2016年11月30日

大井神社 (水戸市飯富町)

2016年8月19日参詣
茨城県水戸市飯富町3475 鎮座

社伝によると、第10代崇神天皇の御世に、皇子・豊城入彦命の命を奉じて建借馬命が当地に至った。そして長者山に館を構え、北東の当地に神社を建てて天照大神を祀ったのが創祀という。
その後奈良時代には、那賀郡(那珂郡)の郡領・宇治部氏が「建借馬命」(たけかしまのみこと)を奉斎したという。
水戸市愛宕の愛宕神社
が墳上にある愛宕山古墳は「建借間命」の墓であると考えられています。

平安時代中期の『延喜式神名帳』では「常陸国那賀郡 大井神社」と記載され、式内社に列している。

1471593223024.jpg
境内案内図

1471593220166.jpg
鳥居

1471593212855.jpg
本殿へ続く階段の途中、弁天様が祀られていました

1471593215840.jpg
斜面の巨木の根に「女化(おなばけ)稲荷神社」

150318ooi14.jpg

1471593209020.jpg
急な斜面、階段を上りきったところに拝殿

150318ooi23.jpg
本殿

150318ooi40.jpg
「お袋様」
地味に怖いです・・・

150318ooi41.jpg
「八方神」
八角形に石祠を並べてあり、中央に白い鉱石が祀られていた。

その他に本殿裏の奥宮、万歩杉、伊勢金比羅参り碑、氏神舎藁宝殿などなど
境内は結構広く、高低差もありました。


この大井神社と地名の飯富町のいわれがよく言われており
建借馬の出であるとされる肥の国(九州)の意富臣(おふのおみ)から、この神社は意冨比(おほひ)神社と言った。
それが転じて意冨比(おほひ)→おおい→大井となり、地名も意冨→飫冨→飯富と変じたといわれています。


DSC_0519-1-52729.jpg
御朱印は鳥居脇の宮司宅にて頂きました


posted by かめ忍者 at 20:38| 栃木 ☁| Comment(0) | 茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

成田のうなぎ専門店 川豊本店

「成田山 新勝寺」がある成田参道は、うなぎ料理を提供する店が約60店舗並ぶ関東有数のうなぎの町で、比較的リーズナブルに老舗の味が楽しめちゃいます。

LINE_P20161128_222328865-1.jpg

新勝寺参拝時には「川豊」でランチを食べたいと思っていました。
川豊 本店
営業時間:10:00〜17:00(L.O) 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休み)
千葉県成田市仲町386
JR成田駅、京成成田駅から徒歩11分
0476-22-2711

整理券はお店の左側に2台有り、整理券が無いと入れません。でもHPで何番迄OKとか見れるので、近くで散策していられます。

shop_img1-l.jpg

LINE_P20161128_222328874.jpg
入り口ではうなぎをどんどん裂いて、どんどん焼いています。

LINE_P20161128_222328876.jpg

LINE_P20161128_222328870.jpg
鰻は肉厚で表面が適度な焦げ目、若干甘さ抑え目のさっぱり味の秘伝のタレで、フワッと柔らかく香ばしい味が特徴。

LINE_P20161128_222215546.jpg

利根川はうなぎの産地で、その利根川と同じくうなぎの産地である印旗沼にはさまれる位置に成田山があります。そのため、成田では一年を通してうなぎが獲れる環境にありました。江戸時代になると、江戸から3〜4日で行ける手軽な行楽地として栄え、旅の疲れを癒してもらおうと、精の付くうなぎ料理を出す旅館や料理店が増えていったのだそうです。

posted by かめ忍者 at 05:00| 栃木 ☁| Comment(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

子ノ権現 天龍寺(飯能)

大鱗山 雲洞院 天龍寺(通称・子ノ権現)ねのごんげん
2016年11月26日参詣
埼玉県飯能市南461 鎮座

武蔵野三十三観音 第三十二札所
関東百八地蔵尊 第十番札所

足腰に不安がある方は、お車での参拝をお勧めします。西武池袋線の飯能駅、または、西武秩父線の東飯能駅から、タクシーで約40分です。足腰が丈夫な方は、西武秩父線の吾野駅か西吾野駅から、ハイキング道を徒歩で約90分です。

DSC_0544.jpg
茶店の並ぶ参道の奥に、赤い鳥居が立つ。

DSC_0545.jpg
鳥居を抜けると黒門が見えてきます

IMG_20161127_213921.jpg
黒門
子ノ聖は、出羽三山を始め、諸国で修行し、当地に至った。
山に入るときに、悪鬼に邪魔をされ、火を放たれたが、十一面観音が天龍の姿となって現れて雨を降らし、火を消した。
このことにより、子の山山頂に至った子ノ聖は、十一面観音を祀って、寺の名を天の龍の寺、「天龍寺」としたそうです。

IMG_20161126_161811.jpg
露座の仁王像は稀有な存在

DSC_0551.jpg
本堂

DSC_0553.jpg
角大師や豆大師の護符で親しまれる「厄除元三大師」・十一面観音・不動明王様等が合祀

DSC_0555.jpg
本尊様へ履物を奉納し、各自の願をかける慣しがあります

DSC_0554.jpg

DSC_0552.jpg
重さ2tの鉄のワラジ
子ノ聖が、「我、魔火のために腰より下に傷を負い悩めることあり、よって、腰より下に病ある者、誠の心で我を念ずれば、必ず霊験を授けん。」と言い遺していることから、足腰に験あらたかであるとされ、願いを立てるにあたっては、本堂に履物を供えるのが倣いとなった。そのシンボルとも言うべき存在が、この鉄の草鞋です。

IMG_20161127_214010.jpg
本坊
茅と杉皮で葺かれた屋根は圧巻。
大黒柱は楓の大木が使われているらしいです。
DSC_0550.jpg


天長9年(832)の子の年、子の月、子の日、子の時刻に生まれ7歳で仏門に帰依した子ノ聖が、延喜11年(911)に創建した。
その後、弟子の恵聖上人が子ノ聖を大権現と崇め、子ノ聖大権現社を建立されました。


DSC_0572-1-5f634.jpg
御朱印は、本坊にある授与所にて頂きました


posted by かめ忍者 at 05:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍埼玉の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

神仏習合の遺構 竹寺(飯能)

医王山薬寿院八王寺(通称・竹寺)
奥武蔵俳句寺とも
2016年11月26日参詣
埼玉県飯能市南704 鎮座

武蔵野三十三観音霊場の33番札所

車一台が通り抜けるのがやっとの狭い道が、くねくねとカーブを描きながら、急斜面を登って行く。対向車が来たらどうなるだろうか? 超集中しながら竹寺に無事に到着

お寺の略縁起によれば、天安元年(857)、「最澄」の弟子、慈覚大師「円仁」が東国巡修のおりに、疫病の流行を憐れみ、当山を道場として大護摩の秘法を修し、仏像を彫り残した。以後、山岳信仰の道場として歴史を刻んでいる。(従って天台宗になります)


DSC_0520.jpg
寺院ではあるが、いきなり鳥居が現れる。標柱には「牛頭天王 参道」の文字が刻まれていました。
この竹寺は、神仏習合のお寺として知られています。
明治維新の際には、標高490メートルという奥武蔵の深山にあったことと、修験道が盛んで神仏習合に寛容だった土地柄であったこともあり、神仏分離を免れたのだと云います。

ここは”奥武蔵俳句寺”としても知られ、境内には俳人の句碑が多くのこされています。また境内には樹齢400年「太田道灌」が植えたといわれる高野槙(コウヤマキ)も茂っています。また竹寺といわれるだけあって周辺には竹が多く茂っています。

DSC_0522.jpg
トーテムポール

DSC_0523.jpg
牛頭明王の像。平成4年に中国の人達から寄贈されたもの
銘板には天王ではなく”明王”とされているのは仏教の関係ですね。

DSC_0526.jpg
観音堂
聖観世音が祀られており、武蔵野観音の三十三番結願寺

DSC_0521.jpg
弁天堂

IMG_20161127_092625.jpg
本地堂(瑠璃殿)

DSC_0528.jpg
竹の鳥居

DSC_0535.jpg
鳥居に茅の輪を潜って牛頭天王宮へ向かう
まさに神社の装い

IMG_20161127_083330.jpg
牛頭天王本殿

DSC_0539.jpg

DSC_0529.jpg
本坊
予約すれば精進料理が味わえる。(予約はこちら→042-977-0108)
自然の恵みである薬草を素材とした薬膳ですが、春(3月〜6月)と秋(9月〜12月)、住職の法話をお聞きしながら楽しめるものです。
またぶらりと訪れた場合でも「蕎麦膳」を楽しむ事ができます。

DSC_0530.jpg

DSC_0531.jpg
授与品の数々
この場所にて庶民将来の御守りと御朱印を賜りました。

DSC_0574-1.jpg
武蔵野三十三観音霊場の33番札所の御朱印


DSC_0572-1.jpg
御朱印にも神仏習合の文字


posted by かめ忍者 at 09:21| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍埼玉の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

ご利益さんぽin 神仏分離から逃れた寺ハイキング(飯能市)

2日前に関東甲信で初雪
都心の11月の初雪は1962年以来54年ぶりで、平年より40日早い。
(統計史上、最も早い初雪は1900年11月17日)
都心では11月の積雪は1875年の統計開始以来初めてという事態

シャレンジングではありますが秩父連峰の東端、竹寺と子の権現を歩くコースを行き「蘇民将来」のお守りと御朱印を頂きにご利益散歩・・・じゃなくご利益ハイキングに出掛けてしまいました。

その背景には、蘇民将来のお守りが常時授与されているのかどうか竹寺へ電話して、話が弾んで道の雪の状態は大丈夫ですと住職さん。じゃあ行きますと言ってしまった手前の行動でした^^;

埼玉県人にはよく知られたハイキングコース(以前、埼玉県人だった事もある私)
関東ふれあいの道
〜奥武蔵の刹那を訪ねる道〜として整備された一般向きのコースの約9.5キロがメジャーコースらしいです。
西武池袋線の吾野駅から法光寺・子ノ権現・竹寺などの古刹を訪ね、名栗小殿バス停に至るまで(※バス亭から飯能駅まで約45分)
DSC_0543.jpg

目指すは竹寺へGO

私は竹寺まで自家用車で行き
竹寺 ⇄ 豆口峠 ⇄ 子ノ権現(往復約5.8キロ)という行動計画
電車・バス利用でも来ている方々を見かけましたし、竹寺の先輩奥様にもバスで来たんですか?と問われました。


段々近づくにつれ道が狭くなり峠道に・・・そして・・・雪が結構残ってる
DSC_0517-2782b.jpg

DSC_0518.jpg
なんとこの看板を過ぎてまもなく・・・10頭以上の鹿の群れに遭遇しました。

062.jpg
※こんな感じ^^ 鹿の群れ写真はイメージです

細い道になり、まったくすれ違う車がなかったのが幸いでした。
この場所に車で沢山の参拝客が訪れたら大変な事態になること必至です。

DSC_0519.jpg

何事もなく無地に到着しました

DSC_0532.jpg

蘇民将来のお守りも授かってまいりました。

蘇民将来については、
「牛頭天王」
の記事や
「守谷 八坂神社」
の記事にもちょろちょろ記しておりまして、そのうち備忘録として まとめて記しておきたいと考えてます。

御朱印は、また後日

しかし初積雪の2日後、山奥のお寺に参拝者などいないだろうと思っていましたが、意外とたくさんの人がいるのには驚きました。

DSC_0533.jpg

紅葉が綺麗で 落ち葉の絨毯がすこぶる綺麗でした。

DSC_0534.jpg

DSC_0556.jpg

DSC_0557.jpg
子ノ権現、仁王像の後ろ姿

子ノ権現 は、正式名称「大燐山天龍寺」で、天台宗のお寺です。
御本尊は、子ノ聖大権現で、武蔵野三十三観音霊場の第三十二番札所となっています。
なので、霊場巡りをするときは、こちらから竹寺に向かって歩くのが正解です。
参拝後、本坊にて御朱印をいただきました(こちらも御朱印は後日)


神仏習合が色濃く残る興味深い、ご利益ハイキングでした。


※今回訪れた竹寺(八王寺)名誉住職の亮雄大和尚さま、今年で御年99歳であられましたが平成28年4月26日遷化されました。ご冥福を祈ります。

posted by かめ忍者 at 16:38| 栃木 ☁| Comment(2) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング