2017年06月30日

「関東のいづもさん」出雲大社相模分祠(神奈川県秦野市)

2017年(平成29年)5月2日 参詣
神奈川県秦野市平沢1221 鎮座

DSC_1789.jpg
鳥居

DSC_1790.jpg
手水舎

DSC_1802.jpg
出雲大社は参拝の仕方が特殊です
一般的には 二拝二拍手一拝でお参りしますが
出雲大社は二拝四拍手一拝
この四拍手には『四合わせ=幸せ』になりますようにとの意味が込められているのだそうです。

DSC_1792.jpg
拝殿

DSC_1793.jpg
出雲大社ならではの注連縄

DSC_1794.jpg
御祭神
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)


DSC_1800.jpg
本殿

正に出雲大社の分社、相模の出雲大社です。
明治21年に現在の秦野市の渋沢、峠地区に建立され、昭和50年に現在位置(秦野市平沢)に移転しました。

沿革
島根県御鎮座の「出雲大社」第80代国造・千家尊福公の要請によって、当地累代の神職であり、「秦野煙草の祖」と仰がれる草山貞胤翁が、出雲の大神の御分霊をこの地に鎮祭申し上げ、大国主大神の御神徳を関東地方に広めるための要処としたのを創まりとします。


DSC_1796.jpg

DSC_1797.jpg

DSC_1795.jpg
御朱印は拝殿斜め前の授与所で拝受

DSC_2401-1.jpg



posted by かめ忍者 at 20:04| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

足利七福神めぐり 宝印受帳

DSC_2411-2.jpg
栃木県 足利七福神めぐり 宝印受帳

DSC_2413-1.jpg


栃木県の足利は古来から織物のまちとして栄え、商売が盛んに行われてきました。
そのような歴史風土のなかで、まちの繁栄と家運の隆昌、健康増進はかつてから足利の人々の願いでした。

これを受けて、昭和17年から始まった『足利七福神めぐり』。
第二次世界大戦中に一時中断しましたが、昭和50年代の七福神ブームを刺激に、昭和62年のお正月に復活しました。

名所旧跡や、豊かな自然を感じることができる『足利市七福神めぐり』。

DSC_2408.jpg
太平記館(足利市観光協会)にて¥100で購入
足利のみやげ品の販売、観光情報の提供、休憩スペースなど、訪れた方のおもてなしをしてくれます
(無料観光駐車場)

・大黒天(鑁阿寺) 足利市家富町2220番地
・大黒天(徳蔵寺)足利市猿田町9-3番地
・寿老人(心通院) 足利市本城一丁目1742番地
・明石弁天(本城厳島神社) 足利市本城二丁目1860番地
・長尾弁天(通六丁目厳島神社) 足利市通六丁目3177番地
・名草弁天(名草厳島神社)足利市名草上町4990番地
・弁財天(正善寺)足利市常見町1-12-15
・福禄寿尊(長林寺) 足利市西宮町2884番地
・恵比寿神(西宮神社) 足利市西宮町2931番地
・毘沙門天(常念寺) 足利市通七丁目3094番地
・毘沙門天(最勝寺)足利市大岩町264番地
・布袋尊(福厳寺) 足利市緑町1丁目3270番地

徒歩コース
太平記館→鑁阿寺(大黒天)→心通院(寿老人)→明石弁天(本城厳島神社)→長尾弁天(通6丁目厳島神社)→長林寺(福禄寿)
→西宮神社(恵比寿神)→常念寺(毘沙門天)→福厳寺(布袋尊)→太平記館

posted by かめ忍者 at 21:42| 栃木 ☁| Comment(0) | 御朱印帳・冊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

雨降山 大山寺(神奈川県伊勢原市)

大山寺(おおやまでら)
2017年(平成29年)5月2日 参詣
神奈川県伊勢原市大山724 鎮座

大山不動の通称で知られており高幡山金剛寺、成田山新勝寺と共に「関東の三大不動」に数えられています

DSC_1732.jpg
大山ケーブルカー駅近くの伊勢原市営第二駐車場に車を止めて大山ケーブル駅へ行く途中
関東三十六不動霊場・第一番の標石

真言宗大覚寺派
本尊 鉄造不動明王(国指定重要文化財)


DSC_1785.jpg
伊勢原市市営駐車場からケーブルカーの駅まで、かなり距離があり石段を登山
大山ケーブル駅から大山寺駅に到着

DSC_1771.jpg
駅から数分歩くと仏教色の「大山不動尊御縁日」の旗が出ています

DSC_1779.jpg
関東三十六不動霊場・第一番の標石
昭和六十二年(1987年)に開創された新しい霊場巡りですが、この標石はずいぶん迫力が出てますね

DSC_1783.jpg
急な石段の上に、不動堂こと本堂があります

DSC_1782.jpg

DSC_1774.jpg
手水舎

DSC_1772.jpg
本堂

良弁が天平勝宝七年(755)に開山したという大山寺
二世は行基の高弟・光増、
三世は徳一の招きにより空海が入り、五世は円仁の高弟・安然が伽藍を再興したといわれます
廃仏毀釈までは本堂はもっと山の上の、今の阿夫利神社下社のある場所にあったそうです。
現在は真言宗大覚寺派ですが、昔は八宗兼学の道場だったそうです

DSC_1778.jpg
扁額

DSC_1776.jpg
本堂内

本堂入って右側に御朱印の受付がありました(¥300)

DSC_2411-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 11:29| 栃木 ☔| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

大山阿夫利神社 下社(神奈川県伊勢原市)

2017年(平成29年)5月2日 参詣
神奈川県伊勢原市大山355 鎮座

DSC_1752.jpg
社号標

神奈川県伊勢原市にある標高1252mのピラミッド型の美しい山容を見せる大山へ参詣
DSC_1740.jpg
ケーブルカーに乗り向かいました

DSC_1736.jpg
切符

DSC_1769.jpg
阿夫利神社駅からすぐ階段

DSC_1744.jpg
手水舎

DSC_1747.jpg
鳥居

DSC_1748.jpg
石の狛犬

DSC_1751.jpg
鳥居付近の青銅色の狛犬

DSC_1754.jpg
拝殿前の社号標

DSC_1753.jpg
拝殿

DSC_1762.jpg

DSC_1755.jpg
扁額

DSC_1763.jpg
本殿

大山は、別名雨降山といいます。相模湾から来る南風により雲がわき、雨に恵まれるところから雨降山と呼ばれるようになったそうです。
大山阿夫利神社は、”雨降り”が”阿夫利”に変わった名称のようで、江戸時代には、”水の神”として崇拝され、大山講が関東一円に広がり、今でも講の人たちが、団体で大山阿夫利神社を目指してくるそうです。
大山山頂(1252m)に本社、標高700mの中腹に下社があります。

社伝によりますと、創建は、今から2200余年以前の人皇第10代崇神天皇の御代だそうです。

DSC_1758.jpg
拝殿の地下には大山名水が汲める『神泉』があります。
ちょっとした洞窟のようになっており神聖な雰囲気

DSC_1761.jpg
水筒や空のペットボトルがあれば龍の口から汲んで持ち帰ることができます。

DSC_1766.jpg
富士山の岩を使っている獅子山

DSC_1767.jpg

DSC_1764.jpg
本社へ向かう登山道入り口

DSC_1756.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2400-1.jpg
御朱印
右に関東総鎮護の文字が記されています


posted by かめ忍者 at 11:43| 栃木 ☁| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

鈴鹿明神社(神奈川県座間市)

鈴鹿明神社(すずかみょうじんしゃ)
2017年(平成29年)5月2日 参詣
神奈川県座間市入谷1丁目3500 鎮座

DSC_1715.jpg
鳥居

DSC_1716.jpg
鳥居の脇、阿の狛犬

DSC_1717.jpg
吽の狛犬

DSC_1718.jpg
手水舎

DSC_1719.jpg
参道途中に鐘楼

DSC_1720.jpg
拝殿

DSC_1721.jpg
扁額

DSC_1722.jpg
本殿

創建年代は不詳であるが、欽明天皇の御代(539年-571年)に創建と伝えられている。

由緒では鈴鹿明神社の創始は二通り考えられると書いてある。
一つは伊勢の鈴鹿郷の神社祭礼で神輿が暴風により流され漂流し相模湾に流れ着き、神輿を里人が祀り鈴鹿大明神とした説
二つ目は天平年間にこの地は土甘郷(とかみごう)と言い、天武天皇の孫であった鈴鹿王の屯倉(みやけ=領地)であったため、王の御名を冠して鈴鹿の字名が発祥した説
(しかし鈴鹿王は天平時代の人であり、欽明天皇御代の時代の人でないので破綻をきたす)


DSC_1726.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2399-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 02:23| 栃木 ☀| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング