2016年11月07日

日光開山1250年記念 輪王寺 三仏堂

2016年10月15日参詣
所在地 栃木県日光市山内2300

「本堂(三仏堂)平成大修理」を行っており、一部が仮囲いで覆われたり、通行場所が制限されてます。
完成は平成32年予定。

DSC_0346.jpg

「三仏堂」は、日光山輪王寺の中心(輪王寺の本堂)となるお堂です。
この三仏堂は、実はもともと、今の東照宮の地にあり、この地での創建が伝えられています。
1645年(正保2年)、江戸幕府3代目将軍の徳川家光公によって再建されました。
外柱の端から端まで約34メートルあり、日光最大の建造物です。
今の場所は日光山の玄関口に位置しているため、ここから日光山巡りが始まる感じですね。

DSC_0344.jpg

大仏三仏堂の本尊は、以下の3体の仏様です。
•千手観音
•阿弥陀如来
•馬頭観音
「3体の仏」から「三仏堂」と由来されています。
仏様が金色に輝くことから「金堂」とも呼ばれています、御朱印の文字はこれですね。

「素屋根(すやね)」の改修現場を上から覗ける、特設の「展望見学通路」(天空回廊)からの眺め
DSC_0342.jpg

DSC_0448-1.jpg
日光開山1250年記念印は平成28年の限定です

posted by かめ忍者 at 21:46| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング