2017年03月02日

金沢銘菓『中田屋のきんつば』

金沢のお土産で頂きました
『中田屋』さんの「きんつば」です。餡の粒が大きくて、甘さも上品で本当に美味しいんです


DSC_1003.jpg
龍のマークは創業者「中田憲龍」さんが考案

DSC_1004.jpg
包装はこんな感じ。きんつばのお値段は、箱入りで「5個入り箱(892円)」「12個入箱(2,121円)」

DSC_1005.jpg
中田屋さんのきんつばの表面
四角く切り分けたところに、一つひとつ薄い衣を刷毛で塗りながら焼いているとか。口当たりが上品でまろやかです

DSC_1006.jpg
餡の粒が大きいのが分かります。見るからに甘そうですが、甘さは極力控えめになっていて、つい沢山食べてしまいます。


※艶やかな大納言小豆のつぶ餡
中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。
四季の気候の変化が大きな北陸では、温度や湿度管理によって小豆の炊き方を変えるなどの工夫が必要です。こうして、小豆餡は職人の永年の経験と勘によって中田屋のきんつばに最適な状態に炊き上げます。
「中田屋のこだわり」より


■きんつば 中田屋
本 店/ 石川県金沢市元町2-4-8 TEL:0120-588-228
販売店/ 金沢市内支店及び百貨店常設店舗、島屋・三越各店
HP: http://www.kintuba.co.jp/main.html
※オンラインショップもあります

DSC_1103-1.jpg

DSC_1104-1.jpg


posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング