2019年09月29日

東京 銀座甘楽「りんごぱい」

 “銀座 甘楽(かんら)”の「りんごぱい」をいただきました

IMG_20190929_123829.jpg

IMG_20190929_123922.jpg
パイ生地の上にリンゴがのっていて、中にあんこが入っていました。

IMG_20190929_123947.jpg
リンゴのシャキシャキ感と、リンゴの下にあるクリームとあんこのバランス、食感、よかったです!

『銀座 甘楽』本店は、銀座6丁目のコリドー街にある和菓子屋さん。

【銀座 甘楽 エキュート大宮店】

住所:埼玉県さいたま市大宮区錦町630 

 ※大宮駅 駅内(中央改札南)

営業時間:(月〜土)8時〜22時、(日祝)8時〜20時半

 

【銀座 甘楽 本店】

住所:東京都中央区銀座6ー2(銀座コリドー通り)

 ※銀座駅 C1出口から徒歩約5分

営業時間:10時〜21時、(日祝)10時〜19時

 

posted by かめ忍者 at 13:25| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

東京 銀座甘楽「銀六餅」

銀座甘楽の銀六餅
ミニサイズのかわいいドラ焼き

line_1569668624772.jpg
1日に3万個も売れるのだとか

 

line_1569668683813.jpg

銀座6丁目にちなんだ名の銀六餅。

餡を包む生地はもち粉入りの生地で作られていて、もっちもち。

ボソボソ感がなくとてもしっとり

こんなどら焼きははじめてです。


中は粒餡。

銀座甘楽の餡は北海道の羊蹄山の南山麓、 標高400mの地にある農場のこだわりの小豆を使って甘すぎす上品な味


 銀六餅は銀座6丁目にある本店以外にも、

東京駅内のグランスタや新宿などでも購入できるようなので手土産にオススメ



posted by かめ忍者 at 20:21| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

北海道バターリッチ【札幌 わかさや本舗】

北海道バターリッチという
レーズンサンドをいただきます。

IMG_20190924_183051.jpg
札幌のお菓子メーカー1917年創業の老舗『わかさや本舗』の北海道バターリッチです!

IMG_20190925_192246.jpg
赤い包装がなんとなくマルセイバターサンドっぽい感じ。

IMG_20190925_192417.jpg
さすが北海道産のレーズンサンド!
小麦粉と乳製品に強い北海道!クッキー生地のおいしさも、バタークリームのおいしさもgood
マルセイバターサンドを彷彿とさせる美味しさ!
しっかりと濃厚ですし、厚めでほろほろっとしたクッキー生地のおいしさがたまりません!

IMG_20190925_192433.jpg
1週間ラム酒に漬け込んだドライレーズンをオリジナルのバタークリームに混ぜ合わせ、クッキー生地にサンドしています。
美味しいですよ!


posted by かめ忍者 at 20:49| 栃木 ☁| Comment(0) | 甘味処・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

ふるさと納税鹿児島県枕崎市 黒豚&マグロ、カツオ@

鹿児島県枕崎市ふるさと納税
黒豚と、カツオのたたきセットが届きました

IMG_20190921_113046.jpg
冷凍便で届きました。
中身は鰹のたたきが2本、黒豚
IMG_20190921_113131.jpg

IMG_20190921_114456.jpg

IMG_20190921_194701.jpg

こんはセットが、全6回送られて来ます!

posted by かめ忍者 at 11:56| 栃木 ☔| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

屋久島 さば節屋のさばスモーク 

IMG_20190920_192009.jpg
屋久島は1993年に世界遺産に登録され、樹齢7200年とも言われる縄文杉をはじめとした屋久杉で有名な島です。
そんな、毎年多くの観光客が訪れる人気のスポットで久世福商店のさばスモークは作られています。
そこのお土産をいただきました!

IMG_20190920_191952.jpg
港から約30分ほど車を走らせた工場で、仕入れた新鮮なさばを捌き、下準備をしていきます。
その際に重要になってくるのが捌いたさばを洗う際のお水です。
一見なんて事のない工程ですが、そこで使用する屋久島の地下水がさばの生臭さを消す役割を果たしています。

さらにこの後、同様の地下水を使用し、煮熟という煮る工程を行っていきます。 この神聖なお水で丁寧に洗い、煮だすことでまろやかな味わいになるそうです。

IMG_20190920_192019.jpg
前の工程で丁寧に水洗いされ、煮出したさばをいよいよ燻す工程に
年季の入った趣のある焙乾庫でじっくり燻していくそうです。

ここで重要となるのが、屋久島の広葉樹を使用した薪です。
一般的に使用される乾燥された薪に比べ、水分量が多く重みのあるのが特徴です。

乾燥した薪は燃えやすく、一気に高温になり、温度変化が非常に大きいそうですが、一方で広葉樹は水分を含んでいる為、一定の温度を保てることからムラのない仕上がりになり、とても重要な資源となっています。

こうして屋久島の恵で作られたさばスモークは丁寧にカットされます。
自然の恵みを活用した逸品です。

IMG_20190920_192055.jpg


IMG_20190920_224428.jpg
posted by かめ忍者 at 22:22| 栃木 ☁| Comment(0) | グルメ・うま味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング