2016年12月30日

神楽坂若宮八幡神社(東京)

2016年11月13日参詣
東京都新宿区若宮町18 鎮座

江戸時代は神楽坂の中心は若宮神社だったとも言われています。若宮神社の「神楽」の音が坂に響き渡っていたことから、「神楽坂」と言われるようになったと言われています。

DSC_0465.jpg
鳥居と社号標

DSC_0469.jpg
狛犬

DSC_0466.jpg
拝殿

WAKAMIYA.jpg
拝殿、本殿

DSC_0468.jpg
社務所 兼 自宅

DSC_0470.jpg

鎌倉時代の文治5年(1189年)秋、右大将、源頼朝公が奥州の藤原泰衡を征伐に向った時、当所で戦勝祈願を行い、鎌倉の若宮八幡宮(鶴岡八幡宮の若宮社)を勧請したとされる。
当初は仁徳天皇(若宮)を祀っていたが、後に応神天皇が祀られるようになったという。
文明年間(1469〜87)太田道灌によって再興された。別当は光明山普門院であったが、明治の神仏分離に際し、落飾して神職となった。

HATIMANN.jpg
文明年間頃までは大社で、神領などがあり美麗だといわれていました。『江戸名所図会』では巨大な若宮八幡宮が見られます。

IMG_20161229_214622.jpg

posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☁| Comment(0) | ⛩東京の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。