2017年03月26日

八街神社(千葉県八街市)

八街(やちまた)神社
2017年(平成29年)3月5日 参詣
千葉県八街市八街へ217 鎮座

八街の住所番地は「いろはにほへと」で区分されています。
千葉県は 他にも香取市佐原地区や 旭市、山武市の蓮沼地区などが「いろはに・・・」を使用

1488808704638.jpg
鳥居

1488808711442.jpg
手水舎

DSC_1103.jpg
参道から拝殿

DSC_1105.jpg
狛犬

DSC_1104.jpg

1488808723978.jpg
拝殿

DSC_1106.jpg
扁額

1488808729637.jpg
本殿

御祭神 須佐之男命・稲田姫命・大己貴命

由緒
明治5年(1872)5月、武蔵野国北足立郡出身で八街、三咲、九美上などの開墾を率先して行った西村郡司氏が、家の氏神である大宮氷川神社の分霊を乞い、八街村 実住 字 氷川台ほ215番地 (現在の四区)に 祠(ほこら)をつくり、氷川様(ひかわさま)をまつったのが始まりです。
そして明治6年(1873)11月23日、官許を得て産土神八街神社とし、個人の社から地元の社にかわり、明治13年(1880)11月2日、氷川神社の本社より改めて遷座を行い、本社の宮司が八街で遷座式祭儀を行い、この後、実住、東実住、住野、西林、夕日丘、真井原、小間子の鎮守となりました。
明治27年(1894)、当時の合併による新八街村の村域と神社の位置を考慮して、西村家提供により現在の場所に当たる八街村八街へ217番地(六区) に遷宮し、村独立の11月2日を祭礼の日としました。

八街神社は明治6年11月、村民の希望により、元官幣大社氷川神社の御霊を勧請し八街村の産土神として祀っていたが、明治12年10月、戸長大久保正雄氏と西村郡司氏は氷川神社神官を再度招き盛大かつ厳粛な遷座祭を斎行した。
明治26年西村家より、現在地に土地11町歩余の寄進を受けて社殿を建立、明治27年11月3日遷座祭が斎行され、以後氏子崇敬者の心の拠り所として崇拝されてきた。
DSC_1109.jpg


DSC_1107.jpg
社務所
開いている日と閉まっている日が あるので御朱印希望は電話確認が必須

IMG_20170326_214529.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 22:11| 栃木 ☔| Comment(0) | 千葉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング