2017年10月29日

曹洞宗大本山 「總持寺」(神奈川県横浜市)

諸嶽山 総持寺(しょがくさん そうじじ)
2017年(平成29年)8月27日参詣
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1 鎮座

総持寺は永平寺と並ぶ曹洞宗の二大本山
二大本山に相応しい敷地面積が巨大な大寺院で関東でも最大級
境内にある鶴見大学を運営している。
石原裕次郎のお墓があることでも有名です

DSC_2911.jpg
寺号標

DSC_2913.jpg

DSC_2915.jpg
長い参道

DSC_2916.jpg
三門

DSC_2908.jpg
手水舎

DSC_2907.jpg
大祖堂
道元、瑩山紹瑾など歴代の祖師を祀る

DSC_2909.jpg
扁額

DSC_2910.jpg
堂内

DSC_2906.jpg
仏殿
本尊釈迦如来像を安置する

能登国櫛比庄(現在の石川県輪島市)の真言律宗の教院「諸嶽観音堂」が、「總持寺」の前身である
1911年(明治44年)に石川県から神奈川県に移転してきた

DSC_2901.jpg
香積台
御朱印は仏殿と大祖堂の間の道を通り金鶏門をくぐって左側にある、この「香積台」という建物の中でいただけます。香積台は総受付になります。

DSC_2902.jpg
香積台内の大黒天

DSC_2904.jpg
香積台内の総受付
引き戸を開けて声をかけてお願い致しました

DSC_3468-1.jpg
御朱印

大本山總持寺で御朱印と言えば御朱印と一緒に達磨の絵を書いていた老師様ですが遷化(逝去)致されました
この場を借りて老師の品位の増祟(ご冥福)を祈念いたします。

posted by かめ忍者 at 10:48| 栃木 🌁| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

くいだおれ太郎 プリン

大阪の道頓堀と言えば
グリコ看板.jpg
グリコの看板(6代目)

カニ道楽.jpg
かに道楽

kuidaore1.jpg
くいだおれ太郎


息子の大阪土産!オモロイお土産!
「くいだおれ太郎プリン」
DSC_2964.jpg
一箱で3個入っています

くいだおれ.jpg
紙袋には「わての帽子、どこいったんやろ」

DSC_2963.jpg
可愛い帽子は箱の中にあったで

DSC_2965.jpg
取説?

DSC_2966.jpg


DSC_2968.jpg
それに美味い
プリンは濃厚なクリームブリュレ風の味わい。さらには「カラメルソース」と「カラメルクラッシュ」が入っていて、食べる直前に「カラメルクラッシュ」をふりかけます。
口の中でパリパリのカラメリゼの食感を味わうことが出来るのです!
「本格的」な「くいだおれプリン」味もインパクトでも満足

この逸品は、大阪「太郎フーズ」と洋菓子店「堂島スウィーツ」が共同開発したとのことです

posted by かめ忍者 at 23:55| 栃木 ☔| Comment(0) | プリン(pudding) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

修復工事中 児玉神社(神奈川県藤沢市)

児玉(こだま)神社
2017年(平成29年)8月27日参詣
神奈川県藤沢市江の島1丁目4番3号 鎮座

江の島入口にある江島神社青銅の鳥居をくぐり、賑やかな仲見世通りを上って行きます。
江島神社の朱の鳥居の前に、左へと続く別の参道があり、それが「児玉神社」へと続いていています

児玉神社は明治時代に活躍した陸軍大将・児玉源太郎を祀った神社
DSC_2835.jpg
「児玉神社参道」と書かれた石碑

DSC_2838.jpg
看板
ご由緒なども書かれていました

DSC_2842.jpg
社号標

DSC_2839.jpg
一の鳥居

DSC_2843.jpg
二の鳥居

DSC_2844.jpg
三の鳥居
そしてその先には社殿があるはずなのですが・・・ないです!なんの前情報もなく参拝したので嫌な予感が頭を過りました

DSC_2846.jpg
手水舎

DSC_2850.jpg
神楽殿 修復工事中の看板
火災でなくホッとしました

DSC_2849.jpg

DSC_2847.jpg
雄の狛犬 銭を持ってます

DSC_2848.jpg
雌の狛犬 子供を抱いてます

写真を大きくして見て頂くと分かりやすいですが台座には「台湾総督 石塚英蔵」の文字
裏で写真には写っていないですが石材は台湾台北州観音山と書いてありました

DSC_2845.jpg
本殿

勝運の神 児玉神社は日露戦争の満州軍総参謀長として勇名が高く文部大臣、内務大臣、第4代台湾総督、南満鉄道経営委員長などの要職を務めた児玉源太郎大将(1853〜1906)を祭った神社です。

創建は1921年(大正10年)後藤新平らの尽力により、主要な社殿が建立された。

Gentaro_Kodama.jpg
児玉が生前、江の島を非常に愛していたことから、この地に神社が創建
江の島の他に、児玉源太郎の出生地である、山口県周南市にも児玉神社があります


修復工事中と言う、何とも残念な結果
また、事前に調べたところ、御朱印は扱っているようなのですが、この日は社務所にも人の気配はなく、頂くことはできませんでした。
改修工事中は閉まったままなのかもしれませんが、改修工事がいつまでなのか告知はされていませんでした(2017年8月27日現在)

台湾少年工ゆかりの神社でもある児玉神社は、すでに100年近くを経ており、阿里山檜を使用した拝殿の柱が腐り、2016年5月2日の例大祭直後より保存修復工事に取り掛かっています。併せて、社務所や参道整備工事も実施する予定だそうです。

児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願いサイト
がありました。

posted by かめ忍者 at 13:25| 栃木 🌁| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

美しい三姉妹の女神 江島神社(神奈川県藤沢市)

2017年(平成29年)8月27日参詣
神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号 鎮座

江の島は神奈川県藤沢市に有る湘南海岸から突き出た島で、そこに鎮座している神社
島へ渡るには、車道の『江の島大橋』と歩道の『江の島弁天橋』2つの橋が架かっています。もとは木製の橋でしたが、1964年の東京オリンピックのヨット競技に合わせ完成。

DSC_2836.jpg
社号標

DSC_2832.jpg
青銅の一の鳥居
1747年に造営され、1821年に沢山の人々の寄進によって再建
かつてこの鳥居は江の島参道の三ノ鳥居で他に2つの鳥居がありましたが、現存しているのはこの鳥居だけです。

DSC_2837.jpg
朱の二の鳥居
朱の鳥居は江戸時代に造られました。現在の鳥居は、1936年(昭和11年)に山田流筝曲の家元である林敏子さんの寄進によって再建されたものです。

DSC_2851.jpg
江島神社案内図
☆江の島の三女神
江島神社は、
『奥津宮』(オクツミヤ)
『中津宮』(ナカツミヤ)
『辺津宮』(ヘツミヤ)
の三社からなる神社です。

ご祭神は、天照大神(アマテラスオオミカミ)が須佐之男命(スサノオノミコト)と誓約を行った時に生まれた、宗像三女神(ムナカタサンジョシン)、三姉妹の女神様です。
この三女神を『江島大神』と呼ばれていましたが、神仏集合により『弁財天女』とされ『江島弁財天』として信仰されています。

DSC_2853.jpg
手水舎

DSC_2854.jpg
「辺津宮」拝殿

DSC_2858.jpg
高低差の有る江島神社の中で一番下に位置している事から昔は、『下之宮』と呼ばれていました

DSC_2856.jpg
「辺津宮」扁額

DSC_2882.jpg
「辺津宮」本殿
ご祭神は、三女神の中の『田寸比賣命』(タギツヒメノミコト)をお祀りしています

DSC_2855.jpg
「奉安殿」

DSC_2859.jpg
「奉安殿」(ほうあんでん)辺津宮の左手に有る八角のお堂で、源頼朝が奉納したとされる「八譬弁財天」(はっぴべんざいてん)と『日本三大弁財天』の一つとして有名な裸弁財天の「妙音弁財天」(みょうおんべんざいてん)が安置されています。

DSC_2890.jpg
「奉安殿」内は撮影禁止なので、有名な裸弁財天の「妙音弁財天」はお土産屋にあった人形をUP
※日本三大弁財天
竹生島神社(滋賀県琵琶湖)
厳島神社(広島県宮島)
江島神社(神奈川県)

DSC_2863.jpg
「辺津宮」の裏にある鳥居

DSC_2864.jpg
「中津宮」へ

DSC_2870.jpg
「中津宮」拝殿
古くは『上之宮』と呼ばれていました

DSC_2867.jpg
「中津宮」扁額

DSC_2871.jpg
「中津宮」本殿
ご祭神は、『市寸島比賣命』(イチキシマヒメノミコト)で、三女神の中でも格別美しい神様だそうです


enoshima-okutsumiya-torii.jpg
「奥津宮」の鳥居


奥津宮3.jpg
「奥津宮」社殿

奥津宮2.jpg
古くは、『本宮』または『御旅所』(オタビショ)と呼ばれていました。
ご祭神は、三女神の一番上の姉神で有る『多紀理比賣命』(タギリヒメノミコト)です

enosimajinja.jpg
拝殿の天井に描かれている「八方睨みの亀」
江戸の絵師、酒井抱一によって描かれました。こちらは模写で、本物は社務所に保管されているそうです。

岩屋本宮.jpg
龍宮(わだつみのみや)
1993年(平成5年)に奥津宮隣の岩屋本宮の真上に有志によって建立されました。

岩屋本宮1.jpg
岩屋本宮
龍神伝説発祥の地

533年に欽明天皇(きんめいてんのう)の勅命により江の島の南にある洞窟に宮を建てたのが始まりといわれています。当時は神と仏は一体であるという神仏習合の考え方が一般的だったため、神社ではなく金亀山与願寺という寺院でした。

その後、814年に空海が岩屋に本宮を造り、853年には慈覚大師が上之宮(中津宮)を創建します。1206年には、慈覚上人良真が鎌倉幕府三代将軍の源実朝に願って下之宮(辺津宮)を造りました。

江島神社に弁財天信仰を持ちこんだのは、鎌倉幕府を開いた源頼朝です。頼朝は平家打倒を願って岩屋に参拝し、八臂弁財天と鳥居を奉納しました。戦国時代になると江の島の弁財天は戦いの神として東国の戦国武将に信仰されるようになります。

江戸時代になり戦いが無くなると、弁財天は芸能上達や金運向上の神様として信仰されるようになりました。1600年には徳川家康も弁財天に参拝しています。江戸時代中頃になると庶民の信仰も集めるようになり、東の弁財天信仰の中心地として大いに栄えました。

明治時代に神仏分離令が発布され、金亀山与願寺は宗像三女神(むなかたさんめがみ)を祀神をする江島神社になります。弁財天は辺津宮の奉安殿に移されました


DSC_2857.jpg
辺津宮にある社務所にて御朱印を頂きました

DSC_3367-1.jpg
江島神社 御朱印

DSC_3368-1-1.jpg
弁財天 御朱印

posted by かめ忍者 at 10:39| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

ミャンマー「フクロウ」黄金のお守り

ミャンマーにおける「ふくろう」は、幸運をもたらすラッキーな鳥。
息子が大学のある企画で教授から頂いたふくろうのお守り。

DSC_3364.jpg

DSC_3363.jpg

DSC_3362.jpg

ミャンマーではパゴダの境内の売店や、市場のお土産物やさんで 売っていることもあります。

ミャンマー人の利用方法としては、フクロウの頭の部分を取り外して 中にお経などを入れて仏壇の脇に置いたりします。
日本でいうところの招き猫のような意味もあり、「商売繁盛」や「家内安全」などの願いを込めておいておきます。
オスとメスのペアだと更に幸福を呼ぶといわれています。

posted by かめ忍者 at 11:44| 栃木 ☔| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング