2017年04月17日

ご利益さんぽ in 日光詣 弥生祭

去る4月15日に日光へご利益を求め散策してきました

DSC_1402.jpg

DSC_1436.jpg
東武日光駅から東照宮に通じる道沿い(国道119号)には日光を代表する土産物屋などが軒を連ねている。

DSC_1406.jpg

DSC_1430.jpg
湯沢屋

DSC_1434.jpg
私は、ここ湯沢屋の酒饅頭が大好きで いつもお土産で買って帰ります

DSC_1405.jpg
湯沢屋の日光煉羊羹

DSC_1404.jpg
吉田屋

DSC_1408.jpg
宮前だんご

DSC_1403.jpg

DSC_1401.jpg
可愛らしい電話BOX

DSC_1413.jpg
神橋、社号標

DSC_1399.jpg
日光山内の二社一寺(日光東照宮、二荒山神社、日光三輪王寺)の表玄関に位置する

DSC_1417.jpg
本宮神社
日光二荒山神社の別宮で、神橋近く日光橋正面の山中に鎮座し、御祭神は大国主命の御子神・味耜高彦根命を祀ります

DSC_1423.jpg
日光の原点である地「本宮神社」参道にオープンした築330年の古民家再生「本宮カフェ」

DSC_1425.jpg
四本龍寺
天平神護2年(766)、はじめて大谷川を渡り、山内に足を踏み入れた勝道上人が立ちのぼる五色の雲を見て、この地が4神守護(青竜・朱雀・白虎・玄武)の霊地だと悟り御堂を建立。四本龍寺と名付けたと伝えられる。観音堂・三重塔(重要文化財)は江戸時代の再建で、三重塔前には勝道上人が拝したと伝わる紫雲石がある。

DSC_1429.jpg
西洋料理店 明治の館
住所:栃木県日光市山内2339−1
建物は、国登録有形文化財に指定されてる洋館

DSC_1352.jpg
東照宮へ

DSC_1388.jpg
東照宮御仮殿が御開帳されていました

DSC_1390.jpg

DSC_1353.jpg
三猿(ここから有料ゾーン)

DSC_1377.jpg
東照宮内で結婚式が行われていました

DSC_1379.jpg

DSC_1367.jpg
眠り猫

DSC_1373.jpg
奥宮 家康公の墓


yayoinikko.jpg

DSC_1435.jpg

日光に春を告げる弥生祭の花家体が、4月16日と17日に東町7台、西町4台の計11台が町中に繰り出されます。
日光二荒山神社例祭である弥生祭は、古くは3月に行われ、3月を弥生といったとこらから「弥生祭」の名があります。
神社祭典は4月13日から17日まで行われ、大祭当日の17日に付祭(つけまつり)として、東西11か町から花家体が繰り出されるものです。昭和29年、日光市制を記念して観光協会の主催で16日に前夜祭が行われるようになりました。
この弥生祭付祭は古きよき1200有余年の伝統を残しながらも、時代の要請に合わせて幾つかの改革がなされ現在に至っています。

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 旅の指南 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする