2018年03月17日

とりけるちーずケーキ、とろけるショコラ(住吉屋)

お土産でいただきました
DSC_4175.jpg
★とろけるチーズケーキ
フランス産「KIRI」のチーズと富士山麓からの新鮮な卵、地元丹那牛乳を使用、まろやかなチーズの風味が最高!!

★とろけるショコラ
ベルギー産の厳選された「クーベルチュールチョコレート」を使用 とろりとした口当たりと、濃厚でコクのあるチョコレートが最高!!

DSC_4176.jpg


IMG_25871.jpg
TVや雑誌でも話題で年間22万個のとろける食感のチーズケーキを販売される「住吉屋 本店熱海」。
地元である熱海の素材を活かした商品づくりを心掛けられ、毎日手作りで安心・安全なスイーツを提供されています。

場所は、熱海の名所である「お宮の松」の近くに位置するため、地元民はもちろんのこと、観光客の利用も少なくありません。
熱海を本店に構え、湯河原店、真鶴店と3店舗展開されています。

住吉屋 熱海本店
住所:静岡県熱海市渚町13-2
TEL:0557-81-4744
営業時間:9:00〜19:30
無休(正月を除く)
http://torokeru-de.com/

posted by かめ忍者 at 03:36| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

ひっぱりだこ飯

西明石駅の名物駅弁としておなじみの「ひっぱりだこ飯」
西明石駅以外にも、大阪や兵庫の主要駅で販売されている大人気の駅弁がスーパーの駅弁特設コーナーで販売されていたので購入

DSC_4159.jpg
1998年、明石海峡大橋の完成を記念して発売されて以来、ロングセラーを続ける名物駅弁

DSC_4160.jpg
なんだかワクワクする容器ですね!(笑)

DSC_4161.jpg
タコ飯弁当のトップランナーは炊き込みご飯が秀逸
タコ壺風の陶製容器からは、タコのうま煮、アナゴしぐれ煮、タケノコ煮、菜の花などのおかずが姿を見せる。
その下に詰めた炊き込みご飯は自家製の特製スープで炊き上げており、もっちりとした米粒にはスープの味が良く馴染み、風味・食感共に素晴らしい。ご飯の中にはタコのすり身で作ったタコ天がしのばせてあるなど、食べ進むのが楽しい一品です。

「ひっぱりだこ飯」
価格:980円
調製元:淡路屋
購入日:2018年3月11日

posted by かめ忍者 at 11:48| 栃木 🌁| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

クリスピー・クリーム・ドーナツのバーバパパとのコラボ

アメリカ合衆国で1937年に創業したドーナツチェーン
クリスピー・クリーム・ドーナツ大好きです
DSC_4144.jpg
おぉ!クリスピー・クリーム・ドーナツ
横浜駅にて発見してしまい吸い込まれました

DSC_4142.jpg
バーバパパとのコラボ商品がデビュー!!!!

えーっと
バーバパパがストロベリー
バーバママがカスタード
バーバララがメロン
バーバズーがキャラメル

バーバパパ家族.jpg
ちなみにバーバパパファミリーは、こんなんです

DSC_4143.jpg
ショーケース内には美味しそうなドーナツがわんさか!

DSC_4145.jpg

DSC_4147.jpg
バーバパパ ストロベリー
バーバママ カスタード
バーバママ メロンの3つを購入

クリスピー・クリーム・ドーナツはアメリカのドーナツチェーン店で、1937年に創業。2006年に日本にオープンした時は大盛況でしたが、最近は閉店が相次いでます。
2016年の10周年に際して事業の見直しを計り、経営資源を三大都市に集中させるとのことです。
日本で苦戦した理由について、アメリカに比べて値段設定が高いことと、日本人の味覚には甘すぎなどあるらしいです・・・が、わたし個人的には、その甘すぎが最高です。

posted by かめ忍者 at 13:34| 栃木 🌁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

利性院 閻魔堂(栃木県足利市)

瑠璃山 醫王寺 利性院(るりざん いおうじ りしょういん)
2017年(平成29年)11月25日参詣
栃木県足利市井草町2388 鎮座

DSC_3703.jpg
閻魔堂入口

DSC_1405671.jpg
閻魔堂

DSC_3702.jpg

由緒(案内板より)
利性院(閻魔堂)は、瑠璃山醫王寺と号し、本尊は薬師如来で巴町にある法玄寺の末寺です。
現在は、高さ約2メートルの閻魔大王像が正面に奉られ、井草の閻魔様と親しまれています。
毎年1月十六日八月十六日は大祭が行われ、「交通安全」や「学業成就」などにご利益があり、近隣の信仰の厚い方々で賑わっています。
当お寺は、幾度かの火災で記録が焼失してしまい、詳しいことは分かっていませんが、古老の言い伝えや僅かな資料によりますと明暦年間(1655〜1657)勘礜善察和尚の創建と伝えられ明治二十五年二月の近隣の大火においては堂宇が焼失したにもかかわらず信徒の方々の機転により閻魔様の頭部のみが救われたと言い伝えられています。

DSC_3704.jpg
閻魔大王
中国の道教の神で地蔵菩薩の化身とも言われ、地獄に堕ちた方でも、地蔵菩薩が救い出すと云う信仰です。


地獄の釜の蓋も開くという藪入の日(奉公していた丁稚や女中など奉公人が実家へと帰ることのできた休日)は、地獄で閻魔大王が亡者を責めさいなむことをやめる賽日でもあり、利性院では『閻魔大王大祭』が行なわれています。
もともとの風習では、旧暦の正月16日と7月16日ですが、利性院では1月16日、7月16日に『閻魔大王大祭』を実施。

DSC_3707.jpg
閻魔堂となりの篠崎印刷さんに声がけをすると、堂内に上がり拝観することが出来て、御朱印もいただけます

DSC_3705.jpg
御朱印を書いていただいてる最中

DSC_3706.jpg
篠崎印刷のご主人様です。「いろいろ、ありがとうございました」

DSC_4076.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:31| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

大祥山 長林寺(栃木県足利市西宮町)

大祥山 長林寺(ちょうりんじ)
2017年(平成29年)11月25日参詣
栃木県足利市西宮町2884 鎮座

去年11月の「足利の文化財一斉公開」(クリック)
に参拝しました

DSC_3701.jpg
境内入口、寺号標

DSC_3690.jpg
山門

DSC_3692.jpg
仏足石

「足利の文化財一斉公開」期間中だったのでガイドの方々がいました、私たちには可愛い小学生が一生懸命に案内してくれました「ありがとう!」

DSC_3691.jpg
本堂
宗旨宗派 曹洞宗
本尊 聖観世音菩薩

足利長尾氏の菩提寺で約500年の歴史を誇る古刹です。
現在の本堂は昭和4年に建てたもので、当時としては珍しい鉄筋コンクリート造り

由緒(案内板より)
当寺は、室町時代の文安五年(1448)足利長尾氏の初代景人の創建になるもので、大見禅竜禅師が開山し長雲寺と称しました。
のちの享徳二年(1453)竜沢山長林寺と現在の名に改めました。
長尾氏代々の菩提寺としてその帰依が厚く、寺門興隆が伝えられる
由緒ある寺で、長尾氏関係、その他貴重な文化財が数多く保存されております。また明治時代には田崎早雲との関係深く作品も残されています。
墓域には長尾氏歴代墓所や、田崎早雲の墓碑もみられます。


DSC_3694.jpg
扁額

DSC_3696.jpg
本堂内の天井
当時はお寺のイメージを打ち破った近代建築だったでしょうね
設計者(小林福太郎)の意欲が覗えるすばらしい本堂でした。
ちなみに織姫神社も同氏の設計

DSC_3698.jpg
福禄寿を祀るお堂

DSC_3700.jpg
庫裡にて御朱印をいただきました

DSC_4075.jpg
御朱印

足利七福神の福禄寿御朱印もいただけますが、今回はご本尊のみにしました



posted by かめ忍者 at 08:57| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング