2017年05月07日

白蛇辨財天(栃木県真岡市)迫力な「白蛇」印入り御朱印

白蛇辨財天(はくじゃべんざいてん)
2017年(平成29年)5月5日 参詣
栃木県真岡市久下田西2丁目63 鎮座

2016年3月19日以来の参拝です


DSC_1866.jpg
社号標

DSC_1859.jpg
玉垣で囲われた境内に一之鳥居、その後ろに 二之鳥居がたたずんでいます

DSC_1845.jpg
一の鳥居の前に狛犬

DSC_1848.jpg
手水舎

DSC_1855.jpg
二の鳥居の先には狛蛇

DSC_1847.jpg
白蛇縁起に残る、この神社らしい奉納物

DSC_1856.jpg
伝承には、当地に2匹の白蛇が住んでいたと伝わっている。

DSC_1857.jpg

DSC_1865.jpg
参道には石灯籠が複数並び、その先に拝殿

DSC_1858.jpg
拝殿

DSC_1851.jpg
拝殿内

DSC_1864.jpg
本殿
辨財天は、インドの神サラスバァティーとスサノオノミコトの誓約の際に生まれた女神イチキシマヒメノミコトと習合し、『金光明最勝王経』に説くように弁舌、音楽、学問、除災、幸福を与える神であるうえに、食物、富貴、名誉、福寿と人々の願いをほとんど聞き届けてくれる神として広く民衆に信仰されております。
ご本殿には、八臂辨財天座像(木彫)を安置しています。
(神社本庁に属さない単立神社)
境内の石碑など観ると元は小貫家の邸内社だったのだろうと思われます

DSC_1852.jpg
社殿の右手から「金運銭洗いの瀧」に繋がる(御朱印に墨書きされている名所)
最近「金運上昇」のご利益があるとメディアなどに取り上げられたせいか、5月5日の子供の日と言う事もあるのか、参拝に来る方がたくさん訪れていた

DSC_1861.jpg
白蛇弁財天の可愛らしい絵馬

DSC_1853.jpg
社務所
前回は授与所が留守で、この社務所に声をかけて御朱印を頂いた

DSC_1854.jpg
社務所側からの入り口にも手水舎らしきもの(使われていないらしい)

DSC_1860.jpg
境内、駐車場案内図

DSC_1868.jpg
拝殿の両脇にある授与所

DSC_1870-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南東) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング