2018年07月03日

鎮守氷川神社(埼玉県川口市)紫色季節の印

鎮守氷川神社(ちんじゅひかわじんじゃ)
2018年(平成30年)2月17日参詣
埼玉県川口市青木5丁目18−48 鎮座

DSC_4050.jpg
社号標

DSC_4052.jpg
鳥居

DSC_4061.jpg
手水舎

DSC_4056.jpg
狛犬

DSC_4057.jpg

DSC_4055.jpg
拝殿

DSC_4058.jpg
扁額

DSC_4059.jpg
本殿

創建については不詳。
社伝によると、室町時代初期の応永年間(1394年-1427年)に創建と伝わる。

古来より時代時代に幾度か社殿が修復され再建されて来たが、明治17年に本殿、拝殿が再建された。
大正12年の大震災により拝殿、鳥居が倒壊した為、昭和天皇の御即位の御大典を記念し、昭和2年拝殿・鳥居等を再建し、昭和61年5月25日氏子崇敬者の御奉賛により、新社殿御造営大事業が成された。
御祭神は伊邪那岐神、伊邪那美神の御子である素盞鳴命を又、夫婦神として櫛稲田姫命を主祭神としてお祀りしている。
素盞鳴命が八俣の大蛇を退治したことから、厄祓い・厄除けの霊験あらたかであり、主祭神が夫婦神であることから縁結び、夫婦和合、そして子育ての御神徳がある神として崇敬されて今日に至る。


DSC_4060.jpg
授与所にて御朱印をいただきました

DSC_4063.jpg
御朱印帳
横尾忠則コラボ御朱印帳は毎月15日より100冊限定での頒布

DSC_4062.jpg
季節ごとの印案内

DSC_4939.jpg
御朱印
初穂料:500円

posted by かめ忍者 at 10:36| 栃木 ☁| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

内牧鷲香取神社(埼玉県春日部市)

鷲香取神社(わしかとりじんじゃ)
2018年(平成30年)2月17日参詣
埼玉県春日部市内牧2283 鎮座

DSC_4027.jpg
神社への案内板

DSC_4029.jpg
社号標

DSC_4028.jpg
狛犬と鳥居

DSC_4030.jpg
内牧鷲香取神社由来略記

DSC_4031.jpg
赤い鳥居は稲荷神社、茶色の鳥居は天満宮

DSC_4032.jpg
手水舎

DSC_4033.jpg
拝殿

DSC_4034.jpg
扁額

DSC_4035.jpg
本殿

DSC_4037.jpg
本殿

由緒
下総国の香取神宮の神馬が逃げ出してこの地までやって来たのを村人が捕らえたことが縁となり、ご分霊を勧請して創建したことに始まると言い伝えられる。その後、鷲宮神社の神輿の休息に当社に立ち寄られていたことから、鷲宮神社の御分霊も勧請し、現在の形となったとされる。

DSC_4036.jpg
御朱印は境内裏の宮司さん宅にていただきました


DSC_4955.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:58| 栃木 ☁| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

草加神社(埼玉県草加市)

草加(そうか)神社
2017年(平成29年)8月27日参詣
埼玉県草加市氷川町2118−2 鎮座

草加神社の二の鳥居から入ろうとしたが、それほど遠くない一の鳥居に気付いて戻り入り直しました。
DSC_2942.jpg
社号標

DSC_2944.jpg
一の鳥居

DSC_2935.jpg
二の鳥居

DSC_2936.jpg
手水舎

DSC_2947.jpg
狛犬

DSC_2948.jpg

DSC_2937.jpg
拝殿

DSC_2938.jpg
扁額

DSC_2939.jpg
拝殿内

DSC_2941.jpg
本殿
御祭神 素盞鳴命、櫛稲田姫命

社伝によると、戦国時代の天正年間(1573年-1592年)の創建とある。

草加神社(旧社名・氷川神社)は、武蔵国一之宮で氷川信仰の総本社「武蔵一宮氷川神社」から勧請されたとされる。
当時は小さな祠で祀られていたと云う。草加はまだ草加宿という宿場町が誕生しておらず、殆どが沼地であったと伝わる。
近隣の村民によって、周辺で崇敬篤い氷川神が祀られたのであろうと思われる。
1717年(享保2年)に正一位氷川大明神の神位が贈られ、氷川神社と呼ばれています。

明治40年(1907年)、近隣の神社の計11社が当社に合祀
合祀した十一社は下記の神社である。
神名宮(神明) 神明宮(西町) 八幡宮(高砂) 日枝神社(吉町) 天神社(苗塚町) 胡録天神(神明) 氷川神社(草加) 氷川神社(西町) 稲荷神社(神明) 稲荷神社(西町) 稲荷神社(松原)

草加町の総鎮守となり、同年「氷川神社」から「草加神社」に改称。

DSC_2949.jpg
御朱印は社務所(御祈祷受付所)にて頂きました

DSC_3559.jpg
御朱印



posted by かめ忍者 at 21:28| 栃木 ☀| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

春日部八幡神社(埼玉県春日部市)

春日部八幡(かすかべはちまん)神社
2017年(平成29年)6月17日参詣
埼玉県春日部市 粕壁5597 鎮座

DSC_2468.jpg
社号標

DSC_2469.jpg
表参道入口

DSC_2467.jpg
一の鳥居
銅製の重みがある鳥居

DSC_2466.jpg
二の鳥居
木造りの年季を感じさせる鳥居

DSC_2465.jpg
狛犬の上に建つ珍しい石灯篭

DSC_2451.jpg
手水舎

DSC_2456.jpg
社殿の前にいる狛犬

DSC_2464.jpg

DSC_2452.jpg
拝殿

DSC_2453.jpg
扁額

DSC_2458.jpg
社殿向かって右側に掛けられている十二支の絵馬は見応えがありました

DSC_2457.jpg
本殿

創建は不詳ですが一説には、鎌倉時代元弘年間(1331〜1334年)新田義貞の武将、春日部治郎少輔時賢が、鎌倉の鶴岡八幡宮より御霊を勧請したものです

現在の境内がある敷地は、当時の春日部一族の館の敷地跡だそうです
「春日部八幡神社」も「春日部」という地名も 武蔵国の春日部氏から名付けられています。

DSC_2459.jpg
本殿裏のは奥の院

DSC_2463.jpg
奥の院

DSC_2461.jpg
この奥の院は旧本殿だそうです

DSC_2454.jpg
祈願受付所兼授与所にて御朱印を頂きました。初穂料は300円
左手の受付所とつながっている入口は、待合所兼トイレ

DSC_2950-1.jpg
御朱印



posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

下吉田 椋神社(埼玉県秩父市)

椋神社(むくじんじゃ)
2017年(平成29年)4月29日 参詣
埼玉県秩父市下吉田7377 鎮座

DSC_1547.jpg
社号標

延喜式内社(小社)であり、旧社格は県社。

秩父には「椋神社」の社号をもつ神社が5社存在し、「椋神社」の名は延喜式神名帳にも記載されているいわゆる式内社である。
論社という扱いになるのだろうが、明治政府はいずれの神社にも式内社と称することを許したという。

その中でも当社は、最も知名度の高い神社ではないだろうか。
特に当社の10月の例祭である「龍勢祭」は有名。

DSC_1548.jpg
社殿の脇、大鳥居

DSC_1546.jpg
一の鳥居

DSC_1637.jpg
二の鳥居

DSC_1635.jpg
二の鳥居脇を固める細身の狛犬

DSC_1636.jpg

DSC_1551.jpg
手水舎

DSC_1550.jpg
拝殿

DSC_1549.jpg

DSC_1633.jpg
扁額

DSC_1235S.jpg
本殿

社伝によると、第12代景行天皇の時代、日本武尊による東征の際、甲斐国酒折宮から武蔵国諸郡を経て、当地を通りがかった時、霧が深くて進めなかった。

軍神である事勝長狭神(猿田彦大神)に神慮を請い、鉾を立てたところ、光を放って飛翔したという。それが井泉の椋の木の下に止まり、そこに老翁が現れた。

その老翁が、日本武尊を戦勝に導いたという。日本武尊が神恩に感謝して祠を建て、祀ったのが創祀。当社の例祭には、龍勢花火が奉納される。いわゆる龍勢祭り・龍勢まつりで、この創祀伝承がモデル。

また、平将門討伐の際、俵藤太が当社に詣で、祈願したことにより討伐に成功したため、俵藤太によって春日四神が合祭され、井椋五社明神、あるいは井椋五所明神と称されるようになったという。

神社としては和銅3年(710年)に社殿が造営されたのを始まりとしている。


DSC_1640.jpg

DSC_1639.jpg
10月の例祭である「龍勢祭」で使うやぐら
龍勢は、下吉田・椋神社の神賑行事として行われるもので、農村部に伝わるロケット製作技術として注目されている。
龍勢の製造は、松材の丸太を2つ割りにして中をくり抜き、竹たがで締めて筒にする。これに火薬を詰め長い青竹に括りつける。火薬の調合や導火線の付け方等で、各流派を生み出している。龍勢は高さ20mぐらいの櫓に掛け、空中高く発射させている。
※公開日:10月第2日曜

DSC_2331-2.jpg

DSC_1638.jpg
社務所 兼 授与所にて御朱印を頂きました

DSC_2331-1.jpg
龍勢の印が特徴的です


posted by かめ忍者 at 22:42| 栃木 ☀| Comment(0) | 埼玉の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング