2016年12月31日

神楽坂 赤城神社(新宿区)

2016年11月13日参詣
東京都新宿区赤城元町1-10 鎮座

DSC_0481.jpg
鳥居
DSC_0482.jpg

DSC_0483.jpg
参道

DSC_0484.jpg
七五三で賑わう中、拝殿が見える

kaguraakagi.jpg
建築家・隈研吾さんの監修により、2010年に大幅にリニューアルされ、ガラス張りのモダンな社殿に生まれ変わりました。
隈研吾さんは2020年東京五輪の主会場となる新国立競技場、東京駅丸の内のJPタワー(KITTE)や、歌舞伎座と歌舞伎座タワー(GINZA KABUKIZA)、六本木サントリー美術館等を手掛けた事で有名ですよね。



伝承によれば、正安2年(1300年)、後伏見天皇の創祀に際して、群馬県赤城山麓の大胡の豪族であった大胡彦太郎重治が牛込に移住した時に、本国の鎮守であった赤城神社の御分霊をお祀りしたのが始まりと伝えられています。

その後、牛込早稲田の田島村(今の早稲田鶴巻町 元赤城神社の所在地)に鎮座していたお社を寛正元年(1460年)に太田道潅が神威を尊んで、牛込台(今の牛込見付附近)に遷し、さらに弘治元年(1555年)に、大胡宮内少輔(牛込氏)が現在の場所に遷したといわれています。
この牛込氏は、大胡氏の後裔にあたります。

天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、日枝神社、神田明神と並ぶ江戸の三社と称され、この周辺は門前町として栄えました。
とくに岡場所(私営の遊郭のこと。江戸時代、公営の遊郭である吉原に対して私設の遊郭として岡場所が各地に作られた。)が有名だったという。

神楽坂ではこの界隈の岡場所で遊ぶことを「金銀山猫」と称していました。
これは何のことかというと、赤城神社の境内とその周りで遊ぶには金一分(25000円)、そして行元寺の周りで遊ぶのは銀七匁五分(12500円)だったそうです。「山猫」とは「山の手で寝る子」という意味だったらしいです。
これが高いのか安いのか分かりませんが、ただ言えるのが当時吉原で遊ぶ人にはお大尽といって、一晩十両(100万円以上)を使う人がざらにいたらしいです。
まあそれに比べれば岡場所で遊ぶのは安直だったと言えます。その後時代は明治へと移るにつれ、この遊興地は花柳界へと発展していきます。

江戸時代までは赤城大明神と称されていたが、明治に入り現社号に改称。

DSC_0659-1.jpg
授与所にて、初穂料300円

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

神楽坂若宮八幡神社(東京)

2016年11月13日参詣
東京都新宿区若宮町18 鎮座

江戸時代は神楽坂の中心は若宮神社だったとも言われています。若宮神社の「神楽」の音が坂に響き渡っていたことから、「神楽坂」と言われるようになったと言われています。

DSC_0465.jpg
鳥居と社号標

DSC_0469.jpg
狛犬

DSC_0466.jpg
拝殿

WAKAMIYA.jpg
拝殿、本殿

DSC_0468.jpg
社務所 兼 自宅

DSC_0470.jpg

鎌倉時代の文治5年(1189年)秋、右大将、源頼朝公が奥州の藤原泰衡を征伐に向った時、当所で戦勝祈願を行い、鎌倉の若宮八幡宮(鶴岡八幡宮の若宮社)を勧請したとされる。
当初は仁徳天皇(若宮)を祀っていたが、後に応神天皇が祀られるようになったという。
文明年間(1469〜87)太田道灌によって再興された。別当は光明山普門院であったが、明治の神仏分離に際し、落飾して神職となった。

HATIMANN.jpg
文明年間頃までは大社で、神領などがあり美麗だといわれていました。『江戸名所図会』では巨大な若宮八幡宮が見られます。

IMG_20161229_214622.jpg

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

弘法大師開山 茶ノ木稲荷神社(新宿区市ヶ谷)

茶ノ木稲荷神社(ちゃのきいなりじんじゃ)
2016年11月13日参詣
東京都新宿区市谷八幡町15 鎮座

社伝によれば、弘法大師が東国に下向した際に創建したとされる。

市谷亀岡八幡宮の摂社
一摂社というよりも小規模な神社の体を成して現存するのは、やはりその御神威故からででしょうか

DSC_0449-1.jpg
社号標

DSC_0453.jpg
狐さんと奉納された赤いちょうちんが華やかに並んでいた。.

DSC_0452.jpg

DSC_0450.jpg
拝殿

chanogi.jpg
本殿

元々は茶ノ木稲荷神社が古来よりあり、その敷地内に市谷亀岡八幡宮が移転してきたので、歴史としては茶ノ木神社の方が古くからこの場所にあると言うことになります。

眼病にご利益があるとして全国的にも有名です。
以下の伝説によるものです。
「昔から伝わるところにでは、昔この山に稲荷大神のお使いの白狐が居ましたが、ある時あやまって茶の木で目をつき、それ以来崇敬者は茶を忌み、正月の三ヶ日は茶を呑まない習俗がありました。
特に眼病の人は一七日、或は三七日二十一日の間茶をたって願えば霊験があらたかであったと言われており、その他様々な願いが成就したということです。」


幅広いご利益
茶ノ木稲荷神社縁起 市谷八幡神社の境内、石段左の方中段に御鎮座している茶木稲荷神社。

この山の地主の神でありまして古来この地を稲荷山【いなりやま】と呼んだのも、そのいわれによるものです。
御祭神は保食神【うけもちのかみ】、すなわち稲荷大神です。この大神は、食物衣服のことを司るのが主なる御神徳ですが、その他、家内屋敷の安全を始め、農業、工業、商業の繁昌、諸技藝の上達、交通旅行の安全等を護り、幅広いご利益を持っています。

IMG_20161228_210529.jpg
御朱印は市谷亀岡八幡宮の社務所にて

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

市谷亀岡八幡宮(新宿区市ヶ谷)

市谷亀岡八幡宮(いちがや かめがおか はちまんぐう)
2016年11月13日参詣
東京都新宿区市谷八幡町15 鎮座

DSC_0447.jpg

DSC_0448.jpg
社号標

DSC_0462.jpg
階段を登り終え眼下を望む

DSC_0455.jpg
愛嬌のある狛犬

DSC_0461.jpg
階段を登り終えると参道の先に拝殿

DSC_0458.jpg

DSC_0460.jpg
犬も参拝に
ここは「大好きなペットといっしょに初詣に行きたい」「大切なペットにご祈願をお願いしたい」というオーナーさんの要望ではじまった『ペットと一緒の初詣』と『ペットの七五三』が出来ます。



創建は戦国時代である文明11年、太田道灌と言う武将により、鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を勧請し、祀ったのが始まりとされています。江戸城を築城する際に、西方の守護神として祀られました。鶴岡八幡宮の「鶴」に対して「亀」が付けられ、亀岡八幡宮と称されました。
亀岡鶴幡宮(かめおかつるまんぐう)と訳のわからない言い間違いをしていました方が若干1名いましたが(笑)

創建当時は現在の千代田区にありましたが、江戸時代になり、江戸城の外堀が出来たのを機に、現在の茶ノ木稲荷神社の敷地内に移転されました。江戸時代には「市谷八幡宮」と称されていました。

三代将軍徳川家光などの信仰を得て、再興されたと伝えられています。

第二次大戦で社殿が焼失してしまいましたが、昭和37年に再建され、現在に至ります。

DSC_0613-1.jpg

posted by かめ忍者 at 02:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

王子稲荷神社 東国三十三稲荷総司伝承

2016年10月19日参詣
東京都北区岸町1-12-26 鎮座

落語 「王子の狐」の舞台になったお稲荷さんです。
DSC_0380.jpg
鳥居

DSC_0381.jpg
キツネがお出迎え
ちなみに、境内では、多くの狐に出会うことができます。

DSC_0384.jpg
拝殿

DSC_0382.jpg
御祭神
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
宇気母智之神(うけもちのかみ)
和久産巣日神(わくむすびのかみ)

DSC_0383.jpg

DSC_0385.jpg
いなり幼稚園も兼務

hirosige-inarijinja (2).jpg
江戸名所三十八景 王子稲荷社−広重


王子稲荷神社は、北区岸町にある神社で、岸稲荷と称していた(荒川の岸に鎮座していたことからといわれる)
元亨二年(1322年)領主豊島氏が紀州熊野神を勧請し王子神社を祀ったことから、王子という地名となり、当神社も王子稲荷神社と称するようになったと言われる
創建年代等は不詳ながら、治承4年(1180)以前の平安時代に創建
康平年間(1058~1065年)に征夷大将軍 源頼義により、関東稲荷総司の称号を与え崇敬していた。
※この関東とは陸奥国まで含む「東国三十三」である。昔の関東というと、今の東日本に相当

小田原北条氏は当社を深く尊崇し、朱印状を寄せており、江戸時代には、徳川将軍家の祈願所と定められて大層栄えました。


DSC_0608-2.jpg

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング