2017年09月19日

進雄神社(群馬県高崎市)

進雄神社(すさのおじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市柴崎町801 鎮座

DSC_2607.jpg
社号標

DSC_2605.jpg
一の鳥居は朱の大鳥居

DSC_2606.jpg
二の鳥居

DSC_2608.jpg
手水舎

DSC_2609.jpg
神橋

DSC_2611.jpg
社殿前、青銅の狛犬(吽形)

DSC_2612.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2610.jpg
拝殿

DSC_2613.jpg
扁額
明治天皇の外祖父中山忠能公が染筆したものだそうです 

DSC_2615.jpg
本殿

須佐男・須佐之男・素盞雄
進雄でもスサノオとはちょっと読めなかった
祀ってある主祭神は、祇園祭で有名な京都八坂神社と同じ「須佐之男命(すさのおのみこと)」で、その他に稲田姫命様ほか二十四神が合祀されています

由緒書きより
進雄神社は、貞観十一年(869年)諸国に疫病蔓延の時に、清和天皇の勅掟により尾州津島神社を勧請して当地に創祀され以来千百数十年にわたり、皆様の健康と厄除を御護りし、広く崇敬されてまいりました。
天喜五年(1059年)源頼義公奥州征討の時に当神社を深く崇拝せられ武運長久を祈誓され、凱旋にあたり社殿を修造し神領を寄進されました。

戦国時代の武田、上杉、北条等の武将達の書状が今に伝えられ、戦勝祈祷文書や社家の安堵状等篤く崇拝された様子がしのばれます。
高崎藩主、箕輪城主より神領が寄進され奉幣の儀が度々行われ、寛永十一年に徳川家光公より御朱印三十石が寄進され、以来幕末まで続いておりました。

明治初年に神仏分離により、それまでの「天王宮」から雄大に進むを祈誓して大神様を社号とする「進雄神社」と改称され平成の御代に総檜、権現造の御社殿を新築造営すると共に神域を整厳しました。」



DSC_2616.jpg
御朱印は境内左手にある授与所で拝受
初穂料は300円

DSC_2956-1.jpg
御朱印


posted by かめ忍者 at 19:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

倉賀野神社(群馬県高崎市)

倉賀野(くらがの)神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市倉賀野町1263 鎮座

倉賀野町に鎮座、BOØWY氷室京介の地元ですね。参拝によく行かれていたとか
「彼の家は、高崎から1つ目の駅倉賀野にあった。噂話好きの優しい人たちと、静かな風景。そして大きな川と空っ風にふかれる豊かな四季のある街だった。」(大きなビートの木の下でより)
DSC_2602.jpg
社号標

DSC_2601.jpg
鳥居

DSC_2590.jpg
手水舎

DSC_2593.jpg
狛犬

DSC_2592.jpg

DSC_2591.jpg
拝殿

DSC_2600.jpg
拝殿を斜めより撮影

DSC_2603.jpg
拝殿を見上げて見える彫刻は「飯玉縁起」の伝説を物語っています

DSC_2594.jpg
扁額

DSC_2598.jpg
本殿
御祭神
大国魂大神(おおくにたまのおおかみ)

第十代崇神(すじん)天皇48年、または大同2年(807年)に創始と伝えられ、倉賀野宿と近隣の七ヶ郷の総鎮守です。
旧社名は飯玉宮(いいだまぐう)、大国玉神社と呼ばれる時代を経て、明治43年(1910年)の神社合併により倉賀野神社となりました。



DSC_2597.jpg
説明版
歴史・沿革
第十代崇神天皇の御代、国中に疫病が広まり、帝は倭大国魂神に祈願して災厄を鎮めた。
やがて皇子の豊城入彦命は東国の平定を命ぜられる。そして、出立のとき帝から御愛石を授けられた。
社伝によると、豊城入彦命はこの御愛石を御魂代として祭祀された。この石は倭大国魂神の御分霊と伝わり「ご神体のクニタマさま」として今も御本殿に奉安される。
大同二年(807)坂上田村麻呂公が造営舞楽を奏上。
建長五年(1253)倉賀野三郎高俊(武州児玉党の余流で倉賀野氏の始祖)が社殿を造営。
以後、社殿の建替え、修復が繰り返されてきた。



DSC_2589.jpg
参道、社務所の間に神饌田

DSC_2588.jpg
境内の左脇参道にある鳥居

DSC_2595.jpg
御朱印は社務所にて頂きました
不在だったのでインターホンを鳴らしたら奥から出て来て書いて下さいました。


DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 14:35| 栃木 ☔| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

小祝神社(群馬県高崎市)

小祝神社(おぼりじんじゃ)
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市石原町1247 鎮座

DSC_2572.jpg
社号標

DSC_2571.jpg
鳥居

DSC_2570.jpg
手水舎

こちらの神社は、延喜式神名帳に記載された「式内社」になります。
また、上野国七宮になります。

参考に群馬の一の宮以下は
一ノ宮・貫前(ぬきさき)神社
二ノ宮・二宮赤城神社or三夜沢赤城神社
三ノ宮・三宮神社
四ノ宮・甲波宿禰(かわすくね)神社
五ノ宮・若伊香保神社
六ノ宮・榛名神社
七ノ宮・今回来た小祝神社
八ノ宮・火雷神社
九ノ宮・倭文(しどり)神社

DSC_2569.jpg
社号標

DSC_2576.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2577.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2574.jpg
拝殿
神社自体はこじんまりしていて境内は広くはありません。神社の西側の境内の中には石原第一保育園がありました。そんな中文化財に登録されている社殿は彫刻や色鮮やかな絵などなかなか立派でした。

DSC_2578.jpg
扁額

DSC_2580.jpg
本殿
主祭神、少彦名命(スクナヒコナノミコト)

由緒によると、
国史では、「小祝神」の神階が元慶四年(880年)に正五位下から正五位上勳十二等に昇叙された旨の記載が見えるが、創建ははっきりしない。
延長五年(927年)上野十二社第七社に加えられている。
小祝神社は、江戸時代には小祝大明神と呼ばれていた。そして片岡の鎮守として、また安産子育て、医薬の守護神として崇敬篤い社である。ということです。


DSC_2581.jpg
小祝神社案内板

DSC_2575.jpg
絵馬堂

DSC_2573.jpg
社務所で呼鈴をならすと宮司さんのお母さんだと思いますが対応していただき無事御朱印をいただくことが出来ました。(宮司さん不在なのでハンコでした)

DSC_2958-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 02:53| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

群馬県護国神社(群馬県高崎市)

群馬縣護國神社
2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市乗附町2000 鎮座

DSC_2558.jpg
社号標

DSC_2559.jpg
一の鳥居
中央がコンクリート舗装で鉄製の手摺り

DSC_2560.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2561.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2562.jpg
手水舎

DSC_2563.jpg
二の鳥居

DSC_2564.jpg
二の鳥居を抜け社殿へ続く参道

DSC_2565.jpg
拝殿

DSC_2566.jpg
本殿
御祭神・群馬県出身関係殉国の英霊

由緒(護国神社HPより)
明治維新以来の国難に際し、尊い生命を捧げて私たちをお守りくださった方々の神霊を奉斎するために、明治42年群馬県招魂会が結成され、高崎公園内に英霊殿が建立されて年々盛大に招魂祭が執行されてきたが昭和14年この祭祀を継承して、群馬縣護國神社を造営することなり、挙県一致のもとに御造営にとりかかり、多額の浄財と述べ12万人の勤労奉仕もあって、遥かに皇居に向かって現境内地に御社殿を御創建、昭和16年11月19日支那事変に到るまでの3.573柱の祭神を合祀し鎮座祭が執行された。 その後、大東亜戦争関係の祭神を次々と合祀して、その数は47,000柱を超え、県民崇敬の新しい祭事が営まれている。


DSC_2568.jpg
平和の礎
平成2年、平和の礎建立委員会「郷土部隊関係者」建立
境内で一番新しい慰霊碑

DSC_2567.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2957-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 10:18| 栃木 ☀| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

高崎神社(群馬県高崎市)

2017年(平成29年)7月22日参詣
群馬県高崎市赤坂町94 鎮座

DSC_2550.jpg
社号標

DSC_2551.jpg

DSC_2552.jpg
神社入口

DSC_2544.jpg
鳥居

DSC_2546.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2545.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2547.jpg
手水舎

DSC_2548.jpg
拝殿

DSC_2549.jpg
拝殿内

DSC_2557.jpg
本殿

由緒
当社は旧熊野神社と称し、後嵯峨天皇の寛元元年(1243年)和田城主和田小太郎正信が相模国三浦より城内榎森に勧請し、守護神として崇敬せられました。
後に慶長三年(1598年)伊井直正築城の際、今の地に奉遷し、高崎の総鎮守と為す旨、仰せ出されてより広く人々に崇敬されてまいりました。
明治四十年境内末社、市内鎮座の社を合併し、高崎神社と改称されました。


DSC_2553.jpg
敷地内には美保大國神社もあります
昭和4年(1929年)に島根県の美保神社から分霊を勧請し、事代主神と大国主神が祀られています。
昭和の不況時に高崎の商工業者たちによって、産業の振興を祈願して建てられた神社です。

DSC_2555.jpg
御朱印は社務所でいただけます。
結婚式場も併設しているので、かなり現代的な社務所でした。

DSC_2956-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 21:41| 栃木 ☀| Comment(4) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

桐生 雷電神社(群馬県桐生市)

雷電(らいでん)神社
2017年(平成29年)6月17日参詣
群馬県桐生市錦町一丁目3‐6 鎮座

DSC_2394.jpg
社号標

DSC_2395.jpg
一の鳥居

DSC_2393.jpg
二の鳥居

DSC_2388.jpg
手水舎

DSC_2389.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2390.jpg
狛犬(吽形)

DSC_2387.jpg
拝殿

DSC_2391.jpg
扁額

DSC_2392.jpg
本殿

雷電神社の由来(案内板より)
雷電神社は雷除け、雨乞い、五穀豊穣の神として荒戸五ケ村が雷電山に祭る。永禄二年(1559年)である。
常見隠岐守が上原に移った時に屋敷神として勧請した。天和二年(1682年)である。
その後最勝寺(現在は錦町)が別当寺として祭祀を預かる。(最勝寺は常見隠岐守の開基と云い、神社に仕え、管理運営を行っていた。)
亨保、元文の頃、寺と村方とで神社について紛議が起こり、一時的に村方持ちになったが元文四年(1739年)上野東叡山から下書を賜って最勝寺が別当となり明治維新まで継続した。
明治時代より雷電神社はその所在地の鎮守様として、周辺の崇敬者を氏子として祭祀管理運営されて、春秋二回の祭礼が行われてきた。
太平洋戦争時は大3区区民が氏子となり、昭和五十九年に老朽化した本殿、大鳥居等改修し現在にいたる。
祭神 火雷神
平成二十一年



DSC_2397.jpg
御朱印を頂きたいな〜と思いながら社務所周りをウロウロしてると・・・女の人が出てきて、社務所を開けて下さいました^^
どうぞ上がって待ってて下さいと〜♪

DSC_2783-1.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

大間々 貴船神社(群馬県みどり市)

貴船神社(きぶねじんじゃ)
2017年(平成29年)6月17日参詣
群馬県みどり市大間々町塩原785 鎮座

DSC_2372.jpg
一の鳥居

DSC_2373.jpg
手水舎前の鳥居

DSC_2375.jpg
手水舎

DSC_2374.jpg
二の鳥居

DSC_2376.jpg
参道階段と三の鳥居  

DSC_2379.jpg
参道階段を登りきると狛犬(吽形)がお出迎え

DSC_2378.jpg
狛犬(阿形)

DSC_2380.jpg
左に御神水を頂ける所、右に陶器製の狛犬が一対奉納されていました

DSC_2377.jpg
拝殿

DSC_2386.jpg
足尾街道の対岸を渡良瀬川に沿って登った古生層の断崖の上に鎮座している神社です。京都にある貴船神社の分社となります。

DSC_2381.jpg
扁額

御祭神は、水の神様高おかみ大神(タカオカミ神)、五穀豊穣の神様大山祇大神(オオヤマヅミ神)、国土を守護する大穴牟遅大神(オオナムチ神)です。
御神徳は、万物は水の恩恵を受けているため水の神様の信仰により幅広く、家内安全、商売繁盛、厄除、諸願成就、交通安全とされています。

DSC_2385.jpg
本殿

創立の詳細は明治三十六年(1903年)の火災により社記を消失して不詳ですが、平安時代初期の天暦十年(956年)、東国地域(関東地方)がひどい旱魃に襲われたとき、山城国(現 京都府)の貴船神社の御祭神が、古来より祈雨・止雨祈願の神として信仰されてきた高龗神(たかおかみのかみ)で、その分霊を奉り降雨と五穀豊穣を祈願したところ雨が降り、人々はこの雨で救われたといいます。
そして、人々の願いがかなった事から関東平野の最北端、渡良瀬川流域の山地に祭られたのが始まりといわれ、現在地に建立されたのは、江戸時代の寛文八年(1668年)と云われています。


DSC_2382.jpg
絵馬

DSC_2383.jpg
御朱印は、社殿の右側にある「祈祷受付」で頂けます。
御朱印代は300円でした。

DSC_2384.jpg
「貴船神社 オリジナル御朱印帳」¥1500(内、朱印¥300)

DSC_2782-1.jpg
御朱印

寄る予定ではなかったのですが、ドライブ中に偶然に看板を目にしてしまいました。
去年(2016年)の12月に1度参拝したのですが冬季は書置きしか対応していなく、今回は書入れの御朱印を頂けました^^

posted by かめ忍者 at 21:40| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

伊勢崎神社(群馬)

2017年(平成29年)1月14日 参詣
群馬県伊勢崎市本町21-1 鎮座

DSC_0797.jpg
鳥居と社号標

DSC_0803.jpg
手水舎

DSC_0798.jpg
狛犬
DSC_0799.jpg

DSC_0800.jpg
拝殿

DSC_0810.jpg
拝殿正面入口の上部には、戦時中、中島飛行機(富士重工業の前身)の社員が奉納した木製のプロペラがあります。飛行機が戦争から無事に帰ってくる様にと、渡航安全・航空安全を祈願したものです。

DSC_0807.jpg
本殿

DSC_0808.jpg
本殿、真裏より撮影

1213年(建保元年)に三浦義澄によって創建されたと伝えられている。旧称は飯福神社、通称「いいふくさま」。江戸時代には伊勢崎藩の神社だった(伊勢崎陣屋は伊勢崎神社から見て北西約500メートルほどの場所に立地)。
1926年(大正15年)に、近郷の神社を合祀し、伊勢崎神社に改名。また、1941年(昭和16年)には県社に列せられる。現在の社殿は1848年(嘉永元年)の建築。
また、「伊勢崎」の地名は、元亀年間(1570年 - 1573年)に伊勢神宮を勧請したことから名づけられたと言い伝えられている。

DSC_0806.jpg
境内脇のとり

DSC_0805.jpg
芭蕉句碑

DSC_0801.jpg
社務所

DSC_0858-3.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

茂呂 飯福神社(伊勢崎市)

2016年8月17日参詣
群馬県伊勢崎市大字茂呂3412 鎮座

飯福(いいふく)「良い福」を授かる神社だそうです^^

1471593056080.jpg

創建年代は明らかではないが、伝承によれば、建武年間(1334〜36)に宗良親王が父君後醍醐天皇の命を受け征東将軍となって東国に赴いたが、御子の尹良親王薨去後は新田一族を率いて王事を尽していた。
その宗良・尹良両親王の御息所にちなんで、ここに「位々登美」の御神霊を奉祀した事が始まりとされている。その後は那波氏によって再興されたが、正親町天皇の御代の永禄五年(1562)、北條氏の兵乱に遭って社殿は悉く破損した。しかし、由良氏によって修理がなされ、天正年間(1573〜92)には、竹姫公の采邑となった。江戸時代に至ると、伊勢崎城主酒井日向守忠能によって修理が加えられ、明治維新以来は氏子の経営するところとなった。明治七年(1874)、村社に列せられ、同四十年(1907)九月十七日、境内末社の愛宕神社・秋葉神社・菅原神社、字堤の飯福神社・同境内末社の琴平神社・八幡神社、及び字宮上の秋葉神社、字白山の白山神社・同境内末社の菅原神社・疱瘡社を合祀して今に至る。
 
境内には、大正十四年(1925)建立の「古銭発見碑」があり、以前は桜の名所でもあった境内地を氏子達は「カミノヤマ」(上之山)と称している。

IMG_20161116_212018.jpg

ab25a079.jpg
「愛嬌のある」狛犬は、立て看板によると「いい福を授けてくれますので願いを込めて撫でてください」とありました。もはや原形が分からないほど顔がすり減っていました。

DSC_0390-1.jpg
宮司さんは常駐ではないですが運よく頂けました。冷たい缶のお茶まで頂き感謝です。

posted by かめ忍者 at 05:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

大國神社 (伊勢崎市)

2016年8月17日参詣
群馬県伊勢崎市境下渕名2827 鎮座(旧境町)

IMG_20161114_213712.jpg

『延喜式神名帳』にある「大国神社(上野国・佐位郡)」に比定される式内社(小社)。上野国十二社の一社。近代社格では郷社。

IMG_20161114_213738.jpg

社伝(明和年間(1764年-1772年)の大国五護宮縁起)・『伊勢崎風土記』によると、第11代垂仁天皇9年に風雨不順によって人々が苦しめられていたため、天皇は諸国の神々に、その救済を祈った。
垂仁天皇は百済車臨を東国に派遣した。
その百済の車臨が、当地に来た時、御手洗池で手を洗っている白髪の老人と出会い、名前を尋ねると、「大国主命」であると告げる。
そこで車臨が人々の救済を願うと、老人の姿は消え疫病もなくなったという。
そこで、垂仁天皇は、車臨を賞賛し、当地を与えたという。

その後、丹後国穴太郷より五媛の宮を奉遷して合祀したので、当社を「五護宮」又は「五后宮」、「第五姫大明神」とも称されていたという。
丹波道主王命の子(渟葉田瓊入媛命、竹野媛命、日葉酢媛命、垂仁天皇后真砥野姫命、筋瓊入媛命)

IMG_20161114_213837.jpg

神社は比較的大きいのですが、宮司さんは常駐ではありません。
DSC_0389-1.jpg

posted by かめ忍者 at 05:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 群馬の神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング