2017年09月04日

栃木神明宮 再訪(栃木県栃木市)見開き御朱印授受

神明宮(しんめいぐう)
2017年(平成29年)7月15日参詣
栃木県栃木市旭町26‐3 鎮座

前回は2014年11月8日に参拝
しました

DSC_2540 - 1.jpg
社号標

DSC_2540.jpg
通りから参道へ

DSC_2494.jpg
参道入口
「栃木のお伊勢さん」の異名を持つそうです

DSC_2495.jpg
鳥居

DSC_2496.jpg
鳥居脇の社号標

DSC_2497.jpg
手水舎

DSC_2499.jpg
拝殿
現在の拝殿は、中教院として全国的に展開された皇道宣布の強力な教化の施設として建立。明治十五年一月内務省が神官の教導職兼務解除(神仏分離令)のため、中教院も閉鎖。廃院の元中教院を受入れ社殿として補修を加へ神明宮社殿として再建、現在に至っています。
(市の重要文化財に指定されています。)
仏教寺院の面影も同時に感じることができる面白い神社だと思います。

DSC_2500.jpg
扁額「盛哉」

DSC_2501.jpg
扁額「神明宮」

DSC_2502.jpg
本殿
御祭神 天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)


1403年、栃木城内神明宿に創建されたと伝わる。

1589年、皆川広照により現在地へ移され、栃木町の総鎮守となる。
社殿は伊勢皇大神宮に倣って神明造り
1872年県社となる。

「栃木(とちぎ)」という地名は
本殿屋根の千木が十本あり、十千木(とちぎ?)からきたと言われています。



DSC_2498.jpg
神楽殿

DSC_2504.jpg
神輿

DSC_2506.jpg
社務所兼授与所にて御朱印授受

DSC_2505.jpg
御朱印
一頁 ¥300
二頁 ¥500

DSC_2956-3.jpg
二頁(見開き)御朱印
「盛哉」は、拝殿にかかっている扁額と同じですね


posted by かめ忍者 at 22:23| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

人気ブログランキング