居士」によるものである。
安国殿の御神体は慶長6年(1601)正月、60歳を迎えられた家康公が自ら命じて彫刻された等身大の寿像で、公は生前、駿府城において自らこの像の祭儀をを行っていた。
死に臨んで公は、折から駿府城に見舞いに参上した増上寺の僧侶に、「像を増上寺に鎮座させ、永世国家を守護なさん」と仰せになり、この像を同寺に祀るよう遺言していたもので、安国殿の創建の時に造営奉行であった土井大炊助利勝(後の大老・土井大炊助利勝)の手により駿府から護り送られたのである。

安国殿は明治初期の神仏分離のため、増上寺から分かれて東照宮を称し、御神像を本殿に安置・奉斎した。
明治6年には郷社に列し、社殿は寛永18年(1633)の造替当時のものが維持されていたが、昭和20年5月25日の戦災により、御神像の寿像と天然記念物の公孫樹を除いて社殿悉く焼失した。
昭和38年には寿像が東京都重要文化財に指定され、昭和44年8月17日、復興奉賛会により社殿の完成を見て今日に至っている。

DSC_0299-1-df8b8.jpg


posted by かめ忍者 at 20:51| 栃木 🌁| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

増上寺(港区芝公園)

三縁山 広度院 増上寺
2016年1月24日参詣
東京都港区芝公園四丁目7番35号 鎮座

E5A297E4B88AE5AFBAE381A8E69DB1E4BAACE382BFE383AFE383BC-4f413.jpg

増上寺は浄土宗の七大本山の一つ。
明徳四年(1393年)、酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)上人によって江戸貝塚の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建されたのが始まりと言われています。
江戸時代には、徳川家康の帰依を受けて徳川家の菩提寺として発展を遂げました。忠臣蔵のきっかけとなった殿中刃傷の引き金になったのは実は増上寺の参詣に関するトラブルからという様に、様々な物語や歴史の舞台にもなっています。
長く徳川家の庇護を受けてきた歴史を持ち、境内には二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂の、六人の将軍の墓所がもうけられています。江戸幕府の歴史の長さと、その重みを知ることが出来ます。

zojyoji02-L.jpg
三縁山増上寺参門眺望之図(さんえんざんぞうじょうじ さんもんちょうぼうのず)

増上寺は東京の守り神とも言われています。それはなぜかというと、増上寺は戦災で大きなダメージを受けたにも関わらず、江戸時代から続く立派な建造物がしっかりと残っているからです。
(徳川家の将軍やその一族の御廟は焼失した。焼失をのがれた三門・経蔵・御成門などを含む境内は、昭和四十九年(1974)完成の大本堂とともに、近代的に整備された)

徳川家の菩提寺だけありますね。本堂にある「阿弥陀様」は家康公が、尊崇して、その加護によって災難を除け、戦勝を得たという仏様と言われています。

DSC_0300-1-68e60.jpg


勝運を招く黒本尊(くろほんぞん)も祀られていますので、スポーツの試合といった勝負どころに祈願しに参拝するのも良いです。

DSC_0299-1-cee75.jpg


posted by かめ忍者 at 20:52| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

飯倉熊野神社(東京都港区)

2016年1月24日参詣
東京都港区麻布台2-2-14 鎮座

NEC_1235.JPG


NEC_1236.JPG

東京タワーを見上げるように飯倉の通りに面して鳥居がたっている。鳥居をくぐり階段を上がると、右側には木々に囲まれて手水が流れ、更に階段を上がって正面に本殿があります。

古来、祝融の災に遭うことたびたびに及び、古記録・宝物が失われているため、由緒沿革等詳細は不明であるが
創建は養老年間(717-724)とも、応永年間(1394-1428)に阿闇梨慶祚が紀州の熊野三山を勧請したとも伝えられる。武家の崇敬が厚く、文明年間(1469-1487)には太田道灌によって再建された。江戸期には別当を正宮寺といって寛永寺の末であった。
江戸時代までは熊野権現、熊野宮と称したが、明治維新後に社号を熊野神社と改称した。

kumanogongen-1.jpg 
  👆 江戸名所図会 飯倉 熊野権現社

nozoki0122-3.jpg
熊野神社といえば、八咫烏
日本神話では、神武天皇が大和征服に向かった際(神武東征)に大和までの道案内をしたカラス

DSC_0302-1.jpg
飯倉熊野神社の御朱印、八咫烏の親子の印が印象的です。
posted by かめ忍者 at 10:29| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング