2018年02月27日

ギョッ、餃子おみくじ!宇都宮「二荒山神社」

毎年餃子の消費量一位を争っている宇都宮市

その宇都宮の市街地に鎮座しているのが二荒山神社で、宇都宮の街を造ったと云っても過言ではない社。そんな神社に現れた「餃子のおみくじ」は、至極必然とは云いながらも驚きは隠せません。

gyouzaomikuji.jpg
恐らく日本唯一の「餃子のおみくじ」

gyouzaomikuji2.jpg

宇都宮二荒山神社
栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1 鎮座

posted by かめ忍者 at 02:39| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

樺崎八幡宮(栃木県足利市)

樺崎八幡宮(かばさきはちまんぐう)
2017年(平成29年)11月25日参詣
栃木県足利市樺崎町1261 鎮座

去年11月の「足利の文化財一斉公開」(クリック)
に参拝しました

DSC_3674.jpg
社号標

DSC_3675.jpg
一の鳥居

DSC_3676.jpg
二の鳥居

DSC_3677.jpg
手水舎

DSC_3678.jpg
拝殿

DSC_3681.jpg

DSC_3679.jpg
拝殿

DSC_3680.jpg
本殿
祭神:誉田別命 源義兼公(足利義兼公)

案内板による由緒。
「樺崎八幡宮は、正治元年(1199)、足利義兼の生入定※の地に八幡神を勧請し、義兼の霊を合祀したことに由来する。
本殿は、天和年間(1681〜1684)の再建といわれ、昭和六十三年度・平成元年度の保存修理で、本来の造りであった隅木入春日造(軒唐派風)に復元した。
この建物は意匠上においても種々の面で卓抜したものがあり、歴史的由来とあわせて価値の高い建造物である。
 (昭和六十一年九月二十四日 足利市指定)

※[生入定(いきにゅうじょう)]
密教の教義において、僧は死なず、生死の境を超え弥勒出世の時まで、衆生救済を目的として永遠の瞑想に入ると考えられている。僧が入定した後、その肉体は現身のまま即ち仏になるため、即身仏と呼ばれる。日本で最初に入定したのは空海で、空海は死んでおらず現在も高野山で入定しているというのが、空海が居住している高野山の公式見解である。

DSC_3684.jpg
文化財公開だったので本殿床下の足利義兼(ヨシカネ)が生入定したとされる場所
「足利義兼公御廟」とうっすら書かれた墓標がたっていました

DSC_3685.jpg
御朱印は、参道右側の社務所で頂けました。普段は非常駐です。

DSC_4078.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 23:50| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

東京634バーグ(TOKYO MUSASHI BURG)

東京634バーグ(TOKYO MUSASHI BURG)
634と書いて「むさし」というらしい

DSC_4075.jpg
株式会社ペッパーランチが運営するステーキチェーン店です。
他にも「いきなり!ステーキ」「ペッパーランチ」「炭焼きステーキ・くに」「牛タン仙台なとり」などをチェーン展開しています。


東京634バーグは、フードコートスタイルのお店として 1皿盛り切りの サラダバーを併設したヘルシーなハンバーグ屋さん
ショッピングモール内なので雰囲気良いとは言えませんが、素早く出てくるのでお腹が空いているときには利用するのもいいかもです。


とにかく肉を食べようと言う事で
頼んだものは
DSC_4077.jpg
こちらは同行したパートナーがオーダーした
サーロインステーキ(120g)ライス付¥890

DSC_4076.jpg
私は、ワイルドステーキ(200g)ライス付¥1120
ワイルドステーキはアメリカ産の牛肩ロースを使用

脂肪が少ないアメリカ産の牛肉なので、いくらでも食べられてしいそう!
個人的には霜降りの和牛より赤身の輸入牛が好きなので、こちらの店はお気に入りです。
カロリーを気にする方は赤身肉を食べましょう。
どの肉も比較的、脂肪は少なめですが、肉の脂が苦手な方にはヒレステーキかサーロインステーキを推奨します。


ごちそうさまでした。

店名 東京634バーグ イオンモール春日部店
TEL・予約 048-812-8013
住所 埼玉県春日部市下柳420-1 イオンモール春日部 2F
営業時間 9:00〜22:00(L.O.21:30)

posted by かめ忍者 at 21:49| 栃木 ☁| Comment(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

「秋の桜川さんぽ」限定御朱印 五所駒瀧神社

五所駒瀧(ごしょこまがたき)神社
2017年(平成29年)11月18日参詣
茨城県桜川市真壁町山尾503 鎮座

「秋の桜川さんぽ」(クリック)
なるイベント期間に足を運びました
DSC_3646.jpg
春は桜が、夏は新緑が、秋は紅葉が、山懐に抱かれた谷あいに流れる川が生み出す、ここにしかない景色が、各々の季節、訪れるものを魅了する。
この自然に恵まれた景色、昔の人々が神の住むところとして大切にしてきた風景を守り伝えるために神主は自然に触れ森を再生し、昔ながらの生活を大切にする「千年の森の会」をつくり活動している。

DSC_3647.jpg
一の鳥居と脇に建つ社号標

DSC_3649.jpg
二の鳥居

DSC_3650.jpg
三の鳥居

DSC_3653.jpg
手水舎

DSC_3658.jpg
狛犬

DSC_3652.jpg
拝殿

DSC_3657.jpg
本殿

創建は1014年(長和3年)、三条天皇の御代と伝えられます。
真壁富士権現山の山懐に一条の瀧があり、地元の村人らが、五穀豊穣を願ってこの瀧の近くに祠を祀ったのが始まりと言われています。
村人からは明神様としてあがめられ、この瀧に馬がたびたび現れたことから駒下瀧と呼ばれるようになり、この祠も駒下瀧明神と呼ばれるようになったそうです。
1172年(承安2年)、初代真壁城主・真壁六郎長幹が駒下瀧明神を真壁の総社としました。
地元では厄除けの神社として知られています。

DSC_3655.jpg
授与所にて御朱印をいただきました

DSC_3664.jpg
「秋の桜川さんぽ」イベントの限定御朱印

前回2015年9月20日以来の参拝(クリック)
です

posted by かめ忍者 at 12:03| 栃木 ☀| Comment(0) | 茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

「秋の桜川さんぽ」限定御朱印 椎尾山 薬王院(茨城県真壁町)

椎尾山 薬王院(しいおさん やくおういん)椎尾寺
2017年(平成29年)11月18日参詣
茨城県桜川市真壁町椎尾3178 鎮座
天台宗
筑波山の尾根が途中でポコンと山になります。ポコンと飛び出た「椎尾山」の中腹にあります。

DSC_3632a.jpg
参道入口

DSC_3634a.jpg
寺号標

DSC_3635.jpg
仁王門

DSC_3636.jpg
石段

DSC_3638.jpg
手水舎

DSC_3637.jpg
瑠璃殿

DSC_3644.jpg
瑠璃殿と後方に、三重塔

DSC_3639.jpg
扁額

782年(延暦元)最仙上人による開山と伝える古刹。

DSC_3640.jpg
鐘楼

DSC_3643.jpg
大きな一枚岩の前に広がる庭園(弁財天)

DSC_3642.jpg
授与所にて御朱印をいただきました

DSC_4028.jpg
「秋の桜川さんぽ」イベントの限定御朱印
開山した最仙上人の墨書き

「秋の桜川さんぽ」(クリック)
なるイベント期間に足を運びました

前回2016年6月18日以来の参拝(クリック)
です

posted by かめ忍者 at 03:15| 栃木 ☁| Comment(2) | 卍茨城の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング