2016年04月02日

薬師堂 鳴龍(栃木県日光市)

2015年6月15日奉拝
栃木県日光市山内2301
日光東照宮内に薬師堂(本地堂)があります。

徳川家康公の母「於大の方」は、鳳来寺(愛知県)の薬師如来に立派な男子が授かるよう祈願し家康公を授かっていることから、徳川家康は薬師如来の化身であると考えられたと言われ、内部には東照権現の本地仏、薬師如来を祀り、薬師堂(本地堂)が建てられています。

薬師堂は日光東照宮の管理ではなく、経蔵(輪蔵)とともに所有者について輪王寺で係争中であり、財団法人日光社寺文化財保存会が文化財保護法の規定による管理団体に指定されているのだそうだ。


日光東照宮は1985年に神社本庁から脱退し単立神社になっており、古き日本の宗教体系だった神仏習合を目指しているように感じます。

それが原因なのか、日光東照宮、輪王寺どちらのホームページにも薬師堂・経蔵の説明が記載されていません。

nakiryu1.jpg

DSC_0060-1-87fc2.jpg

御朱印は輪王寺の方が書いています。
昔の御朱印は輪王寺と書いていたようですが現在は日光山のみの記載です。

posted by かめ忍者 at 08:10| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング