2018年03月26日

ペトロナスツインタワーの夜景 in マレーシア。

DSC_4190.jpg

ペトロナスツインタワー
(マレー語:Menara Berkembar Petronas、英語:Petronas Twin Towers)
1998年に完成したマレーシアのクアラルンプールに建っている高さ452mの超高層建築物である。ペトロナスタワー、ペトロナスタワーズとも呼ばれる。

DSC_4187.jpg
クアラルンプールにて最初に観光しました
夜景は素晴らしい!!
白銀に輝く熱帯夜のクアラルンプール最大のモニュメント、ペトロナスツインタワー
その風貌に圧巻されました。

タワー1を日本のハザマが、韓国のサムスン物産建設部門がタワー2を建設したという

DSC_4188.jpg
KLCCパーク噴水先のビルもライトアップされていて、これも綺麗

ペトロナスビューの部屋をブッキングできたのでホテルの部屋でタワーを眺められました

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 | Comment(0) | マレーシア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

配車アプリGrab体験記 in マレーシア。

2018年3月18日マレーシア・クアラルンプール入りしました
事前にガイドブックにて いろいろ情報を入れての入国
入国しての移動方法も調べました。鉄道(LRT、MRTなども)タクシー、バスetc

DSC_4196.jpg
↑マレーシアのTAXI

クアラルンプールで留学中の息子と合流しました

タクシーを使おうとしたところ
配車アプリGrab(グラブ)にて呼ぶということ?(ガイドブックには書いていないぞ?)
息子曰く
「Grab(グラブ)、Uber(ウーバー)の配車アプリは海外行った人なら皆知ってるよ!」
ここ数年ご無沙汰な海外だが、海外は結構渡航してる私としてはジェネレーションギャップを感じました

日本でタクシーに乗る時は、流しのタクシーが通っている所まで自らが行って呼び止めるか、タクシー会社に直接連絡をして家まできてもらう、という方法がまだまだ主流でしょう。
しかしアジア圏では、アプリを利用して乗りたい場所までタクシーを呼ぶことが主流になってるそう

分かりやすい表現だと、白タクかな?

DSC_4364.jpg

調べてみた
アジアで好調に業績を伸ばしている配車アプリがGrabタクシー(本社:シンガポール)
Grabタクシーは2012年からサービスが始まり、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、東南アジアで利用者が急増している。

Uberとの差は、面談により、身元確認ができたドライバーとだけ契約している点らしい

2014年にソフトバンクらが300億円を出資し筆頭株主に

Grabタクシーのメリットはとてつもなく大きい
料金は3割ほど通常のタクシーより安く設定されている。乗車する前に料金がわかるので、とても安心だ。自分のいる場所から目的地で検索するので、行き先を伝える必要がない。アイコンの車がこちらに向かっているのかもスマホでよくわかる。

お金の支払いですが、お金はその場で現金で支払うことが可能
アプリ上でクレジットカード番号を設定しておけば、その場で支払う必要はなく後日引き落としになります。

DSC_4275.jpg

「テレマカシー(ありがとう)」

posted by かめ忍者 at 10:20| 栃木 🌁| Comment(0) | マレーシア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

マレーシアのプリペイドSIM、MAXIS

DSC_4180.jpg
マレーシア・クアラルンプール国際空港に到着し、最初に探したのがプリペイドSIM

普段、格安SIMの「Fiimo」ユーザーなので、海外に行くと現地の通信はそのままでは利用できないんでマジで不便。
移動中いろいろ調べたりマップを見ながら目的地へ行くのに必要不可欠で、現金と同じくらい大事
今回はマレーシアい留学中の息子と連絡を取るのにも欠かせないツールとなります


ドコモ・au・ソフトバンクを利用していると現地SIMを取り扱いする通信業者と提携しているので、定額データローミングサービスを利用すれば、空港降り立った瞬間にすぐに通信利用することができますが・・・高いかな

格安SIMだと現地入りしてすぐに通信利用できません。
SIMフリー端末を使用しているのであれば、ぜひとも設定したいのが現地の通信事業者が提供するSIMです。
マレーシアの大手通信事業者は、CELCOM(セルコム)とmaxis(マキシス)が有名
今回は、maxisが提供するプリペイドのSIMサービス「HOTLINK」を利用しました。

到着するターミナルによっては、空港間接続の電車にのる必要があります。
メインターミナルの方に到着すると、ショップ店舗立ち並ぶエリアが広がります。
入国審査や手荷物受け取りクレーンへ向かう途中に、現地SIMの取り扱いカウンターが並んでいる場所があります。


DSC_4179.jpg
maxisが提供するプリペイドSIMサービスである「HOTLINK」のSIMカード価格一覧です。

1.8GB 7日間 RM20(約6000円) 15分の無料通話付を契約

日本に比べると安いです
例えば、ドコモの海外パケ・ホーダイだと、1日あたり最大2,980円。5日間の行程なら単純に15,000円近くかかります。
それがmaxisなら7日間、1.8GBまでで600円!



英語は全然得意じゃないですけど、「Can I purchase this SIM card?」といって各プランを指さしたら分かってもらえました。
英語が全くしゃべれないって人でも「SIM Please!(シムプリーズ)」って言って、先ほどのメニュー表を指差せば、バッチリ!

あとは、端末を店員さんに渡したら、SIMの入れ替えやら初期設定含め全部やってくれます。
このHOTLINK店舗の場合、料金支払いは現金のみ。クレジットカードは使えないです。
手持ちに現地通貨のリンギットがない場合は、ひとつ上の階に換金所やATMがあるので用意しましょう。

作業は、ものの5分もあれば完了します

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | マレーシア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

マレーシア航空搭乗記 成田→KL

今回始めて乗るマレーシア航空
DSC_4454.jpg

例のジェット機消息不明事件と、追い打ちで起きた迎撃事件などなどありましたが

そのマレーシア航空でまずはクアラルンプールへ

DSC_4174.jpg
乗ってみると、枕やブランケットが置いてありました。
機内のモニター周りにUSBチャージもついていました!

DSC_4175.jpg
離陸してのドリンクサービスは、ナッツと一緒に

DSC_4176.jpg
機内食は既に1種類しか残ってなく和食1択

DSC_4178.jpg
まあまあ快適にKLまで運んでくれました

マレーシア航空(英語: Malaysia Airlines/Malaysian Airlines Berhad、略称:MAS & MAB、マレー語: Penerbangan Malaysia MYX: 3786)は、マレーシアのフラッグ・キャリア。

posted by かめ忍者 at 15:32| 栃木 ☁| Comment(0) | マレーシア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

足利高福寺(栃木県足利市)

祥林山 高福寺
2017年(平成29年)11月25日参詣
栃木県足利市家富町2523 鎮座

祥林山高福寺は、足利市役所の南にあります。
境内前の道路沿いに駐車場がありますが、この付近は一方通行が多く注意が必要です。

DSC_3749.jpg
山門

DSC_3750.jpg

DSC_3751.jpg

DSC_3746.jpg
手水舎

DSC_3747.jpg
本堂

DSC_3743.jpg
扁額

由緒書きより
中世より古庵として在ったものを、万治二年(1659)に牛堂和尚が玄修和尚を勧請し、曹洞宗として開創
本尊は阿弥陀如来
現在の本堂と庫裡は天明二年(1782)当寺第10世道富和尚の代に、山門は第11世鉄巌和尚の代に、書院は昭和49年(1974)第17世哲應和尚の代に建立。
本堂の右手に六地蔵、思惟菩薩、蓮華手菩薩などの石仏と地蔵堂閻魔堂)在り
故武井哲應和尚の元で大勢が座禅。師の遷化後も座禅会は継承され現在に至る。


DSC_3744.jpg

DSC_4155.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 20:59| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング