2017年04月25日

伊勢原大神宮(神奈川県)

2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市伊勢原3丁目8−1 鎮座

DSC_1229.jpg
社号標

DSC_1231.jpg
鳥居

DSC_1227.jpg
阿の狛犬

DSC_1228.jpg
吽の狛犬

DSC_1232 (2).jpg
狛犬の説明板

DSC_1234.jpg
神社の説明板
大山詣りに来た伊勢の人がこの地に住み開墾を始め、努力の甲斐あってだんだん栄えてきたそうです。
そこでこの地の守り神として故郷の伊勢神宮の神様を勧請したとのこと。
以来、伊勢の神様が鎮座するこの地を”伊勢原”と呼ぶようになったそうです。

伊勢原の伊勢は伊勢神宮の伊勢だったんですね


DSC_1226.jpg
手水舎

DSC_1237.jpg
外宮、内宮と2つの拝殿

DSC_1219.jpg
外宮拝殿
ご祭神 豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
参拝方法ですが、伊勢神宮と同じで、まずは外宮からお参りし続いて内宮。

DSC_1217.jpg
内宮拝殿
ご祭神 天照皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)

DSC_1221.jpg
外宮側から両拝殿を撮影
内宮から外宮は繋がってます。

DSC_1223.jpg
外宮、本殿


神社の創建は、江戸時代初期の元和年間(1615〜1624)のことであると伝えられております。
元和六年(1620)伊勢の国の人・山田曾右衛門と鎌倉の人・湯浅清左衛門は、大山参詣の途中、千手原という松原に一夜の宿を求めたところ、水音を聞いて開墾可能であることを悟り、当時このあたりを支配していた中原代官成瀬五左衛門の許可を得て、開墾に着手したのです。そこにだんだんと粕屋あたりより人が集まり現在の伊勢原市街の基礎が形成されました。曾右衛門は、この新しい開拓地の鎮守として、故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、奉祭することにいたしました。
こうして創建された当神社の御祭神に由来して当地は伊勢原と呼ばれるようになりました。

伊勢の神宮では、天照皇大御神が内宮に、豊受姫大神が外宮に、それぞれ奉祭されています。当神社もこれにならい両宮が別々に奉祭されています。全国でも珍しい社殿構造は、江戸時代に編纂された「新編相模風土記稿」にもみられ、創建以来の伝統として現在も受け継がれております。



DSC_1218.jpg
この大神宮のシンボルマークは丸と四角・赤と白・人と自然をイメージしてデザイン化された“紅白のたまご”で内宮と外宮を表現しているそうです

DSC_1224.jpg
授与所

DSC_1465-2.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 11:03| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする