2017年04月12日

安房国一之宮 洲崎神社(千葉県館山市)

社号について
資料によっては「すのさき」「すさき」とあり、地名は「すのさき」だが、由緒にある通り、元の名は洲神(「すさき」のかみ)であったらしい
2017年(平成29年)3月6日 参詣
千葉県館山市洲崎1697 鎮座

館山市の西の端、千葉県の先端。まさしく洲の崎という場所です。
場所的に簡単にこれる所じゃないのと、普通に雨が降っていたので参拝者は私1人

DSC_1194.jpg
社号標

DSC_1195.jpg
旧 社号標

DSC_1193.jpg
道から少し入ったところに鳥居があり、道路を走っていると見逃してしまうかもしれない

DSC_1191.jpg
手水舎

DSC_1192.jpg
隋身門

DSC_1183.jpg
厄祓坂と呼ばれる108段の石段

DSC_1190.jpg
長い階段を上り終え 上からの眺め

DSC_1184.jpg
拝殿

DSC_1185.jpg
扁額は奥州白河藩主老中松平定信が参詣し奉納した扁額のレプリカで、本物は社務所で大切に保管されいるそうです。


DSC_1187.jpg
本殿
祭神 天比理乃当ス
相殿神が天太玉命(あめのふとだまのみこと)と天富命(あめのとみのみこと)です。

DSC_1186.jpg
本殿
社伝『洲崎大明神由緒旧記』によれば、初代神武天皇の治世、天富命が祖母神の天比理乃当スが持っていた鏡を御神体として、美多良洲山(御手洗山)に祀ったのが当社の始まりであるという。


kaiteijinja.jpg
当社近く、波左間海中公園内の海底に、水難事故・水難事件防止を祈願するために御分霊を勧請して海底神社を創建している。


DSC_1188.jpg
稲荷神社

DSC_1189.jpg
本殿脇には金比羅神社

susakigoshuin.jpg
隋身門下のこの机に書置き御朱印がありました。セルフサービス

DSC_1181.jpg
神門の下に説明書きが置かれていた
書置きの御朱印は置かれていましたが、御朱印帳への記入希望の場合は宮司さん宅までとの事

DSC_1200.jpg
私は御朱印帳への記入希望のために電話連絡をしてアポをとり宮司さん宅にお邪魔しました。
(東京方面に車で30分位)

DSC_1346-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 02:37| 栃木 ☀| Comment(0) | 千葉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング