2018年05月31日

金谷ホテルベーカリー『金谷ハードバウム』

金谷ホテルベーカリーのバウムクーヘンを食したのでご紹介

正式には金谷ハードバウム(ホール)

DSC_4673.jpg


DSC_4674.jpg

中身はこんなんです。

見た目にびっくり!!

こんなバウムクーヘン見たことがない

美味しそうな外観

DSC_4675.jpg

珍しい、ハードタイプのクラッシックバウムクーヘンです。

DSC_4676.jpg
これは新食感♪
硬めのバウムクーヘンで、一瞬かたいと思うが、

しっとりねっとりして、甘味も際立つ。


なかなか美味です。

ご馳走様です!

日持ちもするので、日光のお土産に是非!

名門ホテルのスイーツを手軽に家庭で楽しめます♪


株式会社金谷ホテルベーカリー
金谷善一郎が1873( 明治6) 年に現在の日光金谷ホテルの前身となる金谷カッテージインを開業以来、脈々と受け継がれた一流の味。その味を専門に追究し、外販するため、1968 年に株式会社金谷ホテルベーカリーは生まれました。

本社 / 工場 / 直売店
321-1274 栃木県日光市土沢992-1
電話(代表) 0288-21-1275  FAX 0288-21-1265

posted by かめ忍者 at 21:35| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

成城石井自家製 プレミアムチーズケーキ

去年の秋にスーパーマーケット成城石井の
北海道産小豆と有機豆乳のプレミアムチーズケーキ

をたべて記事にしました。

チーズケーキですが大きく分けて3つの種類
成城石井のこのタイプはベイクドチーズケーキですね

今回は定番商品ノーマルの「プレミアムチーズケーキ」
成城石井に来るたびに…これを買いたい衝動を抑えるのが大変

DSC_3844.jpg
つい目が止まってしまう売り場

TVでも紹介された人気商品

たくさんあるから大丈夫なんてのんきなこと言ってられません。大人気なのでチーズケーキを見つけたら即買いがベスト


2003年に発売されたプレミアムチーズケーキは3層からなる濃厚なチーズケーキ
きび砂糖を使用したスポンジ生地の上に、クリームチーズをベースにローストアーモンドとレーズンを加えたチーズ生地をのせ、表面にサクサクとしたシュトロイゼルを散りばめて焼き上げています

2007年に成城石井のデザート部門で売り上げ1位を獲得。その後も着実に売り上げを伸ばし続け、今では取り扱うすべての商品の中で売り上げトップを誇る大人気商品に成長

開発を手がけたのは、フレンチの名店「マキシム・ド・パリ」出身のパティシエで、セントラルキッチン製造部・菓子グループ長の光野正三さん。

ほとんどすべての工程において、1つ1つ手作業で丁寧に作っています。成城石井の店頭に並ぶ商品の中でも、驚くほど手間がかかっているもののひとつだそうです。

posted by かめ忍者 at 22:30| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

如水庵 筑紫もち(信玄餅のライバル?)

筑紫もち(つくしもち)

福岡県福岡市博多区に博多駅前に本店を置く「如水庵(じょすいあん)」が、販売している銘菓「筑紫(つくし)もち」
DSC_3096.jpg

DSC_3098.jpg

「筑紫もち」は、如水庵の社長・森恍次郎が小さいころに食べた、祖母のきな粉もちからヒントを得て、1977年に作られたそうです
筑紫もちは「きな粉餅」と「黒蜜」が入っているお菓子

筑紫もちの製造方法は、蒸練機という機械でもちを練り上げていきます。「蒸練」というのは、蒸気をお餅に練っていくことです。そのあと、専用の釜で砂糖を入れ、さらに練っていきます。通常でしたら、もちは冷めると硬くなるんですが、秘密の配合により筑紫もちは硬くならないのだそう!その後、冷ましたもちを機械で均等にカットし、きな粉をまぶしていきます。

容器にやわらかいきな粉餅を3つずつ入れる作業は、機械では到底難しいので、手作業で行われます。その後、容器にふたをし、パックされた黒蜜を機械でのせていきます。できあがったものを機械で包装し、最後に楊枝を手作業で1本1本入れたら、「筑紫もち」が完成します。

包装紙はピンクと白を基調とした高級感漂う色合いで、博多しぼり風(風呂敷包み)のような高級感のある見た目です。きな粉餅に黒蜜をかけて、専用の楊枝で食べますが、お餅が本当にもちもちで、きな粉の風味が口全体に広がります。黒蜜も甘ったるくなく、さっぱりとした味わいでパクパクと食べられます。


DSC_3099.jpg


DSC_3100.jpg


柔らかいお餅にまぶしてあるきなこ、そこに黒蜜をたっぷりかけていただきます。これ、山梨の『信玄餅』にとっても似ていますね

よく言われているのが「桔梗信玄餅」と「筑紫もち」って同じではないの?ということです。確かにお互いきな粉餅に黒蜜ではありますが、決して同じでないそう

販売開始は桔梗信玄餅が1968年と、筑紫もちよりも歴史があります。

次に見た目の違いです。桔梗信玄餅はピンクの模様の入った透明のビニールで縛ってありますが、筑紫もちはピンクと白の薄い和紙で包まれています。

そして、黒蜜の入れ物は、桔梗信玄餅は小さな容器、筑紫もちは四角い袋です。きな粉の量ですが、信玄餅はたっぷりときな粉が入っているのに対して、筑紫もちは信玄餅に比べると、少なめのきな粉が入っています。

肝心のお味は、桔梗信玄餅の黒蜜が少し濃く、きな粉も多いので、筑紫もちの方がさっぱりした味わいです





如水庵 店舗情報
■店舗名:五十二萬石 如水庵 博多駅前本店
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前1-24-10
■電話番号:0120-39-0052
■営業時間:[月〜金]9:00〜19:00 [土・日・祝]9:30〜18:00
■定休日:無休


ちなみに、「筑紫もち」の読み方は「つくしもち」でも「ちくしもち」でもどちらでも大丈夫らしい
正式にいうと「つくしもち」ですが、福岡に「筑紫野(ちくしの)」という場所があり、「ちくしもち」と読んでも通じるようになったようですよ。

posted by かめ忍者 at 21:51| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

大相模不動尊 大聖寺 (埼玉県越谷市)

真大山大聖寺(しんたいさん だいしょうじ)
2018年(平成30年)2月17日参詣
埼玉県越谷市相模町6丁目442 鎮座

越谷レイクタウの近くにある大相模不動尊大聖寺に行って来ました
DSC_4040.jpg
寺号標

DSC_4041.jpg
大相模不動尊の象徴ともいえるのが境内の入口にある山門
江戸時代の正徳五年(1715年)に建造され文化元年(1804年)に再建
明治28年(1895年)に大聖寺が大火災に見舞われたさいに唯一焼け残ったのがこの山門です。

DSC_4042.jpg
参道

DSC_4043.jpg
手水舎

DSC_4044.jpg
ぴんころ地蔵尊

DSC_4049.jpg
鐘楼

DSC_4046.jpg
本堂
大聖寺の宗派は真言宗豊山派
本尊は不動明王
安置されている不動明王像は、奈良東大寺の開山で知られる名僧・良弁僧正(りょうべんしょうぞう)が彫刻したもの(諸説あります)

寺伝によると、天平勝宝2年(750)に奈良東大寺の開山で知られている良弁僧正が自作の不動明王を祀って開基されました。
中世には不動院と称し、岩槻城主太田資正や北条氏繁等の篤信を受けて栄え、天正19年(1591)当山に宿泊された徳川家康から寺領60石を賜り、このときに現寺名の「大聖寺」に改めたと云われています。

慶長5年(1600)に、下野小山(栃木県小山氏)から引き返して、関ヶ原へ向かう途中、戦勝を祈願して太刀一振り寄進したと伝えられています。


DSC_4047.jpg
本堂の賽銭箱の上から吊るされている鐘の後ろには七福神が描かれた木の額が三枚飾られています。


DSC_4048.jpg
御朱印の受付は本堂の受付
御朱印のお布施は300円
受付時間は午前9時から午後4時ごろまでで、御朱印が書ける住職さんが不在の場合は書き置きした御朱印になります。


DSC_4868.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 09:38| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍埼玉の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

薬師寺八幡宮 プチリニューアルした御朱印(栃木県下野市)

薬師寺八幡宮(やくしじはちまんぐう)
2018年(平成30年)2月11日参詣
栃木県下野市薬師寺1509 鎮座

DSC_4020.jpg
鳥居、社号標

DSC_4021.jpg
灯篭が並ぶ長い参道

DSC_4023.jpg
拝殿


主祭神
誉田別命(ホンダワケノミコト)
玉依比売命(タマヨリヒメノミコト)
息長帯比売命(オキナガタラシヒメノミコト)を祀ります。


DSC_4026.jpg
御朱印は参道途中にある社務所で拝受

DSC_4867.jpg
プチリニューアルした御朱印

DSC_4867.jpg
印が見やすいように拡大


DSC_1008-1.jpg
こちらが今までの印



前回の参拝は
2017年1月22日の時です。



仁良川 愛宕神社の御朱印授受でも参拝
2016年3月12日の時です。



最初の参拝は
2014年10月13日の時です。




下野市は2006年度の町村合併によって「河内郡南河内町」「下都賀郡国分寺町」「下都賀郡石橋町」が一緒になってできた市です。

posted by かめ忍者 at 22:02| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング