2017年01月29日

多気不動尊 再々訪(宇都宮市)

多気山持宝院(真言宗智山派)
2017年(平成29年)1月29日参詣
栃木県宇都宮市田下町563 鎮座

毎月28日は、多気山御本尊不動明王のご縁日です。
なかでも1月の28日はその年の最初の不動明王のご縁日ということで【初不動】として古くから多くのお参りで賑わっています。しかも28日限定で「初不動の特別御朱印」が頂けたのですが・・・
ということで昨日お参りしたかったのですが所用にて本日

前々回は2015年2月15日、下野三十三観音の別格霊場のお参り時

前回の参拝は
2015年5月17日大火渡り祭
の時でした。

DSC_0906.jpg
多気不動尊入口

DSC_0907.jpg
参道

DSC_0934.jpg
水かけ不動(手水舎)

DSC_0932.jpg
山門

DSC_0931.jpg
山門をくぐると弘法大師修行像

DSC_0912.jpg
阿の狛犬

DSC_0913.jpg
吽の狛犬

DSC_0924.jpg
狭く急な階段

DSC_0918.jpg
階段を上り終えると本堂が目の前に

DSC_0922.jpg
歳神殿

DSC_0921.jpg
鐘楼堂

DSC_0920.jpg
清水

DSC_0928.jpg
水子供養地蔵尊


宇都宮の西北10Km、多気山(376m)の中腹に位置し、弘仁13年(822年)、日光開山勝道上人の弟子尊鎮法師により創建されました。当初は馬頭観音を御本尊としていましたが、建武2年(1335年)8月1日、宇都宮9代城主藤原公綱公により今の本尊不動明王が御本尊として氏家の勝山城から当山に遷座されたのです。不動明王は真言密教の主尊である大日本如来の 使者とされ、多くの信仰をあつめている仏です。当山の御本尊不動明王は天暦3年(949年)3月28日を選んで、源頼光が多田滿仲の子、多田の法眼(円覚上人)に作仏を願い、吉野山中にこもり一刀三礼のもとに彫り上げた霊像です。


DSC_0916.jpg
御護摩申込、納経所

IMG_20170129_143631.jpg
梵字・ご本尊の御朱印を頂きました

posted by かめ忍者 at 16:13| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング