2018年03月29日

ニョニャ料理のリマプロ(Limapulo) in マレーシア。

マレーシアの旅2日目のランチは
ニョニャ料理のお店「Limapulo – Baba Can Cook」でいただきました。

DSC_4254.jpg
マレーシアには、プラナカン文化がありますが、そのプラナカンは中国人男性と、土地のマレー人女性が結婚して出来上がった独特の文化です。
その間に生まれた男性は、ババ(Baba)、女性ならニョニャ(Nyonya)というわけで、プラナカン独特の料理法がニョニャ料理です。簡単に言えば、中華とマラヤのスパイスが合わさって出来てます。


DSC_4253.jpg

DSC_4252.jpg
人気店のようでサラリーマンやOLさんで満席

DSC_4245.jpg

観光客は私達だけのようでした(笑)。

DSC_4244.jpg
しかし、お店のウインドウのはトリップアドバイザーのステッカーと日本語で書かれた切り抜き記事が貼られていたので観光客も沢山きているのでしょうね


ランチメニューは、12時〜15時まで。
メインだけだと、9.90リンギットとお安い

DSC_4243.jpg

DSC_4248.jpg
まずは、マレーシア定番の? テーアイス^^
甘い紅茶

DSC_4249.jpg
そして、ランチメニューから注文した、ニョニャラクサが運ばれてきました
とっても美味しそう!
フィッシュボール、鶏肉、卵、厚揚げ、かまぼこ、キュウリの千切りなど具沢山!
麺は、細麺と太麺の2種類が入っていました
スパイス×ココナッツミルクのスープは、とっても深い味で、2種類の麺に絡んでとても美味しい

DSC_4246.jpg
パートナーはこっちを食しました^^こちらも美味しそう

DSC_4251.jpg
お会計の際にレジを担当されていた小父さん、カタコトの日本語で「美味しい?ありがとう!」と声掛けてくれました^^

50, Jalan Doraisamy
KL (The Rowの1階、 シェラトンホテル前)
☎ 03 2698 3268

posted by かめ忍者 at 10:39| 栃木 🌁| Comment(0) | マレーシア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング