2017年09月08日

竹田の姫だるま

DSC_2956.jpg

DSC_2957.jpg

DSC_2958.jpg

古典的な日本美人の顔をした姫だるまで、かつては「福女」とか単に「おきあがり」とよばれていた
大分県の竹田地方では、大正時代の頃まで、正月にこのだるまを各戸に配って歩く祝いの行事があった。
正月2日の未明、ホギト(祝人)と呼ばれる使者が「おきあがり、おきあがりー」と声をかけながら玄関や戸口にだるまを置いていく。
各家ではホギトにご祝儀を渡し、だるまは神棚や酒樽の上へ飾ります
髭面の男だるまとは違い、この姫だるまは着物の襟元がくぼみ、あごや顔の輪郭が立体的に作られている。
大きさは小8センチから大50センチくらいまでの8種。
新年に幸運を呼ぶ、招福・無病息災のお守りです。


竹田姫だるま.jpg

「水曜どうでしょう」九州最大の聖地
豊後竹田の「後藤姫だるま工房」にて作られています
放送はもう何年も前ですが「西日本原付制覇」で大泉洋さんの高崎のだるまとお見合い、めでたく結婚したのが竹田の姫だるまです

水曜姫だるま.jpeg

この農家が手掛ける民芸品「姫だるま」に人気が集まり、予約で約3年待ちとなっている。
家庭円満や商売繁盛を願う柔らかな表情が特徴で、縁起物として注文が相次ぐ。江戸時代からの伝統をたった1軒の親子が引き継ぐ。手作りで、1体仕上げるのに1週間ほどかかる。

稲作農家で、後藤姫だるま工房を営む後藤明子さん(80)と、長男の妻の久美子さん(59)が受け継ぐ(2017年現在)
江戸時代の武家の女性がモデル。木型に和紙などを張って形を作り、絵の具で顔などを描く。明子さんが目や眉の絵付けを担い、久美子さんが口元を描く。

竹田市では戦前まで、だるま作りが盛んだったが、戦時中に衰退。
1952年に同工房が復活させた。明子さんは60年間、姫だるまと向き合ってきた。「一つ一つに愛情を込める。子どもを育てるのと一緒です」筆に思いを込める。


後藤姫だるま工房
〒878-0035 大分県竹田市吉田889
TEL 0974-62-3735

私が購入したのは現地でなく、栃木県日光市の古道具屋さんでした。
以前から気になっていた竹田姫だるま!これも巡り合わせでしょうか!ご利益を感じます。

posted by かめ忍者 at 21:55| 栃木 ☀| Comment(2) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング