2020年01月02日

久保田 萬寿、碧寿 (朝日酒造)

新潟県のお酒で「久保田(くぼた)」というお酒をお正月いただきました。

IMG_20200102_090231.jpg
1980年代後半の地酒ブームにより一躍有名になったお酒であり、新潟淡麗辛口の代表格でもあります。その人気は今でも衰えることなく、日本酒ファンからは根強い人気のある日本酒

IMG_20200102_090415.jpg
久保田と言っても、たくさん種類があり
百寿(ひゃくじゅ)・千寿(せんじゅ)・紅寿(こうじゅ)・碧寿(へきじゅ)・萬寿(まんじゅ)、そして翠寿(すいじゅ)と「◯寿」シリーズが沢山
(※◯寿と付かない、「生原酒」もあります。)

IMG_20200102_090257.jpg
今回、純米大吟醸の萬寿と碧寿の飲み比べ
●碧寿(へきじゅ)
ぬる燗で楽しめるやまはい純米大吟醸
使用米:五百万石50%精米
日本酒度:+2
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
アルコール度:15.0〜15.9
仕込み水:宝水(軟水)
杜氏:木曽健太郎 郷正博
フルーティーで美味しい

●萬寿(まんじゅ)
純米大吟醸「久保田」シリーズの最高峰
使用米:五百万石35%精米
日本酒度:+2
酸度:1.2
アルコール度:15.0〜15.9
仕込み水:宝水(軟水)
杜氏:木曽健太郎 郷正博
クリアでスッキリ美味しい

どちらも美味しい

山田錦を使ってないのも特徴

posted by かめ忍者 at 09:51| 栃木 ☀| Comment(0) | 飲み物(Drink) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング