2017年09月13日

群馬県護国神社(群馬県高崎市)

群馬縣護國神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市乗附町2000 鎮座

DSC_2558.jpg
社号標

DSC_2559.jpg
一の鳥居
中央がコンクリート舗装で鉄製の手摺り

DSC_2560.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2561.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2562.jpg
手水舎

DSC_2563.jpg
二の鳥居

DSC_2564.jpg
二の鳥居を抜け社殿へ続く参道

DSC_2565.jpg
拝殿

DSC_2566.jpg
本殿
御祭神・群馬県出身関係殉国の英霊

由緒(護国神社HPより)
明治維新以来の国難に際し、尊い生命を捧げて私たちをお守りくださった方々の神霊を奉斎するために、明治42年群馬県招魂会が結成され、高崎公園内に英霊殿が建立されて年々盛大に招魂祭が執行されてきたが昭和14年この祭祀を継承して、群馬縣護國神社を造営することなり、挙県一致のもとに御造営にとりかかり、多額の浄財と述べ12万人の勤労奉仕もあって、遥かに皇居に向かって現境内地に御社殿を御創建、昭和16年11月19日支那事変に到るまでの3.573柱の祭神を合祀し鎮座祭が執行された。 その後、大東亜戦争関係の祭神を次々と合祀して、その数は47,000柱を超え、県民崇敬の新しい祭事が営まれている。


DSC_2568.jpg
平和の礎
平成2年、平和の礎建立委員会「郷土部隊関係者」建立
境内で一番新しい慰霊碑

DSC_2567.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:18| 栃木 ☀| Comment(0) | ⛩群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング