2017年07月26日

関東三大奇祭 益子の祇園祭

益子祇園祭.jpg

7月23日から25日まで、益子の城内坂一帯は八坂神社(益子 鹿島神社境内社)のご祭礼が行われています。
この祭礼は江戸時代から続くといわれ、関東三大奇祭の一つに数えられているそうです。
どこが三大奇祭に入るのか諸説あるのでしょうが
東京府中市の大国魂神社のくらやみ祭り
茨城県龍ヶ崎市上町の八坂神社の撞舞 など

23日は八坂神社の氏子の新町、田町、内町、城内、道祖土(さやど)の五地区に、それぞれの町の山車や屋台が飾られます。
夜になると、益子焼共販センター近くの特設会場で、下野手筒花火の会の会員による花火の打ち上げ

手筒.jpg

24日には御神酒頂戴式という催しが執り行われます。
この日、次の一年間の当番に当たっている町の羽織袴の男衆十人が、1年365日にあわせて3升6合5勺入る大杯に燗酒を注いで3杯飲み干すとか(これが三大奇祭といわれる由縁だそうです)
五穀豊穣、無病息災、家内安全を祈り、次の当番町に引き継ぐ大切な行事だそうです。


25日は御上覧といわれ、各町の山車や屋台が合同で引き回され、神前に奉納されるそうです。

益子鹿島.jpg
地方の町の祇園祭もいいものです

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 祭儀、例大祭、儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング