2016年12月18日

関ジャニ∞ファン&鉄道好きにも魅力「赤羽八幡神社」

2016年10月19日参詣
東京都北区赤羽台4-1-6 鎮座

神社で授与いただけるお守りが関ジャニ∞ファンの方の間で話題となり、全国各地からファンの方が訪れる神社となっています。また、新幹線や電車が行き交う様子を間近で見ることのできる珍しい神社としても有名です。境内の下を東北・上越新幹線が通っています。

DSC_0375.jpg
境内へと登っていく長い坂道、車で上りましたが凄く急です。そして鳥居が目の前に迫るドライブは迫力がありました。

DSC_0374.jpg
拝殿

DSC_0373.jpg
社務所は、本殿より また一段高い位置に建てられていました。

DSC_0372.jpg
社務所より本殿を望む

akabane.jpg
授与品


平安初期の延暦三年、桓武天皇の御代に征夷大将軍・坂上田村麿が東夷征伐の折にこの地に陣を張り、八幡三神を勧請し武運長久を祈願したことにより創建されたと伝承されています。
以後鎌倉、室町、江戸時代と武士の信仰を集め、徳川将軍家からは代々御朱印を寄付されたとされます。

八幡神社と言えば武運の神として有名であり、歴史においては源氏の氏神様として知られています。また数々の武士が戦の前には八幡神社において祈りを捧げていたとも言われています。
そのような戦いの神である赤羽八幡神社がなぜ関ジャニ∞の聖地として知られるようになり、エイターさん(関ジャニ∞のファンの人達)がここを訪れるようになったのでしょうか?

関ジャニ∞セブンイレブン.jpg

そう、この赤羽八幡神社が出しているお守りや絵馬のマークが関ジャニ∞と同じ、「∞(無限大マーク)」なのです。
関ジャニ∞の「∞」には、デビュー時の人数である8人の「8」を横にしたということと、その意味どおり無限大の可能性という意味があるとのことです。

赤羽八幡神社においてこの「∞」マークのお守りを出しているにはもちろん意味があって、これには風水的による理由によるそうです。
風水でいう「下元八運期」(2004年2月4日〜2024年2月3日まで)
その間、最もパワーのでる最大吉の数字は8だそう


koukakyou.jpg

koukakyou2.jpg

それからなんと、赤羽八幡神社の下に新幹線の線路が通っているのです。
1971年に工事認可された東北・上越新幹線は上野から大宮までの区間を作るにあたって、どうしてもこの赤羽八幡神社のあった小山を避けることは難しく、一時的には氏子や住民の反対もあったものの、結果的にはこの赤羽八幡神社の下をトンネルとして建設されたのでした。

なので現在においても赤羽八幡神社から新幹線の線路を見下ろすと、まるで鳥居を新幹線がくぐるかのような風景を見れると共に、都内でも有数の鉄道の線路を見渡せる場所としても知られています。


akabanegoshuinchou.jpg
御朱印帳も下元八運のデザインです
限定ではないようですが、売れ行きがいいので注意

DSC_0575-1.jpg
御朱印は社務所で頂きました。

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング