2016年05月04日

陰陽道と安倍晴明の桔梗印

Seimei_Kikyou.svg.png
角が5つならば、五芒星、ソロモンの星、清明桔梗紋、セーマン

6.png
角が6つならば、六芒星、ダビデの星、籠目、ヘキサグラム
(六芒星は「ダビデの星」といわれ、現在のイスラエル共和国の国旗に描かれている有名な星です。つまり、六芒星はユダヤの紋章なのです・・・)
tourou.jpg
伊勢神宮の周辺にある石灯籠には「籠目」が刻まれていますね(今は撤去されたらしい?)
1f7d1efc8b9f4bedbfd1f19675f4f4e7.jpg

五芒星は、陰陽道では魔除けの呪符として伝えられている。印にこめられたその意味は、陰陽道の基本概念となった陰陽五行説、木・火・土・金・水の5つの元素の働きの相克を表したものであり、五芒星はあらゆる魔除けの呪符として重宝された。

abe.jpg

kikyou.jpg

日本の平安時代の陰陽師、安倍晴明は五行の象徴として、五芒星の紋を用いた。
「安倍清明判(あべのせいめいばん)」
「清明九字(せいめいくじ)」とも言い
キキョウの花を図案化した桔梗紋の変形として「晴明桔梗(せいめいききょう)」とも言う。
家紋として現在使用されているものの多くは、桔梗紋の清明桔梗と見られ、現在も晴明神社の神紋などに見ることができる

Seeman_douman.png
セーマンドーマンまたはドーマンセーマンは、三重県志摩地方の海女が身につける魔除け
星形の印(セーマン)と格子状の印(ドーマン)

陰陽道と関係するのではないかともいわれ、星形の印は安倍晴明判紋、格子状の印は九字紋と同じ形状である。このセーマンは安倍晴明、ドーマンは蘆屋道満の名に由来するとも

9.jpg
格子状の印は「九字紋」と同じ形状です。九字紋の九字(くじ)とは、中国に伝わる呪力を持つとされた9つの漢字のことで、「天・元・行・躰・神・変・神・通・力(てん・げん・ぎょう・たい・しん・ぺん・じん・つう・りき)などが代表例ですが、ほかにもいろいろな文字があてられています。

somin (2).jpg
「急々如律令」とは悪魔を退散させる呪文の1つ
(急々に律令のように厳しくせよの意)

(五芒星が六芒星になり、九字が十字になると、急にユダヤ教とキリスト教の世界になるというのは興味深いですね)

取りとめのない内容でしたが、備忘録として
posted by かめ忍者 at 23:22| 栃木 ☀| Comment(0) | 由来・伝説・いわれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング