2016年10月15日

神橋・日光二荒山神社 1250年

2016年10月15日参詣
栃木県日光市上鉢石1112-1鎮座

DSC_0350.jpg

二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋。

2016年は神橋1250年を記念して「渡橋特別参拝」が企画されています。
期間:平成28年1月1日〜12月31日 1年間限定
初穂料:お一人様1,250円

●「神橋」渡橋特別参拝五つの特典
 1.お祓い
 2.玉串奉奠
 3.御神酒拝戴
 4.記念品授与 ※神橋親柱ストラップ(中に祈願用紙が入ります)
 5.特製渡橋券 ※特製開運コースター

DSC_0348.jpg

奈良時代の末に勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ神仏に加護を求めた際、深沙王(じんじゃおう)が現れ2匹の蛇を放ち、その背から山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説を持つ神聖な橋。別名、山菅橋や山菅の蛇橋(じゃばし)とも呼ばれています。

DSC_0352.jpg

現在のような朱塗りの橋になったのは寛永13(1636)年の東照宮の大造替のとき。明治35(1902)年にそのときの橋は洪水で流されてしまいましたが明治37(1904)年に再建され、日本三大奇橋の1つに数えられています。

DSC_0353-1.jpg

おとといのミス・インターナショナル訪問の影響か?女性参拝者のが凄く多かったです。

DSC_0351-1.jpg


神橋の前は多々車で通行しましたが、御朱印を頂くのは今回で2度目となります

2014年9月20日の前回参拝記事


DSC_0363-1-faba1.jpg


posted by かめ忍者 at 22:41| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

日光二荒山神社・良い縁まつり限定御朱印

2015年10月22日奉拝
栃木県日光市山内2307鎮座

前回の日光二荒山神社 '14年11/29参拝

yoiennikko-omotes.jpg
※チラシは、2014年(平成26)のもの

2015年は9月19日〜11月23日まで、日光二荒山神社で、「日光良い縁まつり」が行われていました。二荒山神社が、縁結びの神社ということもあって、毎年恒例のまつり

その期間だけ、良い縁まつりの印が御朱印と共に押されます。
DSC_0230-1.jpg

posted by かめ忍者 at 07:25| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

「注連縄印の御朱印」 森友瀧尾神社(栃木県)

2015年10月22日奉拝
栃木県日光市森友995 鎮座

前回の森友瀧尾神社 '14年11/24参拝

kamitsuga_009a.jpg


yjimage.jpeg

【大注連縄について】
平成14年3月、山口県小野田市鎮座熊野神社、松田千代子宮司様に出雲の大注連縄を
ご奉納戴きましたのが始まりです。この年は梅雨が長く、大注連縄は夏の間に黒くかびて
しまいました。
困った宮司は、広島県在住の知人小田廣実様に相談したところ出雲の大注連縄を作って
おられる菅恒義(すがつねよし)様は小田廣実様の親類ということで、小田様のお骨折りで、
平成14年15年と2度に渡り、島根県より栃木県までお出掛けいただき、大注連縄作りを
ご指導いただきました。
それからは森友瀧尾神社と、日光藁文化保存会(会長・福田昇)が自力で大注連縄を作り
続けております。
大注連縄の重さは300`、最大周囲1b70センチ、長さ4メートルで栃木県最大の注連縄です。

DSC_0229-1-a16e0.jpg

posted by かめ忍者 at 19:45| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

藤原山 慈眼寺(栃木県鬼怒川温泉)

2015年8月23日奉拝
栃木県日光市藤原249
鬼怒川温泉エリアに鎮座しております

寺伝によると、この寺は奈良朝の末期に日光を開山した勝道上人が慈眼観音堂として建立したと伝えられている。
安置されている十一面観音は、勝道上人御作の一体とも言われているそうだ。
幕末の戊辰戦争では、慶応四年六月二十六日、小原沢の戦闘以来、官軍を寄せ付けなかったが、奥州白河口が突破され、藤原駐留の会・幕軍は、官軍の追軍侵攻を遅らせるために、橋を壊し,民家をことごとく焼き払った。このとき寺も炎に包まれ、燃え盛る本堂の中から女性の悲鳴を聞いた会津藩士、中野善六と言う人が飛び込み救い出した。ところが女性ではなく十一面観音様だったと言う。この不思議な霊験の力を持って現存いる。
「おさすり地蔵尊」も合祀されていてボケ封じにご利益があるといわています。
特別天然記念物のモリアオガエルも棲息している。

o0480064012970671279.jpg

DSC_0101-1-2d6f4.jpg

posted by かめ忍者 at 23:26| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

日光 男体山登山と湯元温泉神社(栃木県)

2015年8月12日
男体山(2,484m)登山

日光湯元温泉の 温泉神社参拝
日光開山の祖「勝道上人」は782年に男体山登頂に成功しました。その4年後に勝道上人は湯元温泉を発見しました。そこで、勝道上人は湯元温泉の見渡せる高台に温泉神社を建立して湯元温泉の守り神としたそうです。
CPB_L6UUYAU6ma4.jpg


二荒山神社 中宮祠へ

中宮祠にて受付を済ませる必要があります。ここで簡単な登山届と入山料500円を支払うと、御守りをもらえます。
DSC_0106.jpg

10:30 二荒山神社中宮祠 出発
11:00 3合目 到着  ※工事用の舗装道路開始
11:20 4合目 到着  ※工事用舗装道路終了
11:40 5合目 到着
11:50 6合目 到着
12:30 8合目 到着
12:50 9合目 到着
13:10 男体山山頂 到着 ※昼休憩、弁当 60分
14:10 男体山山頂 出発 
15:50 4合目 通過 
16:30 二荒山神社中宮祠 到着

16c0e5f8.jpg

sannchou.jpg

足がカタガタの状態にて、二荒山神社中宮祠にて御朱印を頂きました。


前回の二荒山神社中宮祠 6/15参拝

DSC_0106-1.jpg

DSC_0108-1.jpg

湯元温泉神社は中宮祠にて御朱印を頂きました
DSC_0107-1.jpg

posted by かめ忍者 at 23:55| 栃木 ☔| Comment(2) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

日光二荒山神社 中宮祠(栃木県日光市)

2015年6月15日奉拝
栃木県日光市中宮祠2484鎮座

38132.jpg

男体山の山頂にある奥宮と日光山内にある二荒山神社本社の中間にあるため、中宮祠と呼ばれている。

由緒
このお社は下野国一の宮日光二荒山神社の中ノ宮で幸の湖に臨み霊峰二荒山(男体山)の中腹に当るこの境域に鎮り給う
ここに男体山の登拝口があり、山頂に奥宮が鎮ります
このお社は悠久の昔から当国の衆無崇敬の的であったが今から約千二や九年前延暦元年(782)勝道上人が始めて登頂の大願を果たして山頂に神祠を営み二荒山神を祀りました
以来関東の霊場として栄え日光連峯の主峯男体山を中心に、女峯山・太郎山・大真名子山・小真名子山・赤薙山・前白根山・奥白根山の山頂に夫々奥宮を建てそれぞれのお山を御神体山としてお祭りしています
この日光八峯 境内として広大三千四百ヘクタール華厳滝を始め名勝「中禅寺湖畔」「いろは坂」を含む日光国立公園の中心部であります

IMG_1605.jpg

昔話に戦場ヶ原で、男体山の神が大蛇に変じ、赤城山の神が変じたムカデと領地争いを行った伝説があるそうです。
赤城山のムカデに攻め寄られた男体山の大蛇は、みごと赤城山の大ムカデを撃退し勝利したそうです。 戦いが行われた所を「戦場ヶ原」、血が流れた所を「赤沼」、勝負がついた所を「菖蒲ヶ浜」、勝利を祝い歌った所を「歌ヶ浜」と言い、これらは現在の奥日光の地名になっています。
また勝利した男体山の大蛇は「勝利」・「金運」・「健康」の守護神とされています。

DSC_0400.jpg

↓この大蛇(男体山)の御朱印
DSC_0061-1-90c4c.jpg


DSC_0060-1-17395.jpg


中宮祠での頂ける御朱印は、奥宮、境内社、温泉神社、七福神を含め多数あるのですが、今回はこの2種類を頂きました。
奥宮は夏に男体山登頂してから頂く計画です。

posted by かめ忍者 at 08:37| 栃木 ☔| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

中禅寺(栃木県日光市)

日光山 輪王寺 別院 中禅寺
2105年6月15日奉拝
坂東三十三観音霊場の第十八番札所

tatchigikannon2.jpg
(立木観音・輪王寺HPより)

中禅寺は784年、日光開山「勝道上人」によって建立されましたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺」の別院です。

「十一面千手観世音菩薩」(国重要文化財)は、勝道上人が中禅寺湖上に千手観音様をご覧になり、その姿を桂の立木に彫ったと伝えられています。それが御本尊「立木観音」

1352446244_450.jpg

DSC_0062-1-4a8b8.jpg

posted by かめ忍者 at 22:47| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大護摩堂」輪王寺 (栃木県日光市)

2015年6月15日奉拝
栃木県日光市山内2300鎮座

大護摩堂の内陣には、ご本尊「五大明王」(平安中期作)を中心に、「七福神」や「十二天」など30躰の仏さまや祖師像がお祀りされています。

sn-tcg15-1024.jpg

DSC_0061-1-102b6.jpg

posted by かめ忍者 at 21:33| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬師堂 鳴龍(栃木県日光市)

2015年6月15日奉拝
栃木県日光市山内2301
日光東照宮内に薬師堂(本地堂)があります。

徳川家康公の母「於大の方」は、鳳来寺(愛知県)の薬師如来に立派な男子が授かるよう祈願し家康公を授かっていることから、徳川家康は薬師如来の化身であると考えられたと言われ、内部には東照権現の本地仏、薬師如来を祀り、薬師堂(本地堂)が建てられています。

薬師堂は日光東照宮の管理ではなく、経蔵(輪蔵)とともに所有者について輪王寺で係争中であり、財団法人日光社寺文化財保存会が文化財保護法の規定による管理団体に指定されているのだそうだ。


日光東照宮は1985年に神社本庁から脱退し単立神社になっており、古き日本の宗教体系だった神仏習合を目指しているように感じます。

それが原因なのか、日光東照宮、輪王寺どちらのホームページにも薬師堂・経蔵の説明が記載されていません。

nakiryu1.jpg

DSC_0060-1-87fc2.jpg

御朱印は輪王寺の方が書いています。
昔の御朱印は輪王寺と書いていたようですが現在は日光山のみの記載です。

posted by かめ忍者 at 08:10| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

日光東照宮 400年式年大祭

2015年6月15日
栃木県日光市山内2301

前回の参拝は日光東照宮(2014.9.20奉拝)
徳川家康は1616年に死去し、翌年に日光東照宮に祭られました。
家康の400年回忌にて、世界遺産の日光東照宮では、「400年式年大祭」が行われました

L3184870003275697.jpg

nikko400.jpg
四百年式年大祭の記念御朱印帳
平成27年(2015年)のみ限定で頒布しているもの

DSC_0065-1-cb9f5.jpg
右下に『四百年式年大祭』の記念印が追加されています。

posted by かめ忍者 at 06:57| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(日光地域) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング