2017年01月30日

榮太樓總本鋪と獺祭のコラボ甘酒

私、最近甘酒にハマっております。

お正月、初詣に寺社へ参拝すると結構な確率で甘酒をご馳走になります。

〜ありがとうございます! ご馳走様でした〜
和菓子屋のあま酒榮太樓×獺祭.jpg
買い物でスーパーを歩いていてお酒売り場で見つけました
2016年11月7日より新発売!

ちょっと珍しい、榮太樓と獺祭がコラボした甘酒です!
お値段は甘酒にしてはソコソコしますが、蔵元と老舗の和菓子店を考えると妥当な値段・・・
むしろ若干お得すら感じてしまいました。

さっそく飲んでみました。
(お酒売り場で買いましたが、アルコールは1%未満)
鼻に抜ける芳醇な米の味と香り そして、甘酒の独特の甘さがあるものの後味がスッキリ

心も温まるし、いかにも冬の飲み物って感じがする
これは熱々での感想
冷たいまま飲んでもスッキリとした味わいで、あっさり軽く飲み干せちゃいます。
夏場に飲んでもいいですね!「飲む点滴」!!

まあ、辛党派にはオススメできない甘さですね。

9969646ad511ba6791183bf9a84d99d9.jpg

【商品概要】
商品名 :和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭
価格  :1,200円(税抜)
内容量 :770g(酒粕に含まれるアルコール分1.0%未満。
アルコールに弱い方はご注意ください)
発売日 :2016年11月7日(月)
取扱店舗:全国スーパー、コンビニ他の量販店様で販売

【榮太樓總本鋪とは】
榮太樓總本鋪の起こりは、文政元年(1818年)に細田徳兵衛が孫ふたりを連れて江戸に出府、「井筒屋」の屋号で菓子の製造販売を始めたもの。やがて、徳兵衛の曾孫に当たる細田安兵衛(幼名栄太郎)が安政四年(1857年)に日本橋のたもと西河岸町に店を構え、自身の幼名に因んで「榮太樓總本鋪」と改号。名代「金鍔」に加え、甘名納糖、梅ぼ志飴、玉だれなど今に続く菓子を創製し、高度成長期の百貨店デパ地下ブームと共に、全国に店舗が広がりました。平成6年(1994年)からは量販店市場(全国のスーパー、コンビニエンスストア等)にも、三菱食品株式会社を販売パートナーとして進出。代表商品として、「黒みつ飴」、「しょうがはちみつのど飴」、「黒かりんとう」を販売しております。
URL: http://www.eitaro.com/


【旭酒造株式会社 純米大吟醸「獺祭」とは】
山口県岩国市の旭酒造株式会社が、国産酒米山田錦を磨きぬいて作る日本酒。国内はもちろん、世界的にも評価が高く、今最も人気のある日本酒のひとつです。酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて、美味しい酒造りを目指しております。
URL: http://www.asahishuzo.ne.jp/



以前紹介した
文の助茶屋の甘酒
も通販で買っちゃおうかな〜

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

多気不動尊 再々訪(宇都宮市)

多気山持宝院(真言宗智山派)
2017年(平成29年)1月29日参詣
栃木県宇都宮市田下町563 鎮座

毎月28日は、多気山御本尊不動明王のご縁日です。
なかでも1月の28日はその年の最初の不動明王のご縁日ということで【初不動】として古くから多くのお参りで賑わっています。しかも28日限定で「初不動の特別御朱印」が頂けたのですが・・・
ということで昨日お参りしたかったのですが所用にて本日

前々回は2015年2月15日、下野三十三観音の別格霊場のお参り時

前回の参拝は
2015年5月17日大火渡り祭
の時でした。

DSC_0906.jpg
多気不動尊入口

DSC_0907.jpg
参道

DSC_0934.jpg
水かけ不動(手水舎)

DSC_0932.jpg
山門

DSC_0931.jpg
山門をくぐると弘法大師修行像

DSC_0912.jpg
阿の狛犬

DSC_0913.jpg
吽の狛犬

DSC_0924.jpg
狭く急な階段

DSC_0918.jpg
階段を上り終えると本堂が目の前に

DSC_0922.jpg
歳神殿

DSC_0921.jpg
鐘楼堂

DSC_0920.jpg
清水

DSC_0928.jpg
水子供養地蔵尊


宇都宮の西北10Km、多気山(376m)の中腹に位置し、弘仁13年(822年)、日光開山勝道上人の弟子尊鎮法師により創建されました。当初は馬頭観音を御本尊としていましたが、建武2年(1335年)8月1日、宇都宮9代城主藤原公綱公により今の本尊不動明王が御本尊として氏家の勝山城から当山に遷座されたのです。不動明王は真言密教の主尊である大日本如来の 使者とされ、多くの信仰をあつめている仏です。当山の御本尊不動明王は天暦3年(949年)3月28日を選んで、源頼光が多田滿仲の子、多田の法眼(円覚上人)に作仏を願い、吉野山中にこもり一刀三礼のもとに彫り上げた霊像です。


DSC_0916.jpg
御護摩申込、納経所

IMG_20170129_143631.jpg
梵字・ご本尊の御朱印を頂きました

posted by かめ忍者 at 16:13| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

太宰府天満宮とBEAMS コラボ御朱印帳

bems2 (2).png

bems.jpg

太宰府天満宮とBEAMSが共同でオリジナル御朱印帳を発売しました。

このスペシャルな御朱印帳のデザインを手がけたのは、染色家でありテキスタイルデザイナーの岸本かやさん。
自然や動物をモチーフにすることが得意な彼女ならではの落ち着いた雰囲気の鷽(うそ)鳥が、満開の梅の木に留まる装丁は、可愛らしく華やかな一冊となっています。

今回のコラボレーションは、三越伊勢丹とBEAMS JAPANによる日本の良さを国内外に発信するプロジェクト「STAND FORTY_SEVEN」の取り組みのひとつとなっています。

この御朱印帳は、2017年1月10日まで新宿BEAMS JAPANの1階店頭で予約できるそうです。

・・・もう期日が過ぎてしまいましたね・・・残念・・・


posted by かめ忍者 at 11:16| 栃木 ☀| Comment(0) | 御朱印帳・冊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

御嶽山神社(栃木県鹿沼市)

2017年(平成29年)1月27日参詣
栃木県鹿沼市下永野82(旧粟野町) 鎮座


DSC_0859-1-1.jpg
「永野御嶽山入口」の石柱

DSC_0879.jpg

DSC_0864.jpg
手水舎

DSC_0875.jpg
手水舎の水が凍っていました
「寒いです!」

DSC_0876.jpg
鳥居

DSC_0869.jpg
昭和45年生まれのブロンズの狛犬
右の阿

DSC_0870.jpg
狛犬
左の吽

DSC_0874.jpg
拝殿

DSC_0873.jpg
扁額

DSC_0872.jpg
拝殿脇に流れる清滝

神道大教所属の御嶽永野中教会
ご祭神は、国之常立神(くにのとこたちのかみ)。弘仁三辰年(812年)に空海上人が開山したと伝えられ、三峯山大神・御嶽山大神が祭られています。長野県木曽御嶽山の信仰をひき、関東一円に多くの信者がいます。
冬至の日には厄除け祈願の行事である“御嶽山冬至星除祭り(お焚き上げ)が行われます

DSC_0863.jpg
三峰山里宮

DSC_0868.jpg
各所に霊神碑などが立ち並んでいる

DSC_0877.jpg


DSC_0878.jpg
境内にある北辰ヶ岳御嶽山の案内板
三峰山の登山コースの出発地点にもなっている

DSC_0881.jpg
自宅兼社務所、ここで御朱印を頂きました

DSC_0885-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 19:12| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

三ツ和氷川神社(埼玉県川口市)

2016年12月29日 参詣
埼玉県川口市三ツ和3-22-2 鎮座

DSC_0610.jpg
鳥居と社号標

DSC_0611.jpg
参道から拝殿を望む
地元の方々が清掃活動を行っていました

DSC_0613.jpg
注連縄交換作業

DSC_0612.jpg
清掃途中の拝殿、そんな中 合間を縫って参拝させて頂きました



(境内の掲示より)
三ツ和は、明治十年に中居・上新田・小渕の三か村が合併したことによって誕生した新しい村である。
当社は、この三か村の鎮守として創建されたと伝えられ、古くは中居村の本社と呼ばれているところに鎮座していたという。『風土記稿』小渕村の項に「氷川社 村の鎮守なり、当社は古中居村にありし社なり、本地十一面観音を安ず、源永寺の持」とあるのも、そうした由来を伝えるものである。ちなみに当社が、中居村から小渕村に移った時期は、吉田勉家所蔵の「小渕村濫觴記」によれば、文明年中(1469-87)のことという。また、「宗源宣旨写」によれば、享保七年(1722)に神祇官領吉田家から正一位の神位を拝受している。
いつのころにか、中居村に八幡神社が、上新田に稲荷神社が創建されたことから、当社は小渕村だけの鎮守となり、神仏分離を経て、明治六年には小渕村の村社となった。明治元年十二月付の「神職相転願」によれば、大宮氷川神社の岩井家に入門した河原采男を当社の神職として奉仕させ、併せて同家の家内一同が神葬祭に改めたい旨が記されており、連署の中には源永寺秀鎫・氏子檀中惣代武右衛門・役人惣代名主七左衛門らの名が見える。

DSC_0858-5.jpg
九重神社にて御朱印は頂きました


posted by かめ忍者 at 23:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング