2017年02月19日

豪徳寺「招福猫児」福を呼んで!

gotokujicat.jpg
長男が世田谷での1人暮らし、次男の寮生活、家にそれぞれ1つづつ

去る2015年10月31日に
世田谷区の豪徳寺
を参拝した時に購入した、豆サイズの招き猫

豪徳寺では、「 招福猫児(まねぎねこ)」と呼んでいるそうです。

『大渓山 豪徳寺』彦根藩井伊家の墓所として有名なお寺です。

もともと、この地には、奥州吉良氏により築かれた世田谷城がありました。
文明12年(1480)、城主であった吉良政忠は、叔母である弘徳院のために敷地内に「弘徳院」創建しました。豪徳寺の前身です。
現在の豪徳寺2丁目を中心に、世田谷は城下町として栄えていました。
しかし、天正18年(1590)小田原征伐の際、世田谷城が廃城となり、弘徳院もだんだんと寂しくなっていきます。

時は江戸に入り、辺りは彦根藩井伊家の所領となります。
当時、弘徳院の第4代ご住職は、タマという真っ白なネコを我が子のようにとても可愛がっていました。
ご住職は、「汝、我が愛育の恩を知らば 何か果報を招来せよ」とタマにお話していました。


ある日のこと、門前が騒がしいので外へ出てみると、鷹狩りの帰りと見られる武士が5〜6人、暫し休憩をさせてもらえないか?と訪ねてきました。
聞けば、門前を通りかかると、白いネコがうずくまりこちらを見て頻りに手招きをしている、気になった一行は馬を降り、ネコに誘われるように境内へ訪ね入った、とのことでした。
快く客人を招き入れ、お茶を振る舞おうとしたとたん、にわかに空が曇りだし、雷とともに激しい夕立が降り始めます。
激しい雷雨の中、ご住職は心静かに武士達へ説法をします。
すると、客人は、自身が彦根藩2代藩主 井伊直孝であると名を告げ、「ネコに招き入れられ雨をしのぐことができ、しかもご住職のありがたいお話に預かることができた、これも仏さまの因果でしょう」と、大変よろこび帰っていきました。
この当時、お寺はお茶を振る舞うことも苦労するほどに貧窮していたといわれます。

後日、井伊直孝はこのお寺を整備するために伽藍を寄進し、井伊家の菩提寺とします。直孝の戒名から『豪徳寺』とされお寺は盛り返したのです。

時が経ち、福を招いてくれたタマが亡くなると、ご住職は、お墓を建て冥福を祈り、弔います。
タマが右手を上げて招いている姿形を招福猫児(まねぎねこ)と称し、境内に「招猫殿」をつくり、招猫観音を祀りました。
以降、富や人の縁、幸福を招いてくれると、人々はその吉運にあやかり祈念するようになりました。

これが、「タマ伝説」招き猫のはじまりとされています。


posted by かめ忍者 at 20:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

埼玉県ときがわ町 萩日吉神社 神猿

DSC_0909.jpg

DSC_0911.jpg

DSC_0912.jpg

DSC_0911g.jpg

DSC_0914.jpg
「猿に見えない」と有名な神猿です。烏帽子がオス、赤い鼻がメス。
松岡寛道のセンスがコレ(とても良いセンスです)
この顔を描いて猿だと言える感覚を持った松岡寛道を、村民は慕って頼りにしていたと想像できます。
※現在の神猿の製作者も松岡姓ですので、松岡寛道から受け継いで代々松岡家が製作しているものだと思います。


埼玉県比企郡ときがわ町西平1105
萩日吉神社


日吉大社(滋賀県大津市)を本社とする萩日吉神社は萩の山王さんと呼ばれ古くから親しまれてきました。
地元では子供が腹痛などを訴えると お猿の同じ場所を針で刺し 神棚に供えて回復を祈る風習が近年まで残っていたといいます。
病気退散、厄除けなど役目を終えた お猿は針を結んで神社に奉納され、「納め猿」とも呼ばれていました。

そんな お猿は、白い丸木におおらかな絵付けがされています。
毎年1月の第3日曜日、今年は1月15日 萩日吉神社の例大祭に授与されるもので、白い木は境内に自生するドロノキ(白楊)が使われます。
製作者の手に入った材木の分しか製作が出来ないため、毎回数量限定になってしまうようです。
また、製作者のお歳も考えると、町の保護や有志が出てこない限り、今後入手しずらくなる郷土玩具の一つであると思います。

DSC_0911-1.jpg
一緒に配られる栞から 以下書き写しました

お猿様の縁起(山王宮御眷属)

お猿様は遠く文化・文政の時代に、祀官従五位下河内守松岡寛道が、信仰篤き諸人の要望に応えて作り始めたものです。
当時は願望がかなうお猿様として、1月の例大祭の日に参道で売り出す家が数家ありましたが、時代の変化により社頭にて頒布しています。
悪しきを払い去って幸運に恵まれる、宿願かなって納め去る、五疳驚風(ごかん-きょうふう)小児疳虫封じ、
或いは、腹痛がおこった場合、縫い針でその箇所を刺激すると効能あるといわれ、
今日に至る信仰のご眷属として親しまれております。

材料は深山に野生する白楊(どろのき・木肌が純白)の木を使います。

神猿は、真猿(まさる)、魔去る(まさる)、勝る(まさる)、と称し、縁起の良いものとされています。


posted by かめ忍者 at 22:24| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

お守りと授与品の取り扱い方

0812070418.jpg

お札、お守り、絵馬など、神社から授けられるものを授与品という。
お札は護符ともいい、神社での呼称は神札、神符です。神様の名前やその力を象徴する図、文字など記したもので、神棚に祀って祈願したり、門・戸口・柱などの貼って魔除けなどに用います。
お守りは、このお札を身に着けたり携帯できるようにしたもの。守札、袋守ともいう。もともとは女性の間で護符を首から下げることが流行したのが始まりで、携帯しやすいように巾着型の布袋などにいれるようになった。常に身に着けておくお守りは肌守という。

お札、お守りとも「祈祷された神様の分身」であることを忘れずに丁寧に扱い、飾る場合の場所は常に清潔を保つようにする。持ち歩くお守りは外袋の多少のいたみは支障ないが、汚れは「けがれ」に通じるので出来るだけ綺麗な状態を保ちたい。お札もお守りも十全な霊力を発揮するのは一年間と言われています。一年ごとに新しく替え、古いものは「古札納め所」に納めるようにしたいです。

絵馬は願い事と名前を書いて神社に奉納するものだが(お守りとして授与されているものは持ち帰ることもいいとされる)願い事が叶ったときには、報告と感謝の意味で再度神社に参拝し「お礼参り」をするといいのではないでしょうか、特に大きな願い事をした場合には叶ったかどうかに関わらず神様に報告するとよい。
大願が成就したら感謝の言葉を書いて新たに絵馬を奉納し、未だ叶わないときもあらためて絵馬を納め、再度願掛けをする。こうしたけじめを昔は「願解き」と言った。

私の備忘録として記しておきます

posted by かめ忍者 at 11:43| 栃木 ☁| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

子なまず 御守(板倉雷電神社)

上州・板倉の雷電さまにお参りしたら、ナマズを食べずに帰れない!として有名です。
付近で食べられるナマズの刺し身、天ぷら、煮物は、お酒ともよく合って美味です。ナマズは板倉地方にとって昔からの神の賜物。
雷電神社にある「なまずさん」は、なでると地震を除けて、元気回復、視力改善、自信が湧き出るとして、親しまれております。ここだけのナマズの御守もあります。
なまずさんの分身『子なまず』さんを授かりました。

PICT0892.JPG
「子なまず」のお守り。黄金の子なまず

DSC_0320-1-953e9.jpg
「子なまず」の懐御守。結構可愛いお守りです。

40_oma.jpg
表面に描かれてるのは「なまずさん」をキャラクター化したものでとてもキュート。
裏面にはその後ろ姿が描かれ面白い。
大きさはかなり小型であるが、このサイズが故にこのキャラが立つのだろう。他の色として朱色も有り。


posted by かめ忍者 at 13:13| 栃木 ☁| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

起き上がり小法師

起き上がり小法師

1471435191460.jpg


紅白に塗り分けられた高さわずか3〜4センチ。(最近は青い起き姫どころか、いろいろ楽しいものが沢山あります)
中におもりが入っているので、指で倒しても自力でひょいと起き上がる。
数多い郷土玩具の中でも素朴さでは筆頭にあげられそうなこの人形は「起き姫」とも呼ばれ会津地方に古くから伝わる縁起物です。
毎年正月10日に立つ「十日市」の縁日(えびす市)で売られ、会津の人々は家族の数より必ず一つ多く求め、神棚などに飾って一年の無病息災や豊作を祈る。一つ多くするのは「家族が増えますように」との願いからで、子宝や家族の幸せへの祈りも託しています。
手作りゆえに塗や表情がみな微妙に違うのも、買い求める際の楽しみです。

posted by かめ忍者 at 21:20| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

御神米

「神米」とは神に供えるために水で洗い清めた白米の事で「洗米」とか「饌米」とも呼ばれるそうです。

※洗米(せんまい、しんまい)は、洗った米をザルにあげ、乾燥させたものです。
昔は、トイレの糞尿を田んぼに撒いて肥料としたので、米も不浄とされ、神仏に捧げる場合は、洗いました。
日々お供えするべきものは、理想的には単なる「食べ物」ではなく「料理」
生米は料理ではないが、洗米は料理という理屈

今回 私はさいたま市の武蔵第六天神社にて頂きました。

DSC_0064.jpg


★712年に記された日本最古の歴史書「古事記」には稲の起源がこう書かれています。
国産みを行ったイザナギとイザナミの間に穀物や食物、蚕の女神である大気都比売神(オオゲツヒメノカミ)が生まれました。
するとそこに、高天原(たかあまはら)で粗暴を働いた天照大御神の弟のスサノオが空腹のため食事をもらいオオゲツヒメノカミの所にやってきました。しかし、オオゲツヒメノカミは口や鼻などから食べ物を出していたため、ワザと穢していると勘違いしオオゲツヒメノカミを斬ってしまいました。

すると食物や蚕を司る女神であるため、頭から蚕が、両目からは稲、両耳から粟、鼻の両穴からは小豆、陰部からは麦、尻からは大豆が生まれたと記述されています。

それを種として拾い上げたのが、古事記の中で三番目に産まれたとされる神様である
神産巣日神(カミムスヒカミ)です。

その後、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が高天原で自ら作った稲を、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に渡して、豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)つまり今の日本の国土に稲作を広めて国を拓きなさいという命を受けて普及させたと記されています。

dc41bda4.jpg


★日本書紀(720年)においては
同様の説話が神産みの第十一の一書に月夜見尊(月読命・つくよみ)と保食神(うけもち)の話として出てくる。

天照大神はツクヨミに、葦原中国にいるウケモチという神を見てくるよう命じた。ツクヨミがウケモチの所へ行くと、ウケモチは、口から米飯、魚、毛皮の動物を出し、それらでツクヨミをもてなした。ツクヨミは汚らわしいと怒り、ウケモチを斬ってしまった。それを聞いたアマテラスは怒り、もうツクヨミとは会いたくないと言った。それで太陽と月は昼と夜とに別れて出るようになったのである。

アマテラスがウケモチの所に天熊人(あめのくまひと)を遣すと、ウケモチは死んでいた。保食神の亡骸の頭から牛馬、額から粟、眉から蚕、目から稗、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれた。アメノクマヒトがこれらを全て持ち帰ると、アマテラスは喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種とした。


昔から米を含む穀物は「命の糧」であり、国の基盤となる大切な作物だったため、豊かな国の実現と民の幸福を実現するために、神へ豊作への祈りが捧げられるようになり、そこから祭りや年間行事、伝統芸能の多くが誕生したのでしょう。

宮中祭祀も稲作と深いつながりがあり、毎年11月23日に皇居で行われる新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は、天皇が稲の収穫に感謝して翌年の豊作を祈る祭りで、その年に採れた米などの穀物やお酒を神に供え その後 供えたものを神と一緒に食すと言うもの。

日本人の生活様式や文化とお米が密接に関係しているのが分かりますね。

posted by かめ忍者 at 21:56| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

ゾウのウンチで合格お守り

宇都宮動物園
栃木県宇都宮市上金井町552−2

ゾウの糞(フン)で作った五角形の合格お守りを、希望者に無料で配布してるのは栃木県の宇都宮動物園です。

DSC_0313-1-c18b8.jpg


DSC_0315-1.jpg


なんとこのお守り本当にゾウの糞を加工消毒し、紙すきの技法で和紙風に仕上げています。
形を五角形にしたのは、ゴウカクにかけて、この形に決めたとのこと。
フンを使うことで「運」を身に着けて合格して欲しいというこだわりの合格祈願お守りが完成!

原材料のフンはこの動物園のアジアゾウ宮子のもので、フンを集め、消毒から紙すきまでこの動物園の職員たちが行ったそうです。

posted by かめ忍者 at 22:30| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

息栖神社の水晶印

東国三社の一つ、茨城県  息栖神社
DSC_0085-1.jpg

DSC_0225-2.jpg
(息の文字が「鼻」の形になってますね^^)

DSC_0226-2.jpg

1930年(昭和5年)7月、三笠宮崇仁親王殿下が参拝し「みや桜」を植樹された際に下賜されたという水晶製の印が押されています。
ずっともったいなくて使用していなかったそうですが、ご縁のある皆様の朱印帳へ押すことに最近はなったそうです。
o0540096013568076656-1.jpg

posted by かめ忍者 at 07:46| 栃木 ☁| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

にぎり福

おめでたい笑顔の裏には、「愛」「健」「財」「学」「福」の文字が書かれています。
これを買って毎日握れば、愛も健康も財産もしっかり握り込めるという「にぎり福」(一体¥500)。鎌倉駅そばの本覚寺に伝わる正月の縁起物です。一体づつ手書きで作られるお守りです。ずらり並べて売られているので、好きな文字、気に入った顔を選んで買うのがまた楽しい。
本覚寺には七福神の商売繁盛の神「えびす様」を祀る夷堂があり、正月1〜3日の初えびす、1月10日の本えびすは「鎌倉えびす」と親しまれてます。初えびすでは福娘がお神酒や甘酒を振る舞ってくれ、「にぎり福」のほか、福笹、えびすまんじゅう、えびす大福など縁起物でいっぱいです。
1387686974-1.jpg

DSC_0188.jpg

DSC_0189.jpg

posted by かめ忍者 at 15:38| 栃木 ☀| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

獅子頭守

獅子頭守
カタカタ鳴らして邪気を払う。鎌倉宮にて購入出来ます。

b5fc2a79be708d0d143768792aa1e466.jpg

DSC_0153-1-19f25.jpg

DSC_0152-1.jpg

DSC_0151-1.jpg


板材で巧みに作られた獅子頭のお守りで「板獅子」とも呼ばれている。獅子は真っ赤に塗られ、力強い面構えもいい。サイズは大小あます。
古くから「厄(悪いもの)を食べ、幸せを招く」と言われ、今では「厄除け・幸運招来・交通安全・身代り」などの願いを叶えるお守として授与されています。

御祭神の護良親王が戦いに赴かれる際、「兜の中に獅子頭のお守りをしのばせて、自らを守っていただいた」との言い伝えがあり、鎌倉宮のご創建当初から授与されるようになりました。
山形庄内地方に古くから良く似た形の獅子頭があり、おそらくそれを原型として作られたもの。

手に持って上下に振ると、口が開いてカタカタ鳴り、この音が邪気を追い払うといいます。
子供が持って遊んでも自然と魔除けの効果があるわけで、玩具とお守りの2つの要素を兼ね備えた逸品ですね。
posted by かめ忍者 at 08:04| 栃木 ☔| Comment(0) | 郷土玩具・授与品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする