2017年04月07日

安房國一之宮 安房神社(千葉県館山市)

安房(あわ)神社
2017年(平成29年)3月6日 参詣
千葉県館山市大神宮589 鎮座

安房国の一宮で延喜式名神大社
DSC_1164.jpg
社号標

DSC_1163.jpg
一の鳥居

DSC_1165.jpg
二の鳥居

DSC_1166.jpg
手水舎

DSC_1167.jpg
説明板(由緒)
由緒
房総半島の南端神戸郷に鎮り坐す旧官幣大社安房神社は、天太玉命を主祭神に天比理刀唐配祀として奉斎し、摂社下の宮には天富命を祀る。
延喜の制には大社に列せられ、名神祭に預る安房国唯一の由緒深き名社である。
本社の祭神天太玉命は中臣氏の祖神天児屋根命と相並んで天照皇大神の側近に奉仕し祭祀を司どられた重要な神に坐します。
天照皇大神が天石窟に御幽居あらせられた時には、天太玉命は天児屋根命と共に大神の出御を祷り遂に再び大御神の天日の如き御威徳を仰ぎ奉られたのである。
安房開拓の神として当社の下の宮に祀らるる天富命は、天太玉命の御孫にあたらせられる。天富命は四国の阿波国忌部族の一部を割いて関東地方に大移動を起し、最初に占拠されたのが房総半島の南端、即ち現在の安房神社の鎮座地であって茲に本拠を定めて祖神天太玉命の社を立てた後、次第に内地の方に進みこの半島に麻穀を繁殖しその産業地域を拡められたのである。
安房神社の御祭神は日本産業の総祖神として崇められ更に現在では家内安全、交通安全守護神、厄除開運等、関東地方随一の神社として信仰が厚い。


DSC_1168.jpg
拝殿

DSC_1169.jpg
扁額

DSC_1173.jpg
本殿(上の宮)
主祭神
天太玉命 (アメノフトダマノミコト) 日本の全ての産業創始の神。

下の宮には天太玉命の孫神である天富命(あめのとみのみこと)と兄弟神である天忍日命(あめのおしひのみこと)が祀られています。


DSC_1176.jpg
本殿 横から


安房神社の創始は、神武天皇が初代の天皇として御即位になられた皇紀元年(西暦紀元前660年)と伝えられております。神武天皇の御命令を受けられた天富命(下の宮御祭神)は、肥沃な土地を求められ、最初は阿波国(現徳島県)に上陸、そこに麻や穀(カジ=紙などの原料)を植えられ、開拓を進められました。

その後、天富命御一行は更に肥沃な土地を求めて、阿波国に住む忌部氏の一部を引き連れて海路黒潮に乗り、房総半島南端に上陸され、ここにも麻や穀を植えられました。  この時、天富命は上陸地である布良浜の男神山・女神山という二つの山に、御自身の御先祖にあたる天太玉命と天比理刀当スをお祭りされており、これが現在の安房神社の起源となります。



DSC_1174.jpg
御神水
後ろの吾谷山(あづちやま)から湧き出ているそうです。お水取りをするには受付で申込が必要とのことです。

DSC_1175.jpg

DSC_1178.jpg
授与所

DSC_1177.jpg
オリジナル御朱印帳

DSC_1345-1.jpg
御朱印
匠総祖神の朱印が押されています。

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 千葉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。