2017年04月23日

高部屋神社(神奈川県伊勢原市)

高部屋神社(たかべやじんじゃ)
2017年(平成29年)3月26日 参詣
神奈川県伊勢原市下糟屋2202 鎮座

DSC_1211 (2).jpg
社号標

DSC_1212.jpg

DSC_1210.jpg
鳥居

DSC_1209.jpg
手水舎

DSC_1215.jpg
銅鐘
1386年(至徳3年)12月に河内守国宗が鋳造し、平秀憲によって奉納されたもの(神奈川県の重要文化財)

DSC_1214.jpg
狛犬

DSC_1213.jpg

DSC_1208.jpg
拝殿

DSC_1216.jpg
拝殿は入母屋造(いりもやづくり)の茅葺(かやぶき)で、手前に銅板葺(どうばんぶき)の向拝(ごはい)(正面の庇(ひさし)部分)を設け、背面には幣殿を連結
貴重な茅葺屋根の社殿です。

DSC_1207.jpg
本殿
御祭神
神倭伊波礼彦命(かんやまといわれひこのみこと)
誉田別命(ほむだわけのみこと)
三筒男命(みつつおのみこと)
大鷦鶺命(おほさざきのみこと)
息気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
磐之姫命(いわのひめのみこと)
時代とともに主祭神が移り変わってきたと思われます。
創建から平安時代までは三筒男命(住吉三神)を主祭神とし、鎌倉時代から幕末までは誉田別命を主祭神とし、明治以降は神倭伊波礼彦命を主祭神としてお祀りしていることが記録より伺えます。

DSC_1206.jpg
創建年代は不詳であるが、延喜式神名帳に相模13座の内の1社と記載されている古社であり、古くは相州大住郡糟谷庄127ヶ村の惣鎮守として崇敬された。
平安時代までは現在の飛び地境内である伊勢原市高部屋地区の澁田山に鎮座していたと考えられ、糟谷住吉の大神「大住大明神」として崇敬された。

DSC_1464-1.jpg
御朱印
伊勢原大神宮にて頂きました


posted by かめ忍者 at 04:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 神奈川の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング