2017年02月09日

於岩稲荷 陽運寺(新宿区)

2017年(平成29年)2月4日参詣
東京都新宿区左門町18 鎮座

長照山 陽運寺は山梨県身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の寺院です。

DSC_0953.jpg
山門

DSC_0928.jpg

DSC_0931.jpg
小さな稲荷

DSC_0936.jpg
手水舎

DSC_0935.jpg
花が添えてあり、お洒落
境内は狭いけど緑が多くとても可愛い作りで女性好みですね、まるで京都の小さなお寺みたいです。

DSC_0945.jpg
再建記念碑

DSC_0946.jpg
田宮家の井戸かもしれない井戸は新宿区の文化財で、湧き水はお清めに使われているそうです。

DSC_0952.jpg
水掛け福寿菩薩様
お題目を唱えながら、こちらの菩薩様にお水を掛け邪気払いました。

DSC_0950.jpg
阿の狛犬

DSC_0949.jpg
吽も狛犬

DSC_0942.jpg
可愛らしいミニ盆栽がありました

DSC_0947.jpg
本堂


水戸久昌寺の蓮牙院日建上人が昭和初期に創建しました。
鶴屋南北の東海道四谷怪談で有名な於岩がゆかりのある地であり、於岩稲荷を祀っており、道路向かいには四谷於岩稲荷田宮神社があります。


境内掲示による陽運寺の縁起では
由来の事
江戸時代、文政8年7月歌舞伎戯作者四世鶴屋南北作「東海道四谷怪談」が世に喧伝され、於岩様庶民の畏敬を受け当山その由縁の所として現在に至ったが、戦災に遇い協議の上本堂を栃木下野から薬師堂を移築再建した。棟札には宝暦7年とある。於岩様の戒名は得證院妙念日正大姉、墓は元鮫ヶ橋にあったが、現在は移転し巣鴨新庚申塚(妙行寺)にある。当堂内には於岩様御尊像奉祀され参拝者祈願の対象となり境内には由縁の井戸、再建記念碑等がある。(境内掲示より)




DSC_0944.jpg
受付所

DSC_1003-1.jpg
日蓮宗なので御首題ですが
「御朱印をお願いします」といつも通り寺院用の帳面を開いて御朱印をいただきました。

posted by かめ忍者 at 22:16| 栃木 ☔| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

神楽坂聖天 安養寺(東京)

醫光山 長寿院 安養寺
2016年11月13日参詣
東京都新宿区神楽坂6-2 鎮座

「安養寺」は別名、「神楽坂聖天」とも呼ばれています。

聖天堂.jpg
正面にあるのは本堂ではなく聖天堂

DSC_0493.jpg
聖天堂には、「大聖歓喜天(聖天様)」が祭られています。
「聖天様」と一緒に祭られているのが「11面観音」で、「江戸三十三観音十六番札所」の本尊になります。

DSC_0494.jpg
参拝で敷地内に入ったら、お寺のおばちゃんが声を掛けてくれまして、2階にある薬師瑠璃光如来(黄金の神楽坂大仏)の部屋(本堂)へ案内してくれました。

神楽坂大仏.jpg
大仏様は「薬師如来」様で、かなり古いもののようです。高さ2mちょっとです。
東京大空襲で、このお寺も焼けてしまいますが、大仏様は、お顔、お手、薬壺が奇跡的に残りました。
これを当時、日本一とされた京都の仏師によって、復元されたのが今のこのお姿だそうです。



開設は平安時代に遡り、開基は天正19年(1591年)、慈覚大師円仁によります。
天正19年(1591年)、徳川家康が江戸城築城の際、城内川口より田安へ換地、その後天和3年(1683年)今の神楽坂の地に移転してきました。
ご本尊は「薬師瑠璃光如来」です。

DSC_0771-2-0cb9f.jpg

posted by かめ忍者 at 22:05| 栃木 ☀| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

神楽坂 圓福寺(東京)

日蓮宗 妙徳山 圓福寺
2016年11月13日参詣
東京都新宿区横寺町15 鎮座

文禄5年(1596年)9月3日、加藤清正公により創建され、江戸三祖師の一つである厄除開運祖師や、江戸城から奉安された夜光鬼子母神を拝むことができます。

IMG_20161114_065910.jpg

DSC_0477.jpg
神楽坂タイムスリップ ウォークラリーのスタンプポイントになっていました

DSC_0478.jpg
扁額

DSC_0479.jpg
福を呼ぶ福朗ちゃん

懺悔.jpg
懺悔(さんげ)ができる寺として知られ「懺悔守り」が人気を呼んでいる。
懺悔はキリスト教では「ざんげ」、仏教では「さんげ」と読むらしいです。
懺悔内容を記入し寺に奉納する種類のお守り。「過去の行いにより今があり、今の行いにより未来が決まる」という考えの下、過去の罪を心からわび、懺悔が健康運・仕事運(金運)・良縁という3つの事柄に変化をもたらすこと、つまり三化(さんげ)を祈念する。
懺悔の概念をより多くの人に知ってもらいたいと始めると、いろいろなメディアで取り上げられるようになり、全国からの問い合わせが多くなったと言う事です。
同寺ホームページ内に「神楽坂圓福寺お守り受付所」を開設。
懺悔守りは1枚500円。ネットで購入した場合は、懺悔内容を記入後、同寺まで返送する。



DSC_0772-2.jpg
江戸三大祖師
厄除け開運のお祖師さまの御首題

posted by かめ忍者 at 23:36| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

毘沙門天 善國寺(神楽坂)

日蓮宗「鎮護山善國寺」
2016年11月13日参詣
東京都新宿区神楽坂5-36 鎮座

毘沙門天善國寺は神楽坂下と神楽坂上の間に位置し、神楽坂を神楽坂下から神楽坂上に歩けば左側に見えます。朱色の門、朱色の本堂ですから直ぐ分かります。

IMG_20161114_065650.jpg

神楽坂の街をめぐるスタンプラリー
が開催されていて混雑していました

毘沙門神楽坂.jpg
夏目漱石の『坊ちゃん』でも縁日のエピソードが出てきます。
「それから神楽坂の毘沙門の縁日で八寸許りの鯉を針で引っかけて、しめたと思ったらぽちゃりと落して仕舞ったが是は今考えても惜しいと云ったら、赤シャツは顎を前の方へ突き出してホホホ……と笑った」 

tora.jpg
善國寺虎石像 狛犬ならぬ狛虎が睨みをきかせています
善國寺毘沙門天は、またの名を多聞天ともいい、天の四方を守護する四天王の一つであり、北方または東北方を守護する軍神である。ゆえに人々の願いを多く聞き、ご利益を与えることを誓願とする天の神といわれている。善國寺の虎石像は、毘沙門天が寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に降臨したことに由来する。

DSC_0472.jpg
本堂
DSC_0471.jpg


善国寺(ぜんこくじ)は、安土桃山時代の文禄4年(1595年)、池上本門寺第12代貫主である日惺上人により創建された、日蓮宗の寺院です。
本尊の毘沙門天は江戸時代より「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集め、芝正伝寺・浅草正法寺とともに江戸三毘沙門と呼ばれました。
現在は新宿山ノ手七福神の一つに数えられています。

DSC_0772-1-ac28b.jpg
いただいた御朱印の中央の印には「長完功名」(長く功名を全うす)の文字
 
posted by かめ忍者 at 22:35| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

顔だけの「上野大仏」

2016年6月5日参詣
東京都台東区上野公園7-47(上野恩賜公園 寛永寺)鎮座

DSC_0267.jpg

上野精養軒に隣接する、大仏山というちいさな丘の上にあるパゴダ薬師堂には、お隣に釈迦如来の大きなお顔が祀られています。
数々の災難を生き抜いてきたということで縁起のよい「合格大仏」として多くの受験生の皆さんのシンボルとしても知られています。

DSC_0264.jpg

9900ba951ea5-354c-4467-8b96-1a1984515b62_m.jpg
人と比較すると大きさが分かりますね

DSC_0268.jpg

img_4.jpg

この場所に最初に大仏が建ったのは寛永8年(1631年)、粘土に漆喰塗りの釈迦如来坐像だった。
その後、万治年間 (1660年) に青銅製の釈迦像となり、元禄11年 (1698年)には大仏殿も建立された。
その後、1647年の地震、1841年の火災、1855年の地震などの災難に見舞われ、首や顔などの部分が破損。その都度修復作業が行われました。
しかし、1923(大正12)年の関東大震災で4度目の崩壊、頭部が落下。
その後、胴体の部分は戦争の軍需資源として使用されたため、顔のみが残り この地から消えてしまいました。
しかし、昭和42年(1967年)関東大震災の50回忌にあたり上野観光連盟が願主となってパゴダ薬師堂を建立。
昭和47年(1972年)寛永寺に保管されていた顔面部がレリーフとして安置され現在のお姿となった

もうこれ以上落ちない上野大仏の悲しい歴史

DSC_0366-1.jpg
御朱印は清水観音堂でいただきました。

posted by かめ忍者 at 20:34| 栃木 ☁| Comment(0) | 卍東京の寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング