2020年05月14日

Blue Zones

世界には他の地域に比べて住民の平均寿命が高い場所があり、そのような地域は「ブルーゾーン」と呼ばれます。世界にはいくつものブルーゾーンが存在しており、アメリカ・カリフォルニア州のロマリンダ、ギリシアのイカリア島、コスタリカのニコヤ半島、そして日本の沖縄などが知られています。

健康に長く生きられるための研究とノウハウの提供を行っている団体Blue Zonesの調査によると、それらの地域に住む人は必ずしも健康作りのためにジム通いするようなことはなく、日々の生活の中に自然と運動を取り入れることで、必要な運動を行っている状況にあるとのこと。
287626001_82d7895843_z.jpg
自動車や電車などの乗り物や、生活を便利にするための電気機器などの「文明の利器」が現代の暮らしの中には広く浸透していますが、ブルーゾーンの住民の生活ではこれらの機器はあまり使われない傾向にあります。多くの場合、近い場所に移動する時は歩いて行き、庭の手入れは機械を使わずに自分の手と足を使って行うといったライフスタイルを送ることで、生活の中で自然に運動が行われるようになっているといいます。

この「生活に取り入れられている」というのが重要なポイントの一つとのこと。「ジムに行く」という行為は基本的に日常的な作業とはいえず、そのために予定を調整するなどして時間を確保する必要があります。裏を返せば「時間がなければジムに行けない」ということになるわけですが、ブルーゾーンの住民は日々のルーティン作業として運動を行っているために、必要以上の労力を割かずとも十分な運動が行えていることが浮き彫りになっています。


01-15953.jpg
人間を含む動物は全て「動く」ことが進化の過程に組み込まれており、必要な運動を行わないことは生物学的に良からぬ結果を生んでしまうとのこと。不足している運動を行うためにジムに行くことそのものは良いことですが、日々の生活の中でも必要な運動の大部分は確保できることを知っておけば、「今日は電車を一駅早く降りて歩いて帰るか」といった風に自然と運動したくなる気持ちが芽生えるかもしれません。

以下のBlue Zonesのページでは、ブルーゾーンに住む人が健康で長生きするために大切にしている9個のポイントを挙げています。

Power 9R - Blue Zones
https://www.bluezones.com/2016/11/power-9/

1.Move Naturally(生活の中の自然な運動量)
2.Purpose(生きがい)
3.Down Shift(スピードを落とす)
4.80% Rule(腹八分目)
5.Plant Slant(植物性の食事)
6.Wine@5(1日1〜2杯のお酒)
7.Belong(密接なコミュニティに属する)
8.Loved Ones First(家族を大切にする)
9.Right Tribe(助け合い・沖縄の模合など)


posted by かめ忍者 at 19:07| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング