2017年04月13日

都が138年ぶりに増上寺に返還、芝の大門やっと修復へ

shibadaimon.jpg
増上寺大門改修工事中の写真

shibadaimon2.jpg
改修前の芝の大門

meijishibadaimon.jpg
明治時代の「大門」、先には「三解脱門」が見えています。

daimonzoujou.jpg
改修後の綺麗な芝の大門

東京・芝のランドマーク「大門」の所有権が今春、都から増上寺に百三十八年ぶりに返還された。
都の財産目録から記載が抜け落ちて四十年以上。所有者不明の状態が続き、深刻な老朽化にも手がつけられなかった。都は「ここ数年、内部資料を精査し、都の所有と確認した」と事務手続きのミスを認め、返還に応じた。 

増上寺の東側区道に立つ大門(港区芝公園)は、一六〇五(慶長十)年に徳川家康が寺を大改修した際、江戸城の大手門を移築して建てられた。明治維新後の一八七八年、幕府の庇護(ひご)を失い、困窮した寺が当時の東京府(東京都の前身)に寄付。その後、芝公園の一部として東京市が管理していた。一九二三年の関東大震災で損傷したため、三七年に鉄筋コンクリート造りに建て替えられた。当時の工事発注者は東京市だった。

寺は七四年、本堂の新築に合わせて大門の修復を計画。都に返してもらおうと、譲渡を打診したところ、財産目録に記載がないことが判明したという。「目録にないものは譲渡できない、とかたくなだった」と寺の佐々木励綱(れいこう)施設部長(63)。それ以降も折に触れ、都に譲渡を打診したが、進展はなかった。東日本大震災で瓦の一部が落下した際は寺が費用を負担し、取りあえず補修した。

しかし、一転、都が譲渡に応じ、都と寺は今年三月末、無償の譲渡契約を結んだ。佐々木部長は、二〇一二年三月三日に本紙が夕刊で報じた記事「港区増上寺 芝『大門』持ち主不明」が状況を変えたとみる。「注目が集まり、都を動かすきっかけになったのではないか」。ただ、財産目録の記載が抹消された理由は分からない。都公園課は「古い話で原因究明のための調査はしていない」という。

佐々木部長は「長年の要望がかない、安堵(あんど)している。地域住民と協力して管理する」。寺は耐震補強と外観の化粧直しを施し、来年四月の法要でお披露目する方針だ。

大門の通りは二〇二〇年東京五輪のマラソンコースになる可能性もある。地元組織、大門振興会の佐久間克文(よしふみ)会長(52)は「疑問は残るが、落ち着くべきところに落ち着いた。今後は未来志向で、大門を次代に残す努力をしていく」と話した。


<芝の大門> 徳川家の菩提寺だった増上寺の総門。大門が立つ寺領が明治政府による1871年の上知令で没収されたため、大門も78年、当時の東京府に寄付された。第2次大戦中の空襲で周囲は焼け野原となったが、鉄筋コンクリート造りだったため、奇跡的に残った。
(東京新聞より)



posted by かめ忍者 at 02:31| 栃木 ☁| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング