2016年12月10日

日光東照宮「御鎮座400年」 限定御朱印・御朱印帳

2016年11月6日
栃木県日光市山内2301

前回の参拝は日光東照宮(2015.6.15奉拝)
徳川家康は1616年に死去し昨年、400年回忌にて、世界遺産の日光東照宮では、「400年式年大祭」が行われました。
2016年は日光東照宮が創建され、徳川家康公がこの地に祀られて400年目の節目年!
DSC_0426.jpg

DSC_0446.jpg
駐車場から参道への階段、通路には「御鎮座400年」のぼり旗

DSC_0444.jpg
社号標

DSC_0443.jpg
紅葉シーズンなので参道には参拝、観光客でいっぱい

DSC_0420.jpg
一の鳥居と五重塔

DSC_0423.jpg
神厩舎には猿の彫刻、見ざる🙈・云わざる🙊・聞かざる🙉

DSC_0424.jpg
二の鳥居の奥には改修工事中の陽明門
この陽明門をくぐる所から拝観料1300円が必要

DSC_0427.jpg
平成二十五年(2013年)より、平成三十年(2018年)まで「平成の修理」が行われている

DSC_0429.jpg
陽明門の内部からの写真

DSC_0433.jpg
唐門

DSC_0434.jpg
拝殿も改修工事中

DSC_0436.jpg
眠り猫
伝説的な彫刻職人・左甚五郎の作と言われる。

DSC_0437.jpg
「眠り猫」が彫刻されている坂下門を潜ると、長い長い階段を上り 奥宮拝殿がやっと見えた

DSC_0439.jpg
奥宮宝塔に家康が改葬されたと言われているので、家康のお墓と言う事
日光東照宮、久能山東照宮、増上寺、寛永寺など※の徳川家の石碑というか お墓は、釣鐘のような鉄の籠の格好をしています。この形は、比叡山や高野山にもみられませし、他でも見たことはありません。  天海上人独自の創作と思われます。丁度「かごめ、かごめ・・・・」の歌のようです。
※寛永寺に6人、増上寺に6人の将軍たちが眠っています。
(家康は日光東照宮、家光は日光輪王寺、慶喜は谷中霊園で足して15人)


日光東照宮は、元和(げんな)3年(1617年)徳川初代将軍徳川家康公がまつられた神社です。
家康公は、元和2年4月17日駿府城(静岡県静岡市)で75歳の生涯を終えられ、直ちに久能山に神葬されました。そして御遺言により、一年後の元和3年4月15日、久能山より現在の地に移されおまつりされました。
正遷宮は、同年4月17日二代将軍秀忠公をはじめ公武参列のもと厳粛に行われ、ここに東照社として鎮座しました。その後 正保(しょうほ)2年(1645年)宮号を賜り、東照宮と呼ばれるようになりました。

尚、現在のおもな社殿群は、三代将軍家光公によって、寛永13年(1636年)に造替されたものです。

DSC_0435.jpg
祈祷受付所(御朱印授与所)

nikkotosyogu-goshuinchou.jpg
御鎮座四百年の記念御朱印帳(価格1800円)
平成28年(2016年)のみ限定で頒布しているもの

DSC_0590-1.jpg
右下に『御鎮座400年』の記念印が追加されています。

posted by かめ忍者 at 10:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング