2017年04月03日

莫越山神社(千葉県南房総市)

莫越山神社 (なこしやまじんじゃ )
2017年(平成29年)3月6日 参詣
千葉県南房総市沓見241 鎮座

『延喜式神名帳』にある「莫越山神社(安房国・朝夷郡)」に比定される式内社(小社)の論社。近代社格では郷社

IMG_20170401_192919.jpg
一の鳥居

DSC_1162.jpg
社号標

DSC_1160.jpg
二の鳥居
これより参道は直角に曲がり石段を登る。

DSC_1161.jpg
説明板

DSC_1153.jpg
手水舎

DSC_1156.jpg
吽の狛犬

DSC_1155.jpg
阿の狛犬

DSC_1152.jpg
三の鳥居と拝殿
簡素な桧皮葺きである拝殿、 前面に「すだ椎」の古木が立ち、背面には楠の大木が茂っている。

DSC_1157.jpg
本殿


社記によれば、初代神武天皇元年、天富命が忌部の諸氏を率いて、安房国に来臨し、東方開拓を進めた時、随神の天小民命が祖神である忌部の神、手置帆負命・彦狭知命を祀ったのが創祀。

大化の制においては国司の祭祀に預かったとされ、『延喜式神名帳』を経て、鎌倉時代初期の治承年間(1177年-1181年)に源頼朝が祈願、神田20町を寄進したという。

戦国時代、里見氏が領主の際も3石の寄進があり、江戸時代以降も3石の寄進があったという。代々領主の祈願所だった。

享保9年(1724年)、社殿造営の時に新宮に山中4ヶ所に祀られていた彦火火出見尊・豊玉姫命・鸕鷀草葺不合尊を合祭し、天保年間(1831年-1845年)に相殿とした。

彦火火出見尊は梅大御神、豊玉姫命は子安大神、鸕鷀草葺不合尊は間子大御神と称され、敷物の祖神・安産育児の神・海猟海上安全の神として崇敬された。

明治6年(1873年)に郷社に列し、明治25年(1892年)12月、小松大将宮彰仁親王から社号額字の真筆が下賜され、現在拝殿正面に奉掲されている。




DSC_1159.jpg
宮司さん宅にて御朱印を頂きました
あいにくの雨天での参拝でしたが暖かく迎えていただき感謝です

DSC_1344-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 21:53| 栃木 ☀| Comment(0) | ⛩千葉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング