2017年09月19日

進雄神社(群馬県高崎市)

進雄神社(すさのおじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市柴崎町801 鎮座

DSC_2607.jpg
社号標

DSC_2605.jpg
一の鳥居は朱の大鳥居

DSC_2606.jpg
二の鳥居

DSC_2608.jpg
手水舎

DSC_2609.jpg
神橋

DSC_2611.jpg
社殿前、青銅の狛犬(吽形)

DSC_2612.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2610.jpg
拝殿

DSC_2613.jpg
扁額
明治天皇の外祖父中山忠能公が染筆したものだそうです 

DSC_2615.jpg
本殿

須佐男・須佐之男・素盞雄
進雄でもスサノオとはちょっと読めなかった
祀ってある主祭神は、祇園祭で有名な京都八坂神社と同じ「須佐之男命(すさのおのみこと)」で、その他に稲田姫命様ほか二十四神が合祀されています

由緒書きより
進雄神社は、貞観十一年(869年)諸国に疫病蔓延の時に、清和天皇の勅掟により尾州津島神社を勧請して当地に創祀され以来千百数十年にわたり、皆様の健康と厄除を御護りし、広く崇敬されてまいりました。
天喜五年(1059年)源頼義公奥州征討の時に当神社を深く崇拝せられ武運長久を祈誓され、凱旋にあたり社殿を修造し神領を寄進されました。

戦国時代の武田、上杉、北条等の武将達の書状が今に伝えられ、戦勝祈祷文書や社家の安堵状等篤く崇拝された様子がしのばれます。
高崎藩主、箕輪城主より神領が寄進され奉幣の儀が度々行われ、寛永十一年に徳川家光公より御朱印三十石が寄進され、以来幕末まで続いておりました。

明治初年に神仏分離により、それまでの「天王宮」から雄大に進むを祈誓して大神様を社号とする「進雄神社」と改称され平成の御代に総檜、権現造の御社殿を新築造営すると共に神域を整厳しました。」



DSC_2616.jpg
御朱印は境内左手にある授与所で拝受
初穂料は300円

DSC_2956-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 19:02| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

東京 桜新町のおはぎ専門店 「タケノとおはぎ」

DSC_2962.jpg
東京 桜新町 タケノとおはぎ
息子、次男坊が出掛けて購入しました

元々で人気店なのですが ドラマ「さぼリーマン甘太郎」の放送からさらに火がつき行列の超人気店・・・

1505687223546.jpg
つぶあん、こしあん、さくら、栗とラム酒、ナッツ、麻の実、ココナッツ

ユニークな食材の組み合わせが楽しい

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」


桜新町から用賀方面に向かって徒歩5分。ガラス張りの落ち着いた雰囲気の建物が、おはぎの専門店「タケノとおはぎ」です。

店名の「タケノ」は、店主・小川寛貴さんのおばあちゃんの名前。タケノおばあちゃん直伝のこしあんと粒あんのほか、季節によって変わるおはぎを販売しています。


タケノとおはぎ
東京都 世田谷区桜新町1-21-11 MAP
03-6413-1227
12:00〜18:00(売切次第、終了)
定休日 月、火曜
HP:https://www.facebook.com/1665389700383515/


posted by かめ忍者 at 22:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

倉賀野神社(群馬県高崎市)

倉賀野(くらがの)神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市倉賀野町1263 鎮座

倉賀野町に鎮座、BOØWY氷室京介の地元ですね。参拝によく行かれていたとか
「彼の家は、高崎から1つ目の駅倉賀野にあった。噂話好きの優しい人たちと、静かな風景。そして大きな川と空っ風にふかれる豊かな四季のある街だった。」(大きなビートの木の下でより)
DSC_2602.jpg
社号標

DSC_2601.jpg
鳥居

DSC_2590.jpg
手水舎

DSC_2593.jpg
狛犬

DSC_2592.jpg

DSC_2591.jpg
拝殿

DSC_2600.jpg
拝殿を斜めより撮影

DSC_2603.jpg
拝殿を見上げて見える彫刻は「飯玉縁起」の伝説を物語っています

DSC_2594.jpg
扁額

DSC_2598.jpg
本殿
御祭神
大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)

第十代崇神(すじん)天皇48年、または大同2年(807年)に創始と伝えられ、倉賀野宿と近隣の七ヶ郷の総鎮守です。
旧社名は飯玉宮(いいだまぐう)、大国玉神社と呼ばれる時代を経て、明治43年(1910年)の神社合併により倉賀野神社となりました。



DSC_2597.jpg
説明版
歴史・沿革
第十代崇神天皇の御代、国中に疫病が広まり、帝は倭大国魂神に祈願して災厄を鎮めた。
やがて皇子の豊城入彦命は東国の平定を命ぜられる。そして、出立のとき帝から御愛石を授けられた。
社伝によると、豊城入彦命はこの御愛石を御魂代として祭祀された。この石は倭大国魂神の御分霊と伝わり「ご神体のクニタマさま」として今も御本殿に奉安される。
大同二年(807)坂上田村麻呂公が造営舞楽を奏上。
建長五年(1253)倉賀野三郎高俊(武州児玉党の余流で倉賀野氏の始祖)が社殿を造営。
以後、社殿の建替え、修復が繰り返されてきた。



DSC_2589.jpg
参道、社務所の間に神饌田

DSC_2588.jpg
境内の左脇参道にある鳥居

DSC_2595.jpg
御朱印は社務所にて頂きました
不在だったのでインターホンを鳴らしたら奥から出て来て書いて下さいました。


DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 14:35| 栃木 ☔| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

小祝神社(群馬県高崎市)

小祝神社(おぼりじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市石原町1247 鎮座

DSC_2572.jpg
社号標

DSC_2571.jpg
鳥居

DSC_2570.jpg
手水舎

こちらの神社は、延喜式神名帳に記載された「式内社」になります。
また、上野国七宮になります。

参考に群馬の一の宮以下は
一ノ宮・貫前(ぬきさき)神社
二ノ宮・二宮赤城神社or三夜沢赤城神社
三ノ宮・三宮神社
四ノ宮・甲波宿禰(かわすくね)神社
五ノ宮・若伊香保神社
六ノ宮・榛名神社
七ノ宮・今回来た小祝神社
八ノ宮・火雷神社
九ノ宮・倭文(しどり)神社

DSC_2569.jpg
社号標

DSC_2576.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2577.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2574.jpg
拝殿
神社自体はこじんまりしていて境内は広くはありません。神社の西側の境内の中には石原第一保育園がありました。そんな中文化財に登録されている社殿は彫刻や色鮮やかな絵などなかなか立派でした。

DSC_2578.jpg
扁額

DSC_2580.jpg
本殿
主祭神、少彦名命(スクナヒコナノミコト)

由緒によると、
国史では、「小祝神」の神階が元慶四年(880年)に正五位下から正五位上勳十二等に昇叙された旨の記載が見えるが、創建ははっきりしない。
延長五年(927年)上野十二社第七社に加えられている。
小祝神社は、江戸時代には小祝大明神と呼ばれていた。そして片岡の鎮守として、また安産子育て、医薬の守護神として崇敬篤い社である。ということです。


DSC_2581.jpg
小祝神社案内板

DSC_2575.jpg
絵馬堂

DSC_2573.jpg
社務所で呼鈴をならすと宮司さんのお母さんだと思いますが対応していただき無事御朱印をいただくことが出来ました。(宮司さん不在なのでハンコでした)

DSC_2958-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 02:53| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

群馬県護国神社(群馬県高崎市)

群馬縣護國神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市乗附町2000 鎮座

DSC_2558.jpg
社号標

DSC_2559.jpg
一の鳥居
中央がコンクリート舗装で鉄製の手摺り

DSC_2560.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2561.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2562.jpg
手水舎

DSC_2563.jpg
二の鳥居

DSC_2564.jpg
二の鳥居を抜け社殿へ続く参道

DSC_2565.jpg
拝殿

DSC_2566.jpg
本殿
御祭神・群馬県出身関係殉国の英霊

由緒(護国神社HPより)
明治維新以来の国難に際し、尊い生命を捧げて私たちをお守りくださった方々の神霊を奉斎するために、明治42年群馬県招魂会が結成され、高崎公園内に英霊殿が建立されて年々盛大に招魂祭が執行されてきたが昭和14年この祭祀を継承して、群馬縣護國神社を造営することなり、挙県一致のもとに御造営にとりかかり、多額の浄財と述べ12万人の勤労奉仕もあって、遥かに皇居に向かって現境内地に御社殿を御創建、昭和16年11月19日支那事変に到るまでの3.573柱の祭神を合祀し鎮座祭が執行された。 その後、大東亜戦争関係の祭神を次々と合祀して、その数は47,000柱を超え、県民崇敬の新しい祭事が営まれている。


DSC_2568.jpg
平和の礎
平成2年、平和の礎建立委員会「郷土部隊関係者」建立
境内で一番新しい慰霊碑

DSC_2567.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:18| 栃木 ☀| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

高崎神社(群馬県高崎市)

2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市赤坂町94 鎮座

DSC_2550.jpg
社号標

DSC_2551.jpg

DSC_2552.jpg
神社入口

DSC_2544.jpg
鳥居

DSC_2546.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2545.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2547.jpg
手水舎

DSC_2548.jpg
拝殿

DSC_2549.jpg
拝殿内

DSC_2557.jpg
本殿

由緒
当社は旧熊野神社と称し、後嵯峨天皇の寛元元年(1243年)和田城主和田小太郎正信が相模国三浦より城内榎森に勧請し、守護神として崇敬せられました。
後に慶長三年(1598年)伊井直正築城の際、今の地に奉遷し、高崎の総鎮守と為す旨、仰せ出されてより広く人々に崇敬されてまいりました。
明治四十年境内末社、市内鎮座の社を合併し、高崎神社と改称されました。


DSC_2553.jpg
敷地内には美保大國神社もあります
昭和4年(1929年)に島根県の美保神社から分霊を勧請し、事代主神と大国主神が祀られています。
昭和の不況時に高崎の商工業者たちによって、産業の振興を祈願して建てられた神社です。

DSC_2555.jpg
御朱印は社務所でいただけます。
結婚式場も併設しているので、かなり現代的な社務所でした。

DSC_2956-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 21:41| 栃木 ☀| Comment(4) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

【成城石井】北海道産小豆と有機豆乳のプレミアムチーズケーキ

本日、スーパーマーケット成城石井の「自家製プレミアムチーズケーキ」を食べました、これが濃厚なスイーツ好きにはたまらない!
是非、同じく濃厚なスイーツが好きな人には、一度食べていただきたいです

DSC_2959.jpg

プレミアムチーズケーキから新商品
北海道産小豆と有機豆乳の「和」プレミアムチーズケーキです

キビ糖で仕上げたパウンドケーキ生地土台は、定番のプレミアムチーズケーキと同じです。
その土台の上に粒餡を絞り、クリームチーズにこし餡と有機豆乳をまぜあわせて仕上げた小豆フロマージュ生地を重ね、表面に大納言かのこ豆をトッピングした贅沢な和のチーズケーキです。

小豆の甘味とクリームチーズの酸味が、豆乳のまろやかな味わいで絶妙にまとまっています。
チーズの風味はしっかりと感じるのですが、小豆や豆乳が入ることでさっぱりと仕上がっているので、よく冷やしてこの暑い時期にもおいしく頂けます。

wa_premium.jpg

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」

posted by かめ忍者 at 21:25| 栃木 ☁| Comment(2) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

竹田の姫だるま

DSC_2956.jpg

DSC_2957.jpg

DSC_2958.jpg

古典的な日本美人の顔をした姫だるまで、かつては「福女」とか単に「おきあがり」とよばれていた
大分県の竹田地方では、大正時代の頃まで、正月にこのだるまを各戸に配って歩く祝いの行事があった。
正月2日の未明、ホギト(祝人)と呼ばれる使者が「おきあがり、おきあがりー」と声をかけながら玄関や戸口にだるまを置いていく。
各家ではホギトにご祝儀を渡し、だるまは神棚や酒樽の上へ飾ります
髭面の男だるまとは違い、この姫だるまは着物の襟元がくぼみ、あごや顔の輪郭が立体的に作られている。
大きさは小8センチから大50センチくらいまでの8種。
新年に幸運を呼ぶ、招福・無病息災のお守りです。


竹田姫だるま.jpg

「水曜どうでしょう」九州最大の聖地
豊後竹田の「後藤姫だるま工房」にて作られています
放送はもう何年も前ですが「西日本原付制覇」で大泉洋さんの高崎のだるまとお見合い、めでたく結婚したのが竹田の姫だるまです

水曜姫だるま.jpeg

この農家が手掛ける民芸品「姫だるま」に人気が集まり、予約で約3年待ちとなっている。
家庭円満や商売繁盛を願う柔らかな表情が特徴で、縁起物として注文が相次ぐ。江戸時代からの伝統をたった1軒の親子が引き継ぐ。手作りで、1体仕上げるのに1週間ほどかかる。

稲作農家で、後藤姫だるま工房を営む後藤明子さん(80)と、長男の妻の久美子さん(59)が受け継ぐ(2017年現在)
江戸時代の武家の女性がモデル。木型に和紙などを張って形を作り、絵の具で顔などを描く。明子さんが目や眉の絵付けを担い、久美子さんが口元を描く。

竹田市では戦前まで、だるま作りが盛んだったが、戦時中に衰退。
1952年に同工房が復活させた。明子さんは60年間、姫だるまと向き合ってきた。「一つ一つに愛情を込める。子どもを育てるのと一緒です」筆に思いを込める。


後藤姫だるま工房
〒878-0035 大分県竹田市吉田889
TEL 0974-62-3735

私が購入したのは現地でなく、栃木県日光市の古道具屋さんでした。
以前から気になっていた竹田姫だるま!これも巡り合わせでしょうか!ご利益を感じます。

posted by かめ忍者 at 21:55| 栃木 ☀| Comment(2) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

満福寺(栃木県栃木市)

教王山 遍照光院 満福密寺(通称・満福寺)
2017年(平成29年)7月15日参詣
栃木県栃木市旭町22-27 鎮座

DSC_2507.jpg
寺号標

DSC_2509.jpg
入口から正面に位置する「大師堂」、真言宗の開祖・弘法大師空海上人が祀られています

DSC_2511.jpg
堂内の大提灯には「厄除け 開運大師」の太文字

三鬼2.jpg
満福寺の寺宝になる鬼気迫る形相をした「三鬼尊」(重要文化財)


DSC_2510.jpg
観音堂
祀られている観音様は、元片柳村二杉明神の直ぐ東に有ったものを、明治五年に満福寺に移したものと言われ、古来より子安観音と称されています。昭和四年に仏堂を新設して入仏開帳をしています。この観音堂に掲げられた扁額の「無畏城」の文字は書家の中村不折の揮毫されたものです。


DSC_2508.jpg
満福寺は平成二十三年、開創七百五十年に合わせて、新本堂(大毘廬遮那殿)が建立

DSC_25331.jpg
扁額「大毘廬遮那殿」御朱印の文字にも


鎌倉時代の弘長2年(1262年)、薗部村の太平山麓に創建されたと言われ、天正年間、現在地に移された真言宗のお寺です。
開祖は京都醍醐寺の僧・朝海法印、天下泰平・万民平穏の祈願寺として、大平山山麓に修行堂を建立し、その後現在の地に移転
江戸時代になり、徳川家康が鷹狩りに訪れた際、休息・歓談した縁で朱印寺の称号を与えられました。
江戸時代の最盛期には十間四面(百坪)の大本堂をはじめ壮麗な諸堂伽藍を擁し、末寺十三ヶ寺を有する中本寺として威容を誇りました。
幕末の栃木大火(本陣火事)で全山消失し、復興再建中ですが往時の面影にはまだ至らないとのこと・・・


DSC_12563.jpg
境内の墓地には、没後になって作品が高い評価を受けた、栃木市出身の孤高の日本画家・田中一村の供養碑と墓があります

DSC_2956-2.jpg
御朱印(書置き)

posted by かめ忍者 at 20:35| 栃木 ☔| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

栃木神明宮 再訪(栃木県栃木市)見開き御朱印授受

神明宮(しんめいぐう)
2017年(平成29年)7月15日参詣
栃木県栃木市旭町26‐3 鎮座

前回は2014年11月8日に参拝
しました

DSC_2540 - 1.jpg
社号標

DSC_2540.jpg
通りから参道へ

DSC_2494.jpg
参道入口
「栃木のお伊勢さん」の異名を持つそうです

DSC_2495.jpg
鳥居

DSC_2496.jpg
鳥居脇の社号標

DSC_2497.jpg
手水舎

DSC_2499.jpg
拝殿
現在の拝殿は、中教院として全国的に展開された皇道宣布の強力な教化の施設として建立。明治十五年一月内務省が神官の教導職兼務解除(神仏分離令)のため、中教院も閉鎖。廃院の元中教院を受入れ社殿として補修を加へ神明宮社殿として再建、現在に至っています。
(市の重要文化財に指定されています。)
仏教寺院の面影も同時に感じることができる面白い神社だと思います。

DSC_2500.jpg
扁額「盛哉」

DSC_2501.jpg
扁額「神明宮」

DSC_2502.jpg
本殿
御祭神 天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)


1403年、栃木城内神明宿に創建されたと伝わる。

1589年、皆川広照により現在地へ移され、栃木町の総鎮守となる。
社殿は伊勢皇大神宮に倣って神明造り
1872年県社となる。

「栃木(とちぎ)」という地名は
本殿屋根の千木が十本あり、十千木(とちぎ?)からきたと言われています。



DSC_2498.jpg
神楽殿

DSC_2504.jpg
神輿

DSC_2506.jpg
社務所兼授与所にて御朱印授受

DSC_2505.jpg
御朱印
一頁 ¥300
二頁 ¥500

DSC_2956-3.jpg
二頁(見開き)御朱印
「盛哉」は、拝殿にかかっている扁額と同じですね


posted by かめ忍者 at 22:23| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング