2017年08月16日

庚申山 猿田彦神社(栃木県日光市足尾)

猿田彦(さるたひこ)神社
2017年(平成29年)6月17日参詣
栃木県日光市足尾町5497 鎮座

DSC_2343.jpg
説明板
「当社は、明治23年(1890)に小滝坑の山神社として坑夫により建立されたが、昭和町29年小滝坑廃止のさい、奉祀する三神を本山山神社に合祀した後、猿田彦神社の遥拝殿となった。
本社は勝道上人が難行苦行の末、庚申山奥の院に神霊を祀ったときに起り、今は三尊像を祀る庚申山荘内小祠が本殿である。」

DSC_2362.jpg
「足尾温泉 かめむら旅館」が目印になります。

DSC_2342.jpg
庚申山の中腹に鎮座しています。
国道122号線から庚申山方面に向かって行くのですが、道が狭く本当にあるのか不安になります。
最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道「原向駅」になりまが、徒歩は無理かと思います。

DSC_2344.jpg
立て看板通りに神社に行くには、庚申川を渡ります。

DSC_2345.jpg
山の中の温泉宿、かめむら旅館別館の裏手より進みます
足尾の松原にある別館で民家のような佇まい。客室は6部屋だそうです

DSC_2346.jpg
神社らしき雰囲気がないので案内の矢印があると安心します

DSC_2348.jpg
のぼり旗が見えてホッ

DSC_2349.jpg
手水舎

DSC_2350.jpg
鳥居

DSC_2352.jpg
更に参道を進みます

DSC_2354.jpg
狛犬

DSC_2355.jpg

DSC_2353.jpg
拝殿

DSC_2356.jpg
拝殿内

DSC_2357.jpg
本殿かと思いましたが拝殿の凸部かと

DSC_2359.jpg
目を斜め上方に向けると本殿らしき社殿が

DSC_2361.jpg
本殿

日光山を開山した勝道上人が庚申山上の巌窟に小祠を作り、「庚申ノ大神」として天津祖庚申猿田彦大神、地津主甲子大己貴大神、人津霊己巳小彦名大神、の三神を奉祀したのが始まりだそうです。
神道では庚申の神を猿田彦神としています。(庚申の「申」が、「猿」と結びつけられたものです)


残念ながら昭和21年、神社の旧本殿である百畳敷のお籠は野火により焼失してしまいましたが
現在は里宮遙拝殿だった銀山平に庚申山猿田彦神社として神事、社務事を執り行っているそうです

ここはまた、滝沢馬琴の小説「南総里見八犬伝」中庚申山怪猫退治の章で奇岩怪石、霊域の神秘を広く紹介される。


銀山平公園.jpg
銀山平公園に隣接しています
キャンプ場、バンガローもありますので宿泊も可

ginnzanndaira.jpg
足尾銅山の銀山平の案内板
明治24年(1891年)に、この地で銀が採掘されたのが名前の由来。
また、東洋一の大製材所を開設。足尾銅山の用材基地として最盛期には200人程が従事し、140戸の社宅を有したとある。

DSC_2347.jpg
社務所にて御朱印を頂きました

DSC_2785-1.jpg
御朱印(初穂料は¥500)



posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

足尾 磐裂神社(栃木県日光市足尾)

磐裂神社(いわさくじんじゃ)
2017年(平成29年)6月17日参詣
栃木県日光市足尾町遠下3-1 鎮座

DSC_2332.jpg
社号標

DSC_2331.jpg
一の鳥居

DSC_2333.jpg
山岳信仰の対象だった庚申山の登山口もこの鳥居だったそうです。「庚申山表口」と彫られた石碑もありました。

DSC_2334.jpg
二の鳥居の直前に踏切、わたらせ渓谷鉄道の踏切です

DSC_2335.jpg
手水舎

DSC_2336.jpg
説明板
「足尾5氏」と言われる一族14人が日光から移住してきた時、妙見宮の分身を拝受し、大同3年(808)に足尾郷14ケ村の鎮守と定めた。文化・文政の頃庚申山信仰が盛んになり登拝口として講中寄進の庚申山碑や一丁目(いっちょうめ)標が建てられた。神社は大正3年(1914)現在地に移った。境内に栃木県名木百選の大桧(神木)がある。
日光市


DSC_2338.jpg
拝殿近くの狛犬

DSC_2339.jpg

DSC_2337.jpg
拝殿

DSC_2340.jpg
扁額

DSC_2341.jpg
本殿

磐裂神社は、足尾地区の鎮守
この社は勝道上人が磐裂神の加護により日光の開山を完遂出来た事を報謝し、大同4年(809年)に創建したと伝わる日光山最古の社で、星の宮とも称し、奈良・平安・鎌倉・室町の各時代には修験者の霊場の一つとして、又戦国時代には武将の篤い崇敬を受けて栄えた。 (神社由緒より)

上古の時代、足尾総鎮守妙見天童と称しのちに妙見大菩薩といい、その後妙見宮と称した。
別当寺に妙見山竜福寺があったが、足尾銅山の衰微と共に廃寺となった。
秩父の妙見・相馬の妙見・足尾の妙見を指して関東三妙見と称したという。
1878(明治11)年古河市兵衛が足尾銅山を再会した際に、磐裂神社と改称された。


DSC_2784-1.jpg
御朱印は庚申山中腹にある猿田彦神社にて

posted by かめ忍者 at 12:18| 栃木 ☔| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

古賀志山 日吉神社(宇都宮)

2017年(平成29年)1月29日 参詣
栃木県宇都宮市古賀志町352 鎮座

DSC_0888.jpg
古賀志石の鳥居

DSC_0889.jpg
説明板

DSC_0890.jpg
参道から石段を望む

DSC_0892.jpg
狛犬
DSC_0891.jpg

DSC_0893.jpg
拝殿

DSC_0895.jpg
拝殿、斜めより

DSC_0903.jpg
拝殿、側面

DSC_0894.jpg
扁額

DSC_0898.jpg
右手より本殿(覆い屋)

DSC_0900.jpg
左手より本殿(覆い屋)

DSC_0897.jpg
本殿


日吉神社は長治元年(1104年)宇都宮氏第2代当主宗綱が遠く近江坂本の日吉大社より大山咋神を古賀志山麓の地にお迎えしたのが始まりです。
その後、天正元年(1573年)の宇都宮氏と壬生氏の合戦により社殿が炎上し現在の地に移したといわれています。
御祭神の大山咋命(おおやまくいのみこと)の「くい」とは山麓の田畑の作物をグイグイと育てて下さる御神徳を指したものです。
また日吉神社では、猿が神様の使いであり、「神猿(まさる)」といい「魔去る・勝る」に通じ、魔除け・勝運の御利益をいただけるものとして信仰されています。

DSC_0902.jpg
絵馬

DSC_0905.jpg
宮司さん宅、社務所にて御朱印をいただきました

DSC_0935-2.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

多気不動尊 再々訪(宇都宮市)

多気山持宝院(真言宗智山派)
2017年(平成29年)1月29日参詣
栃木県宇都宮市田下町563 鎮座

毎月28日は、多気山御本尊不動明王のご縁日です。
なかでも1月の28日はその年の最初の不動明王のご縁日ということで【初不動】として古くから多くのお参りで賑わっています。しかも28日限定で「初不動の特別御朱印」が頂けたのですが・・・
ということで昨日お参りしたかったのですが所用にて本日

前々回は2015年2月15日、下野三十三観音の別格霊場のお参り時

前回の参拝は
2015年5月17日大火渡り祭
の時でした。

DSC_0906.jpg
多気不動尊入口

DSC_0907.jpg
参道

DSC_0934.jpg
水かけ不動(手水舎)

DSC_0932.jpg
山門

DSC_0931.jpg
山門をくぐると弘法大師修行像

DSC_0912.jpg
阿の狛犬

DSC_0913.jpg
吽の狛犬

DSC_0924.jpg
狭く急な階段

DSC_0918.jpg
階段を上り終えると本堂が目の前に

DSC_0922.jpg
歳神殿

DSC_0921.jpg
鐘楼堂

DSC_0920.jpg
清水

DSC_0928.jpg
水子供養地蔵尊


宇都宮の西北10Km、多気山(376m)の中腹に位置し、弘仁13年(822年)、日光開山勝道上人の弟子尊鎮法師により創建されました。当初は馬頭観音を御本尊としていましたが、建武2年(1335年)8月1日、宇都宮9代城主藤原公綱公により今の本尊不動明王が御本尊として氏家の勝山城から当山に遷座されたのです。不動明王は真言密教の主尊である大日本如来の 使者とされ、多くの信仰をあつめている仏です。当山の御本尊不動明王は天暦3年(949年)3月28日を選んで、源頼光が多田滿仲の子、多田の法眼(円覚上人)に作仏を願い、吉野山中にこもり一刀三礼のもとに彫り上げた霊像です。


DSC_0916.jpg
御護摩申込、納経所

IMG_20170129_143631.jpg
梵字・ご本尊の御朱印を頂きました

posted by かめ忍者 at 16:13| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

宇都宮 浄鏡寺(栃木県)

光谷山 宮元院 浄鏡寺
2016年(平成28年)12月25日 参詣
栃木県宇都宮市塙田2-5-1
宇都宮 二荒山神社の西側に鎮座しています。

DSC_0602.jpg
薬医門形式の山門

DSC_0603.jpg
山門をくぐると正面に本堂

DSC_0599.jpg
六地蔵

DSC_0604.jpg

宇都宮大空襲で焼失した天然記念物で作られた観世音菩薩が安置されているそうです

住職さんの対応がとても丁寧で好印象でした。ありがとうございました。

DSC_0858-1-1b9e4.jpg
御朱印代は賽銭箱へと言う事でした

posted by かめ忍者 at 23:46| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

下野國 安住神社(全国バイク神社認定第1号)

2016年9月24日参詣
塩谷郡高根沢町上高根沢2313 鎮座

DSC_0324-b3183.jpg

DSC_0327-61233.jpg

約2年ぶりの再訪となりました。
向かう途中の車の中では土砂降りの雨でしたが、不思議な事に神社駐車場に着くと雨はやんでくれました。

前回とは雰囲気が違っていました。
それはバイク神社を全面的に押し出した感じです。

2016年年9月8日より頒布された100冊限定御朱印帳
好評で追加されたバイク神社御朱印帳(写真右側)まだ ありました。
DSC_0323-1-1c1d0.jpg


2014年10月4日の前回参拝
 ↑ クリック


DSC_0319.jpg

DSC_0320.jpg


DSC_0322.jpg
ヘルメットをかぶった、沢山のてるてる坊主か可愛いですね


頒布の由緒書リーフレットより
事称、(899年・昌泰二年)、宇多上皇行幸『扶桑略記』醍醐天皇、八十嶋祭を行う『日本紀略・江家次第』
事称、当神社に残る書物には、平安初期・平安中期・第六十代醍醐天皇(昌泰二年・899年)に住吉大社の御分霊を頂き住吉信仰を、この地に新井吉明(あらいよしあき)が勧請したと社伝されています。
この地に勧請した由来は(事柄)であるが、住吉信仰を全国の地に広めることだったのではないだろうかということが言えます。

もともと安住神社は安産祈願の神様として栃木県では名が知られています。
最近は日本初の「認定」バイク神社、それからヘリポートを作ってドクターヘリの着陸ができるようにしたり、防衛省からヘリコプターのお祓いを依頼されたりと、話題には事欠かない神社となっています。


安産祈願で有名だけあり「子宝育神社」
37f99d66-s.jpg


昭和五十七年(1982年)には、朱塗りの大鳥居(明神鳥居)を建立
DSC_0330.jpg


平成二年(1990年)には、創祀1100年祭を迎え神門を建立
黄金狛犬となっている。
DSC_0326.jpg


昭和57年(1982年)から続く年末の恒例行事で、もち米約八俵でつきあげた役500kgのジャンボ鏡餅を神前に奉納します。当初はもち米三俵分の鏡餅でしたが、年々増え続け、現在八俵になりました。
DSC_0328.jpg
平成9年から神社の御神田で収穫されたもち米を使用しています。

DSC_0325.jpg


DSC_0333-1.jpg

DSC_0332-1.jpg

posted by かめ忍者 at 22:09| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

東輪寺(さくら市鹿子畑)

醫王山 光明院 東輪寺(とうりんじ)
2016年2月27日参詣
栃木県さくら市鹿子畑1117 鎮座

東国花の寺百ヶ寺 栃木八番札所

o0480036013232539370.jpg

DSC_0005.jpg

創建は不詳
寛永元年(1624)に火災に遭遇し、その後二度におよぶ火災により焼失。
現堂宇は大正12年建立である。
昭和61年から3ヶ年間、昭和の大修理ともいうべき増改築事業を実施、庫裡の新築、位牌堂・般若堂の建立をはじめ、本堂その他諸堂の改築がなされる。

DSC_0313-1.jpg


posted by かめ忍者 at 19:39| 栃木 ☔| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

慈光寺(喜連川)

喜連山 歓喜院 慈光寺
2016年2月27日参詣
栃木県さくら市喜連川4374 鎮座
北関東三十六不動尊 二十一番札所

05kiturgw49.jpg

DSC_0004.jpg

創建は不明だが、日譽により開山と伝えられ、創建当時は歓喜院と称していた。
永禄5年(1563)、塩谷伯耆守の祈願所となる。
天正18年(1590)、喜連川国朝が慈光寺と改称し祈願所とし寺領30石を賜る。
文化3年(1806)火災により焼失し、文化10年(1813)に再建
大正10年(1921)、現在の本堂を建築

500_13964724.jpg

「慈光寺」内、「突抜き井戸」あるいは「掘抜き井戸」自噴しています。

DSC_0311-1.jpg


posted by かめ忍者 at 18:58| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

霊水山 普門院 光明寺(栃木県さくら市)

霊水山 普門院 光明寺
2016年2月27日参詣
栃木県さくら市氏家2696 鎮座

DSC_0003.jpg

さくら市南部にある勝山城の城主芳賀氏が、城の近く美女木地区に、1427年(応永34年)創建したと伝えられています。
その後、1597年(慶長2年)宇都宮氏の改易に伴い、勝山城が廃城となると、光明寺も現在の位置に移転されたと言われていますが、江戸時代に何回かの火災や水害によって、記録が失われているため、正確な時期は分かっていません。
 
DSC_0299-2.jpg


posted by かめ忍者 at 20:57| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

大谷寺・平和観音(宇都宮市)

天開山 大谷寺 (平和観音)
2015年11月13日参詣
栃木県宇都宮市大谷町1198 鎮座

大谷寺は大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する日本屈指の洞窟寺院である。 本尊は、凝灰岩の岩壁に彫られた丈六(約4.5メートル)の千手観音で、一般には「大谷観音」の名で知られている。
坂東三十三観音の第19番札所

ooya1.jpg

石造千手観音菩薩立像が本尊ですが、今回はこの寺の門前にある平和観音像をメインに参拝しました。
高さ26メートル 胴回り20メートルの巨大な観音様は、昭和23年着工から6年の歳月を経て、昭和29年12月に第二時世界大戦の日米両軍の戦没者の冥福を祈って完成、昭和31年に開眼した大谷石の採石場の跡に作られました。
作ったと言っても、実際は手で彫ったもので、飛田朝次郎氏の作品です。
胸の高さには宇都宮市内を一望できる展望台が有ります。

ooya_canon_01.jpg

DSC_0237-1-0372a.jpg

posted by かめ忍者 at 21:59| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(県央) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング