2017年04月15日

国宝 陽明門 平成の大修理完成記念御朱印(日光東照宮)

2017年(平成29年)4月15日 参詣
栃木県日光市山内2301

今回の目玉は、平成の大修理を終えた「陽明門」2013年7月から始まった約4年にも及ぶ保存修理工事がこの3月で終わり、ピッカピカに生まれ変わった姿がお披露目されています。

DSC_1351.jpg
社号標

nikko-tosyogu.jpg
拝観料は1,300円。結構しますが、これだけで三猿を横目に陽明門をくぐり東照宮から眠り猫の下を通り奥宮、本地堂(鳴き龍)まで全ての拝観が含まれています。

DSC_1356.jpg
おお〜遠目に陽明門が現れました!

DSC_1357.jpg
鳥居越しに陽明門

DSC_1359.jpg
今回の修繕では、漆の塗りなおしとメッキ表面仕上げの再生、および木材の腐朽箇所の補修が主に実施されたとの事です。

DSC_1361.jpg
門の両側に構える随身像
DSC_1385.jpg

DSC_1362.jpg
真っ白な装飾もとても綺麗です。「胡粉塗り」と呼ばれる手法で塗装されていて、貝殻などから作られる炭酸カルシウムを多く含む顔料が使われているそうです。

DSC_1386.jpg

DSC_1363.jpg
門の中、龍の装飾も色鮮やかです

DSC_1364.jpg
裏面にいる狛犬

DSC_1381.jpg

「平成の大修理」といわれる今回の日光東照宮の修理は、江戸時代から数えて21回目という。約12億円をかけて2013年6月から始まった。当初6年とされた工期を、日光市の観光への影響を考慮して4年に短縮。塗り直しと木部の取り換えなどを行った。特に古来の方法で当時のままの姿を残すという方針を貫き、材料の漆を国産漆にしたという。

DSC_1391.jpg

DSC_1366.jpg
授与所にて御朱印を頂くのだが、結構な行列でした。

youmeimon.jpg
陽明門 平成の大修理完成記念した紅いの御朱印帳が頒布

DSC_1438-2.jpg
御朱印を依頼するとステッカーも一緒に頂けました

DSC_1438-1.jpg
御朱印
「国宝 陽明門 平成の大修理完成記念」の印が押されています



前回2016年011月6日の日光東照宮「御鎮座400年」


前々回2015年06月15日の日光東照宮「400年式年大祭」


2014年09月20日の日光東照宮



posted by かめ忍者 at 21:39| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。