2017年04月28日

相模国総社 六所神社(神奈川県大磯町)

2017年(平成29年)3月27日 参詣
神奈川県中郡大磯町国府本郷935 鎮座

DSC_1254.jpg
社号標

IMG_20170416_151612.jpg
国道1号線沿いにすぐ鳥居が建っており、そこから住宅街を抜ける形で参道が伸びています

DSC_1256.jpg
国道1号線の大鳥居をくぐると 
東海道線が参道を分断しているので、アンダーを通ります

DSC_1257.jpg
アンダーを抜けると社殿が見えました
境内入口脇の駐車場に車をとめて参拝です

DSC_1263.jpg
手水舎
雨も降っていたせいもあるのか、境内はヒンヤリ引き締まった空気でした

DSC_1260.jpg
狛犬

DSC_1259.jpg

DSC_1258.jpg
拝殿

DSC_1267.jpg
境内から短い石段を登ったところに拝殿、その奥には本殿があります
ここには、相模国の一之宮から四之宮、平塚八幡宮の分霊が共に祀られています。

DSC_1261.jpg
六所神社の御祭神・櫛稲田姫命が生まれた出雲とは縁も深く、この注連縄は出雲で作られているのだそうです。

DSC_1262.jpg
本殿
崇神天皇の時代に 出雲の国から移住してきた柳田氏という一族が、一族の守護神であった「櫛稲田姫命」をお祀りしたのが始まりとされています。
その後、「櫛稲田姫命」と合わせて、「須佐之男命」「大己貴尊」を祀り、柳田大明神と称したと伝えられています。


DSC_1268.jpg
創設当初は「柳田大神」と称されていましたが、「大化の改新」の後に、寒川神社、川勾神社、比々多神社、前鳥神社、平塚八幡宮など、周辺にある有力大社の分霊を併せ祭る「相模國総社」となったことから、「六所神社」と呼ばれるようになりました。


DSC_1266.jpg
境内にはケヤキやイチョウ、タブノキなど、樹齢が300年を超える平地では数少ない巨木群が目に付きます。大磯町の史跡名勝天然記念物に指定されています。

DSC_1264.jpg
授与所 兼 社務所

DSC_1265.jpg
雨が降っていたので御朱印を書いていただく時間、社務所内にいました
玄関には立派な獅子舞が飾られていました。

DSC_1464-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | ⛩神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする