2017年07月28日

静神社(茨城県那珂市)

2017年(平成29年)5月28日参詣
茨城県那珂市静2 鎮座

DSC_2100.jpg
社号標

静(しず)神社は延喜式神名帳に記載された名神大社
かつては東国三守護神(鹿島神宮・香取神宮・静神社)として信仰を集めたそうです。

DSC_2099.jpg
一の鳥居

DSC_2101.jpg
一の鳥居をくぐると手水舎

DSC_2102.jpg
二の鳥居

DSC_2103.jpg
参道の階段を上ると神門が見えてきます

DSC_2116.jpg
神門前にいる狛犬

DSC_2117.jpg

DSC_2104.jpg
神門前の手水舎

DSC_2111.jpg
境内内から見た神門

DSC_2112.jpg
拝殿

DSC_2110.jpg
本殿

創建は不詳。『新編常陸国誌』では大同元年(806年)に創建されたという社伝を載せる。
嘉祥三年(850年)に奉幣の記録が残されており、それ以前の創建になると考えられています
当社の鎮座地周辺は当社を中心として神社が三社、寺院が七社の一大霊場を形成していたそうです
現在社宝として伝わっている「銅印」は奈良時代の作と言われ、「静神宮印」と彫られています。この時代"神宮"と呼ばれていたのは、伊勢と鹿島、香取、石上だけであったので、相当重要な神社であった事は確かのようです
鹿島神宮、香取神宮と共に、東国三守護神として崇敬を集め、豊臣氏や徳川氏から寺領の寄進があったことも記録されています


DSC_2115.jpg
本殿右手からは末社の「手接足尾神社(てつぎあしおじんじゃ)」への参道が続きます
「手接足尾神社」は昔から手と足腰の安全、健康の守護神としての信仰が厚く、祈願の際に「手差し」や「草履」を供えて願をかける習慣が残っているそうです。

DSC_2108.jpg

DSC_2107.jpg
授与所にて御朱印を受けました

DSC_2683-1.jpg
御朱印



posted by かめ忍者 at 18:34| 栃木 ☁| Comment(0) | 茨城の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング