2017年09月29日

天竜浜名湖鉄道「オリジナル御朱印帳」

静岡県浜松市にある天竜浜名湖鉄道では、同社の主力車両である「TH2100形」を表紙にデザインしたオリジナル御朱印帳が販売されています。

170811_tenhama_goshuinn.jpg
写真:天竜浜名湖鉄道WEBサイトより

販売額 ¥1600(税込)
初回限定100冊
縦16センチ、横10センチの小型版で、22ページ
お買い求めはお近くの有人駅(掛川.遠州森・天竜二俣・西鹿島・金指・三ヶ日・新所原)にて
問い合わせ
天竜浜名湖鉄道株式会社
営業課 TEL053-925-2276

平成29年8月11日(金)から発売されていましたが、大好評で9月2日(土)以降追加販売されました!

top_main01_sp.jpg
2016年12月から、沿線26寺社を紹介するガイドブック「天浜線 御朱印めぐり心の旅」を配布している。利用客からオリジナルの御朱印帳を求める声があり、作成を決めたそうです。

IP170809TAN000051000_2.jpg
大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映で沿線を訪れる観光客が増えている。
同社の担当者は「“ポスト直虎”を考え、リピーターを増やしたい」と談

posted by かめ忍者 at 09:39| 栃木 🌁| Comment(0) | 御朱印帳・冊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

天狗の御朱印で有名な古峯神社(栃木県鹿沼市)3度目の参拝

古峯神社(ふるみねじんじゃ)
2017年(平成29年)7月24日参詣
栃木県鹿沼市草久3027 鎮座

DSC_2681.jpg
まだ20q以上ある場所に早くも「古峯神社参道」という石碑

DSC_2679.jpg
神社まで約6qの場所にある「一の大鳥居」です。高さ約25m、幅約34mの巨大さ

DSC_2677.jpg
一の鳥居の石碑

DSC_2647.jpg
古峯神社に到着しての最初の鳥居

DSC_2648.jpg

DSC_2650.jpg
社号標と鳥居

DSC_2651.jpg
手水舎

DSC_2676.jpg
境内には天狗の奉納碑

DSC_2652.jpg
立派な鳥居が沢山

DSC_2653.jpg
社殿へ登る階段の鳥居

DSC_2654.jpg

DSC_2655.jpg
堂々たる茅葺屋根の拝殿

DSC_2661.jpg
扁額

DSC_2656.jpg
社殿内への入口

DSC_2669.jpg
入ると大きな廊下、拝殿、授与所に加えて宿坊にもつながります

DSC_2668.jpg
休憩出来る畳敷きの部屋
無料のお茶の他に自販機も完備

DSC_2660.jpg

DSC_2666.jpg
拝殿内

DSC_2670.jpg
拝殿脇の授与所

DSC_2657.jpg
授受できる御朱印
どのタイプの天狗になるかは当日の書き手の出社状況によりますが、逆に言うと「今日頂けるのはどの御朱印ですか?」と聞くことはできます。

DSC_2665.jpg
拝殿を過ぎ廊下の奥に御朱印を受ける授与所

DSC_2663.jpg
本殿
当日工事をしていて門が開いていたので拝見できました

由緒は、
1300余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。
その後、古峯ヶ原は、日光を開かれた勝道上人という僧侶の修行の場となり、上人は古峯の大神の御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、天応2年(西暦782年)日光の男体山に初めて登頂し大日光開山の偉業を成しとげられました。

この縁起にもとづき、日光全山26院80坊の僧坊達は、勝道上人の修行にあやかって、年々古峯ヶ原(古峯神社を中心)に登山、深山巴の宿で祈願を込め修行する慣わしとなり、
その修行は明治維新に至るまで、千余年の永きに亘って行なわれました。
古峯神社はこのような古峯大神のご利益の顕著を以って全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰などに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。
明治初年には太政官布告により、神仏分離が行なわれ、仏具一切を取り除き、純然たる古峯神社となり、現在にいたっております。
(古峯神社HPより引用)


DSC_2682-1.jpg
御朱印(初穂料 500円)


古峯神社の過去の参拝記事
初回 古峯神社 2014年11月12日参拝
を紹介しました。
そして
再訪時の古峯神社 2015年8月14日参拝
も紹介

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 🌁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

コスパ良すぎ!コストコのトリプルチーズタルト

先々週コストコに行ってきました

コストコならではのボリューミーなパンやお肉がフードコートにあふれています!
気になる商品がたくさんありますね!そんなコストコで、ぜひ一度は購入したい商品がこれ!

DSC_2956.jpg
超定番だったスフレチーズケーキがなくなって、チーズ系ケーキはトリプルチーズタルトに変わった模様

DSC_2958.jpg
コストコのプライベートブランドカークランドの商品
こっちが申し訳ないくらいのコストパフォーマンス!!
商品番号 93930
価格 ¥1280
内容量 1270g
3種類のチーズが入ってるらしいですが、表記は「ナチュラルチーズ」との表記のみ

DSC_2959.jpg
大きさ 直径は30cm厚みは3cm!
「お腹一杯 チーズタルトを食べたい方に超お勧め!」
賞味期限は購入日含め4日なので、冷凍保存は必須ですね

DSC_2961.jpg
しっとりしたクッキーの様なタルト生地のザクザクとした食感と、チーズの滑らかさが絶妙です
「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」
食べ過ぎてしまうので頻繁には買えませんが、また買いです!

posted by かめ忍者 at 10:44| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

少林山 達磨寺(群馬県高崎市)

黄檗宗(おうばくしゅう)
少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市鼻高町296 鎮座

黄檗宗、達磨大師の教えを受け継ぐ寺院。禅宗(臨済宗・曹洞宗・黄檗宗)のひとつ。

DSC_2639.jpg
入口に大きな看板

DSC_2640.jpg
寺号標

DSC_2638.jpg
総門
開創300年を記念して作られたらしい。

DSC_2637.jpg
総門をくぐって200段前後の石段

DSC_2630.jpg
手水舎

DSC_2631.jpg
手水舎の苔が渋い

DSC_2629.jpg
山門をくぐり石段を登り、「瑞雲閣」、手水舎を抜けて お堂までに また石段を上る

DSC_2632.jpg
本堂にあたる「霊符堂」
黄檗宗、本尊十一面観音、北辰鎮宅霊付尊神。
隠元禅師によって開かれ、本山は京都府宇治にある黄檗山万福寺です。

DSC_2633.jpg
扁額

DSC_2634.jpg
沢山の達磨が奉納されていました

DSC_2635.jpg
霊符堂の隣にもダルマの売店が(中腹の「霊符堂」にもあります)


張り子の福ダルマ(縁起ダルマ)はこの達磨寺が発祥とされています。

もともと達磨寺では、この寺を開山したとされる心越禅師が描いた一筆達磨像を、厄除けのお札として正月に配布していました。

その後、天明の大飢饉によって苦しむ農民たちを救うため、副業としてこの像をモデルにした張り子のダルマを作らせ、七草大祭の縁日で売ったのが始まりとされています。

現在でも少林山七草大祭は通称・高崎だるま市と呼ばれ、毎年1/6〜7に行われています。日本最大のだるま市として、毎年約20万人以上が訪れるそうです。

もちろん、達磨寺ではだるま市以外でも、通年ダルマを販売しています。


DSC_2636.jpg
売店の隣に「達磨堂」があり、全国のだるまやオリジナルだるまみたいのが展示する部屋もありました

DSC_2641.jpg
「瑞雲閣」の中には納経所があります
こちらで御朱印をいただく際は必ず納経しなくてはいけません。
般若心経を写経するのかと気合入れてたら「摩訶般若波羅蜜多心経」だけの十文字写経でした

写経したものをご住職に納経すると、名前の読み方等を確認されまして、お線香に火を点けてご祈祷の準備が始まりました
読経は2〜3分。
その際に、脇に書かれた名前や願い事もきちんと読んで下さるので、とても有難いです。
ご住職さんが
「御朱印とは本来は・・・ですので、うちはみなさんに納経していただいてるわけです。」と説明を頂き、無地に御朱印を頂けました・・・ホッ 緊張感満載でした。

DSC_3038-1.jpg
やっとこいただいた御朱印
「十文字写経」ですが納経の証として御朱印を頂く、本来の体験が出来る良い機会かもしれません。

posted by かめ忍者 at 09:55| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍群馬の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

高崎白衣大観音 慈眼院(群馬県高崎市)

高崎白衣大観音(たかさきびゃくえだいかんのん)
観音山 慈眼院(じげんいん)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市石原町観音山2710−1 鎮座

高崎観音.jpg
字号標

DSC_2627.jpg
「高崎白衣大観音」は1936年に群馬県高崎市の実業家である井上保三郎氏によって建立されて以来、高崎市のシンボルとなっています。
高さ41.8メートル、重さ約6,000トン
胎内拝観
胎内は、20体の仏様や高僧の像があり、観音様の肩の高さまで(9階)まで登ることができます。
胎内拝観料 大人・高校生以上300円 小人・中学生以下100円

DSC_2620.jpg
白衣観音説明版

DSC_2619.jpg
手水舎

DSC_2621.jpg
太鼓橋の先に本堂が見えます

DSC_2626.jpg
大師堂
関東八十八ヶ所霊場開創に伴い平成8年に建立された


東国花の寺百ヶ寺のひとつに選ばれており全山約三千本の桜をはじめ一年を通して四季折々の草花を楽しむことができます。


DSC_2622.jpg
本堂

慈眼院は高野山真言宗の寺院で山号は観音山(かんのんざん)

高野山真言宗の別格本山にあたります。
もとは、公園として整備し、モニュメントとして「白衣観音」を建てましたが、その後「慈眼院」が白衣観音の近くに創建されたそうです。

慈眼院はもともと高野山金剛峯寺の塔頭寺院のひとつで、学侶方の寺院として隆盛を誇っておりました。
明治の廃仏毀釈で高野山でも寺院の統合廃寺がすすむなか、衰退しつつも慈眼院は昭和初期まで存在しておりました。

公園として整備し、モニュメントとして「白衣観音」を建てましたが、その後「慈眼院」が白衣観音の近くに創建されたそうです。
昭和16年(1941年)に高野山より別格本山として高崎への移転が決まりました。

創建は、鎌倉中期、執権北条義時の三男、相州極楽寺入道重時と伝えられます
寺記によると、元禄時火災により炎上、過去帳や古文書の類はことごとく焼失したといわれています。続紀伊風土記には、本尊の聖観世音菩薩は鎌倉坂下村の安左衛門という文人が由比ヶ浜で漁をしたときに網にかかった尊像とあります。


DSC_2623.jpg
扁額

DSC_2625.jpg
本堂説明版

DSC_2628.jpg
本堂には燈籠が沢山

DSC_2624.jpg
御朱印は慈眼院本堂の右側の「授与所」で頂くことできます
札所等
関東八十八ヶ所 一番札所
上州三十三観音霊場 特別霊場
東国花の寺百ヶ寺

DSC_3036-2.jpg
「大白衣観音」御朱印

DSC_3036-3.jpg
関東八十八ヵ所霊場一番札所となっております。

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍群馬の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

進雄神社(群馬県高崎市)

進雄神社(すさのおじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市柴崎町801 鎮座

DSC_2607.jpg
社号標

DSC_2605.jpg
一の鳥居は朱の大鳥居

DSC_2606.jpg
二の鳥居

DSC_2608.jpg
手水舎

DSC_2609.jpg
神橋

DSC_2611.jpg
社殿前、青銅の狛犬(吽形)

DSC_2612.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2610.jpg
拝殿

DSC_2613.jpg
扁額
明治天皇の外祖父中山忠能公が染筆したものだそうです 

DSC_2615.jpg
本殿

須佐男・須佐之男・素盞雄
進雄でもスサノオとはちょっと読めなかった
祀ってある主祭神は、祇園祭で有名な京都八坂神社と同じ「須佐之男命(すさのおのみこと)」で、その他に稲田姫命様ほか二十四神が合祀されています

由緒書きより
進雄神社は、貞観十一年(869年)諸国に疫病蔓延の時に、清和天皇の勅掟により尾州津島神社を勧請して当地に創祀され以来千百数十年にわたり、皆様の健康と厄除を御護りし、広く崇敬されてまいりました。
天喜五年(1059年)源頼義公奥州征討の時に当神社を深く崇拝せられ武運長久を祈誓され、凱旋にあたり社殿を修造し神領を寄進されました。

戦国時代の武田、上杉、北条等の武将達の書状が今に伝えられ、戦勝祈祷文書や社家の安堵状等篤く崇拝された様子がしのばれます。
高崎藩主、箕輪城主より神領が寄進され奉幣の儀が度々行われ、寛永十一年に徳川家光公より御朱印三十石が寄進され、以来幕末まで続いておりました。

明治初年に神仏分離により、それまでの「天王宮」から雄大に進むを祈誓して大神様を社号とする「進雄神社」と改称され平成の御代に総檜、権現造の御社殿を新築造営すると共に神域を整厳しました。」



DSC_2616.jpg
御朱印は境内左手にある授与所で拝受
初穂料は300円

DSC_2956-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 19:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

東京 桜新町のおはぎ専門店 「タケノとおはぎ」

DSC_2962.jpg
東京 桜新町 タケノとおはぎ
息子、次男坊が出掛けて購入しました

元々で人気店なのですが ドラマ「さぼリーマン甘太郎」の放送からさらに火がつき行列の超人気店・・・

1505687223546.jpg
つぶあん、こしあん、さくら、栗とラム酒、ナッツ、麻の実、ココナッツ

ユニークな食材の組み合わせが楽しい

「まさに、この美味しさは甘味のみぞ知る!」


桜新町から用賀方面に向かって徒歩5分。ガラス張りの落ち着いた雰囲気の建物が、おはぎの専門店「タケノとおはぎ」です。

店名の「タケノ」は、店主・小川寛貴さんのおばあちゃんの名前。タケノおばあちゃん直伝のこしあんと粒あんのほか、季節によって変わるおはぎを販売しています。


タケノとおはぎ
東京都 世田谷区桜新町1-21-11 MAP
03-6413-1227
12:00〜18:00(売切次第、終了)
定休日 月、火曜
HP:https://www.facebook.com/1665389700383515/


posted by かめ忍者 at 22:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

倉賀野神社(群馬県高崎市)

倉賀野(くらがの)神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市倉賀野町1263 鎮座

倉賀野町に鎮座、BOØWY氷室京介の地元ですね。参拝によく行かれていたとか
「彼の家は、高崎から1つ目の駅倉賀野にあった。噂話好きの優しい人たちと、静かな風景。そして大きな川と空っ風にふかれる豊かな四季のある街だった。」(大きなビートの木の下でより)
DSC_2602.jpg
社号標

DSC_2601.jpg
鳥居

DSC_2590.jpg
手水舎

DSC_2593.jpg
狛犬

DSC_2592.jpg

DSC_2591.jpg
拝殿

DSC_2600.jpg
拝殿を斜めより撮影

DSC_2603.jpg
拝殿を見上げて見える彫刻は「飯玉縁起」の伝説を物語っています

DSC_2594.jpg
扁額

DSC_2598.jpg
本殿
御祭神
大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)

第十代崇神(すじん)天皇48年、または大同2年(807年)に創始と伝えられ、倉賀野宿と近隣の七ヶ郷の総鎮守です。
旧社名は飯玉宮(いいだまぐう)、大国玉神社と呼ばれる時代を経て、明治43年(1910年)の神社合併により倉賀野神社となりました。



DSC_2597.jpg
説明版
歴史・沿革
第十代崇神天皇の御代、国中に疫病が広まり、帝は倭大国魂神に祈願して災厄を鎮めた。
やがて皇子の豊城入彦命は東国の平定を命ぜられる。そして、出立のとき帝から御愛石を授けられた。
社伝によると、豊城入彦命はこの御愛石を御魂代として祭祀された。この石は倭大国魂神の御分霊と伝わり「ご神体のクニタマさま」として今も御本殿に奉安される。
大同二年(807)坂上田村麻呂公が造営舞楽を奏上。
建長五年(1253)倉賀野三郎高俊(武州児玉党の余流で倉賀野氏の始祖)が社殿を造営。
以後、社殿の建替え、修復が繰り返されてきた。



DSC_2589.jpg
参道、社務所の間に神饌田

DSC_2588.jpg
境内の左脇参道にある鳥居

DSC_2595.jpg
御朱印は社務所にて頂きました
不在だったのでインターホンを鳴らしたら奥から出て来て書いて下さいました。


DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 14:35| 栃木 ☔| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

小祝神社(群馬県高崎市)

小祝神社(おぼりじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市石原町1247 鎮座

DSC_2572.jpg
社号標

DSC_2571.jpg
鳥居

DSC_2570.jpg
手水舎

こちらの神社は、延喜式神名帳に記載された「式内社」になります。
また、上野国七宮になります。

参考に群馬の一の宮以下は
一ノ宮・貫前(ぬきさき)神社
二ノ宮・二宮赤城神社or三夜沢赤城神社
三ノ宮・三宮神社
四ノ宮・甲波宿禰(かわすくね)神社
五ノ宮・若伊香保神社
六ノ宮・榛名神社
七ノ宮・今回来た小祝神社
八ノ宮・火雷神社
九ノ宮・倭文(しどり)神社

DSC_2569.jpg
社号標

DSC_2576.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2577.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2574.jpg
拝殿
神社自体はこじんまりしていて境内は広くはありません。神社の西側の境内の中には石原第一保育園がありました。そんな中文化財に登録されている社殿は彫刻や色鮮やかな絵などなかなか立派でした。

DSC_2578.jpg
扁額

DSC_2580.jpg
本殿
主祭神、少彦名命(スクナヒコナノミコト)

由緒によると、
国史では、「小祝神」の神階が元慶四年(880年)に正五位下から正五位上勳十二等に昇叙された旨の記載が見えるが、創建ははっきりしない。
延長五年(927年)上野十二社第七社に加えられている。
小祝神社は、江戸時代には小祝大明神と呼ばれていた。そして片岡の鎮守として、また安産子育て、医薬の守護神として崇敬篤い社である。ということです。


DSC_2581.jpg
小祝神社案内板

DSC_2575.jpg
絵馬堂

DSC_2573.jpg
社務所で呼鈴をならすと宮司さんのお母さんだと思いますが対応していただき無事御朱印をいただくことが出来ました。(宮司さん不在なのでハンコでした)

DSC_2958-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 02:53| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

群馬県護国神社(群馬県高崎市)

群馬縣護國神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市乗附町2000 鎮座

DSC_2558.jpg
社号標

DSC_2559.jpg
一の鳥居
中央がコンクリート舗装で鉄製の手摺り

DSC_2560.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2561.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2562.jpg
手水舎

DSC_2563.jpg
二の鳥居

DSC_2564.jpg
二の鳥居を抜け社殿へ続く参道

DSC_2565.jpg
拝殿

DSC_2566.jpg
本殿
御祭神・群馬県出身関係殉国の英霊

由緒(護国神社HPより)
明治維新以来の国難に際し、尊い生命を捧げて私たちをお守りくださった方々の神霊を奉斎するために、明治42年群馬県招魂会が結成され、高崎公園内に英霊殿が建立されて年々盛大に招魂祭が執行されてきたが昭和14年この祭祀を継承して、群馬縣護國神社を造営することなり、挙県一致のもとに御造営にとりかかり、多額の浄財と述べ12万人の勤労奉仕もあって、遥かに皇居に向かって現境内地に御社殿を御創建、昭和16年11月19日支那事変に到るまでの3.573柱の祭神を合祀し鎮座祭が執行された。 その後、大東亜戦争関係の祭神を次々と合祀して、その数は47,000柱を超え、県民崇敬の新しい祭事が営まれている。


DSC_2568.jpg
平和の礎
平成2年、平和の礎建立委員会「郷土部隊関係者」建立
境内で一番新しい慰霊碑

DSC_2567.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:18| 栃木 ☀| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング