2016年04月24日

健長寺(鎌倉)


巨福山 建長興国禅寺
2015年9月5日奉拝
神奈川県鎌倉市山ノ内8 鎮座
拝観料 大人300円 

鎌倉五山の第一位で鎌倉四大寺の一つ。

臨済宗・建長寺派の大本山です。北条時頼が、建長五年(1253)に宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺。

創建当時の伽藍配置は,総門、三門、仏殿、法堂などの主な7つの建物が中軸上に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置になっており49の塔頭(小寺院)を有する大陸的な荘厳なものでした。その後,14,15世紀に起こった数度の火災で,その多くが焼失してしまったが江戸時代に入り,高名な沢庵和尚の進言で再建された。

鐘楼の右奥にある禅堂では、蘭渓道隆が宋から伝えた厳しい禅風が脈々と受け継がれ、現在も厳しい修行が行われている。

kenchou.jpg

御本尊、鎌倉三十三観音、鎌倉二十四地蔵(9番、10番と2つの札所がある)
塔頭とよばれる建長寺内にある小院で計3つ
山内で一番奥にある建長寺の鎮守・半僧坊大権現でも2つと、合計9つの御朱印があります

今回は、仏殿に安置されている地蔵菩薩、本尊の御朱印のみ頂きました

DSC_0105-1.jpg

posted by かめ忍者 at 17:11| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍神奈川の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング