2017年04月30日

ご利益さんぽ in ちちんぶいぶい秩父

taotitibu.jpg
秩父地域の魅力を発信する新CM「ちちんぶいぶい2017春夏篇」

hodosan1.jpg
パパイヤ鈴木さんが振付をしたダンスがgood!


去る4月29日に秩父へご利益を求め散策
秩父34か所観音霊場が有名ですが、今回は神社を中心に巡りました

DSC_1514.jpg
まずは宝登山神社参拝

DSC_1641.jpg
その後 宝登山神社 奥宮へ

DSC_1663.jpg
ロープウェイで宝登山山頂へ

DSC_1645.jpg
奥宮へ向かいました

DSC_1648.jpg

DSC_1533.jpg
下山し 聖神社へ
日本最古の貨幣として知られる「和同開珎」の材料となる銅を朝廷に献上したことで知られる採掘跡。
和銅献上に関係が深いと伝えられる神社

DSC_1546.jpg
延喜式内社 椋神社
「椋神社例大祭」の別名が「龍勢祭」
毎年10月の第2日曜開催、代々伝承された27流派の手作りロケットを神事として打ち上げる珍しいお祭りが有名

DSC_1585.jpg
秩父市内へ
郷土芸能特別講演 秩父屋台囃子

DSC_1587.jpg
歴史を感じる街並み

DSC_1602.jpg

DSC_1589.jpg
登録有形文化財

DSC_1591.jpg
お昼はパリーにて

DSC_1578.jpg
秩父神社は多数の参拝客で賑わっていました

DSC_1625.jpg
秩父今宮神社の龍神木は圧巻でした




posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

今宮神社(栃木県さくら市)新たに「十二支社」の御朱印が頒布

2017年(平成29年)4月28日 参詣
栃木県さくら市馬場43 鎮座

前回は2014年010月26日に今宮神社を参拝


DSC_1508.jpg
社号標

DSC_1507.jpg
鳥居

DSC_1513.jpg
楼門

DSC_1531.jpg
楼門の説明板

DSC_1532.jpg
楼門に掲示されている偉人の一言

DSC_1515.jpg
手水舎

DSC_1514.jpg
参道の先に拝殿

DSC_1525.jpg
拝殿の両側に灯篭

DSC_1516.jpg
拝殿

DSC_1518.jpg
拝殿内部

DSC_1517.jpg
扁額

DSC_1522.jpg
本殿

平安時代の後冷泉天皇の御代康平三年(1060年)素盞鳴命を祭神として創立する。
下野国史に宇都宮朝綱の三男公頼始めて氏家に城を築きし時に己が産土神たる宇都宮明神を合祀して城中の守護神としたとある。その後正安ニ年(1300年)城主公宗の崇敬により社殿を改築し、塩谷郡の北は三依、塩原より南は高根沢に至る二十四郷に毎年交営膳祭礼を行い社殿荘厳にして崇敬厚かりきとある、この記録は「今宮祭祀記」現存


DSC_1519.jpg
境内の大いちょうは樹令六〇〇年、栃木名木百選指定で特に新緑と紅葉は見事

DSC_1526.jpg
十二支社

DSC_1509.jpg

DSC_1510.jpg

DSC_1530.jpg
授与所

DSC_1533-1.jpg
平成29年より新たに十二支社の御朱印が頒布

DSC_1533-2.jpg
今宮神社の御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

相模国総社 六所神社(神奈川県大磯町)

2017年(平成29年)3月27日 参詣
神奈川県中郡大磯町国府本郷935 鎮座

DSC_1254.jpg
社号標

IMG_20170416_151612.jpg
国道1号線沿いにすぐ鳥居が建っており、そこから住宅街を抜ける形で参道が伸びています

DSC_1256.jpg
国道1号線の大鳥居をくぐると 
東海道線が参道を分断しているので、アンダーを通ります

DSC_1257.jpg
アンダーを抜けると社殿が見えました
境内入口脇の駐車場に車をとめて参拝です

DSC_1263.jpg
手水舎
雨も降っていたせいもあるのか、境内はヒンヤリ引き締まった空気でした

DSC_1260.jpg
狛犬

DSC_1259.jpg

DSC_1258.jpg
拝殿

DSC_1267.jpg
境内から短い石段を登ったところに拝殿、その奥には本殿があります
ここには、相模国の一之宮から四之宮、平塚八幡宮の分霊が共に祀られています。

DSC_1261.jpg
六所神社の御祭神・櫛稲田姫命が生まれた出雲とは縁も深く、この注連縄は出雲で作られているのだそうです。

DSC_1262.jpg
本殿
崇神天皇の時代に 出雲の国から移住してきた柳田氏という一族が、一族の守護神であった「櫛稲田姫命」をお祀りしたのが始まりとされています。
その後、「櫛稲田姫命」と合わせて、「須佐之男命」「大己貴尊」を祀り、柳田大明神と称したと伝えられています。


DSC_1268.jpg
創設当初は「柳田大神」と称されていましたが、「大化の改新」の後に、寒川神社、川勾神社、比々多神社、前鳥神社、平塚八幡宮など、周辺にある有力大社の分霊を併せ祭る「相模國総社」となったことから、「六所神社」と呼ばれるようになりました。


DSC_1266.jpg
境内にはケヤキやイチョウ、タブノキなど、樹齢が300年を超える平地では数少ない巨木群が目に付きます。大磯町の史跡名勝天然記念物に指定されています。

DSC_1264.jpg
授与所 兼 社務所

DSC_1265.jpg
雨が降っていたので御朱印を書いていただく時間、社務所内にいました
玄関には立派な獅子舞が飾られていました。

DSC_1464-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

伊勢原大神宮(神奈川県)

2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市伊勢原3丁目8−1 鎮座

DSC_1229.jpg
社号標

DSC_1231.jpg
鳥居

DSC_1227.jpg
阿の狛犬

DSC_1228.jpg
吽の狛犬

DSC_1232 (2).jpg
狛犬の説明板

DSC_1234.jpg
神社の説明板
大山詣りに来た伊勢の人がこの地に住み開墾を始め、努力の甲斐あってだんだん栄えてきたそうです。
そこでこの地の守り神として故郷の伊勢神宮の神様を勧請したとのこと。
以来、伊勢の神様が鎮座するこの地を”伊勢原”と呼ぶようになったそうです。

伊勢原の伊勢は伊勢神宮の伊勢だったんですね


DSC_1226.jpg
手水舎

DSC_1237.jpg
外宮、内宮と2つの拝殿

DSC_1219.jpg
外宮拝殿
ご祭神 豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
参拝方法ですが、伊勢神宮と同じで、まずは外宮からお参りし続いて内宮。

DSC_1217.jpg
内宮拝殿
ご祭神 天照皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)

DSC_1221.jpg
外宮側から両拝殿を撮影
内宮から外宮は繋がってます。

DSC_1223.jpg
外宮、本殿


神社の創建は、江戸時代初期の元和年間(1615〜1624)のことであると伝えられております。
元和六年(1620)伊勢の国の人・山田曾右衛門と鎌倉の人・湯浅清左衛門は、大山参詣の途中、千手原という松原に一夜の宿を求めたところ、水音を聞いて開墾可能であることを悟り、当時このあたりを支配していた中原代官成瀬五左衛門の許可を得て、開墾に着手したのです。そこにだんだんと粕屋あたりより人が集まり現在の伊勢原市街の基礎が形成されました。曾右衛門は、この新しい開拓地の鎮守として、故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、奉祭することにいたしました。
こうして創建された当神社の御祭神に由来して当地は伊勢原と呼ばれるようになりました。

伊勢の神宮では、天照皇大御神が内宮に、豊受姫大神が外宮に、それぞれ奉祭されています。当神社もこれにならい両宮が別々に奉祭されています。全国でも珍しい社殿構造は、江戸時代に編纂された「新編相模風土記稿」にもみられ、創建以来の伝統として現在も受け継がれております。



DSC_1218.jpg
この大神宮のシンボルマークは丸と四角・赤と白・人と自然をイメージしてデザイン化された“紅白のたまご”で内宮と外宮を表現しているそうです

DSC_1224.jpg
授与所

DSC_1465-2.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 11:03| 栃木 ☁| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

高部屋神社(神奈川県伊勢原市)

高部屋神社(たかべやじんじゃ)
2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市下糟屋2202 鎮座

DSC_1211 (2).jpg
社号標

DSC_1212.jpg

DSC_1210.jpg
鳥居

DSC_1209.jpg
手水舎

DSC_1215.jpg
銅鐘
1386年(至徳3年)12月に河内守国宗が鋳造し、平秀憲によって奉納されたもの(神奈川県の重要文化財)

DSC_1214.jpg
狛犬

DSC_1213.jpg

DSC_1208.jpg
拝殿

DSC_1216.jpg
拝殿は入母屋造(いりもやづくり)の茅葺(かやぶき)で、手前に銅板葺(どうばんぶき)の向拝(ごはい)(正面の庇(ひさし)部分)を設け、背面には幣殿を連結
貴重な茅葺屋根の社殿です。

DSC_1207.jpg
本殿
御祭神
神倭伊波礼彦命(かんやまといわれひこのみこと)
誉田別命(ほむだわけのみこと)
三筒男命(みつつおのみこと)
大鷦鶺命(おほさざきのみこと)
息気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
磐之姫命(いわのひめのみこと)
時代とともに主祭神が移り変わってきたと思われます。
創建から平安時代までは三筒男命(住吉三神)を主祭神とし、鎌倉時代から幕末までは誉田別命を主祭神とし、明治以降は神倭伊波礼彦命を主祭神としてお祀りしていることが記録より伺えます。

DSC_1206.jpg
創建年代は不詳であるが、延喜式神名帳に相模13座の内の1社と記載されている古社であり、古くは相州大住郡糟谷庄127ヶ村の惣鎮守として崇敬された。
平安時代までは現在の飛び地境内である伊勢原市高部屋地区の澁田山に鎮座していたと考えられ、糟谷住吉の大神「大住大明神」として崇敬された。

DSC_1464-1.jpg
御朱印
伊勢原大神宮にて頂きました


posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング