2018年02月23日

樺崎八幡宮(栃木県足利市)

樺崎八幡宮(かばさきはちまんぐう)
2017年(平成29年)11月25日参詣
栃木県足利市樺崎町1261 鎮座

去年11月の足利市文化財公開時に参拝しました
DSC_3674.jpg
社号標

DSC_3675.jpg
一の鳥居

DSC_3676.jpg
二の鳥居

DSC_3677.jpg
手水舎

DSC_3678.jpg
拝殿

DSC_3681.jpg

DSC_3679.jpg
拝殿

DSC_3680.jpg
本殿
祭神:誉田別命 源義兼公(足利義兼公)

案内板による由緒。
「樺崎八幡宮は、正治元年(1199)、足利義兼の生入定※の地に八幡神を勧請し、義兼の霊を合祀したことに由来する。
本殿は、天和年間(1681〜1684)の再建といわれ、昭和六十三年度・平成元年度の保存修理で、本来の造りであった隅木入春日造(軒唐派風)に復元した。
この建物は意匠上においても種々の面で卓抜したものがあり、歴史的由来とあわせて価値の高い建造物である。
 (昭和六十一年九月二十四日 足利市指定)

※[生入定(いきにゅうじょう)]
密教の教義において、僧は死なず、生死の境を超え弥勒出世の時まで、衆生救済を目的として永遠の瞑想に入ると考えられている。僧が入定した後、その肉体は現身のまま即ち仏になるため、即身仏と呼ばれる。日本で最初に入定したのは空海で、空海は死んでおらず現在も高野山で入定しているというのが、空海が居住している高野山の公式見解である。

DSC_3684.jpg
文化財公開だったので本殿床下の足利義兼(ヨシカネ)が生入定したとされる場所
「足利義兼公御廟」とうっすら書かれた墓標がたっていました

DSC_3685.jpg
御朱印は、参道右側の社務所で頂けました。普段は非常駐です。

DSC_4078.jpg
御朱印

posted by かめ忍者 at 23:50| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

下野大師 華蔵寺(栃木県下野市)2月詣、猫神様朱印等新たに追加!

児栄山 実勝院 華蔵寺
2018年(平成30年)2月10日参詣
栃木県下野市下古山928-1 鎮座

前回2018年(平成30年)1月6日参拝以来です

平成30年から新たに頂けるようになった月詣限定御朱印の2月
そして、また新たに4つの御朱印が追加になりました
DSC_4007.jpg
年頭に根本仏の四連御朱印が新しく追加されましたが
今月2月4日から、また新たに「猫神」「銭洗弁天」「遍照尊」「閻魔殿」が追加されました

DSC_4008.jpg
本殿

DSC_4006.jpg
猫神様

DSC_4009.jpg
銭洗弁天

DSC_4010.jpg
寺務所にて御朱印を頂ました

DSC_4015.jpg
二月詣

DSC_4019.jpg
猫神

DSC_4018.jpg
銭洗弁天

DSC_4017.jpg
遍照尊

DSC_4016.jpg
閻魔殿

posted by かめ忍者 at 22:25| 栃木 ☁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

下野大師 華蔵寺(栃木県下野市)根本仏四連朱印が新追加!猫神様等は2/4から


2018年(平成30年)参拝した下野大師の御朱印紹介


平成30年より新たにいただけるようになった御朱印だそうです

DSC_3895.jpg
根本仏の四連御朱印

DSC_3897.jpg
こちらも平成30年から新たに頂けるようになった月詣限定御朱印

各月の御朱印を全て授受すると粗品がいただけるそうです


DSC_3896.jpg
猫神様、閻魔殿、弁天、遍照尊の御朱印は2/4から、頂く事が出来るそうです



DSC_3906-1.jpg
正月詣

IMG_20180107_084635.jpg
大日如来

DSC_3909-1.jpg
不動明王

DSC_3910-1.jpg
聖天

DSC_3911-1.jpg
瑠璃光


posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

下野大師 華蔵寺(栃木県下野市)正月詣

児栄山 実勝院 華蔵寺
2018年(平成30年)1月6日参詣
栃木県下野市下古山928-1 鎮座

DSC_3890.jpg
南参道入口

DSC_3893.jpg
境内東側の道路沿いに、大きな招き猫

DSC_3882.jpg
山門

右手にお堂が並んでいます

DSC_3888.jpg
聖天堂

DSC_3887.jpg
薬師堂

DSC_3883.jpg

DSC_3889.jpg
本堂
宗旨宗派 真言宗智山派
本尊   大日如来


DSC_3885.jpg
扁額

由緒については、弘安五年(1282年)に創建され、建武元年(1334年)児山城主の総祈願所になったといわれます。


DSC_3898.jpg
庫裡に、何匹か猫が、「にゃんにゃん堂」だそうです。

DSC_3903.jpg
にゃんにゃん堂の猫

DSC_3904.jpg

DSC_3905.jpg
よくテレビ取材を受けるようで境内に写真が掲示されていました

DSC_3900.jpg
寺務所にて御朱印を頂ました

御朱印の紹介は・・・to be continued


posted by かめ忍者 at 21:41| 栃木 ☀| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

天狗の御朱印で有名な古峯神社(栃木県鹿沼市)3度目の参拝

古峯神社(ふるみねじんじゃ)
2017年(平成29年)7月24日参詣
栃木県鹿沼市草久3027 鎮座

DSC_2681.jpg
まだ20q以上ある場所に早くも「古峯神社参道」という石碑

DSC_2679.jpg
神社まで約6qの場所にある「一の大鳥居」です。高さ約25m、幅約34mの巨大さ

DSC_2677.jpg
一の鳥居の石碑

DSC_2647.jpg
古峯神社に到着しての最初の鳥居

DSC_2648.jpg

DSC_2650.jpg
社号標と鳥居

DSC_2651.jpg
手水舎

DSC_2676.jpg
境内には天狗の奉納碑

DSC_2652.jpg
立派な鳥居が沢山

DSC_2653.jpg
社殿へ登る階段の鳥居

DSC_2654.jpg

DSC_2655.jpg
堂々たる茅葺屋根の拝殿

DSC_2661.jpg
扁額

DSC_2656.jpg
社殿内への入口

DSC_2669.jpg
入ると大きな廊下、拝殿、授与所に加えて宿坊にもつながります

DSC_2668.jpg
休憩出来る畳敷きの部屋
無料のお茶の他に自販機も完備

DSC_2660.jpg

DSC_2666.jpg
拝殿内

DSC_2670.jpg
拝殿脇の授与所

DSC_2657.jpg
授受できる御朱印
どのタイプの天狗になるかは当日の書き手の出社状況によりますが、逆に言うと「今日頂けるのはどの御朱印ですか?」と聞くことはできます。

DSC_2665.jpg
拝殿を過ぎ廊下の奥に御朱印を受ける授与所

DSC_2663.jpg
本殿
当日工事をしていて門が開いていたので拝見できました

由緒は、
1300余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。
その後、古峯ヶ原は、日光を開かれた勝道上人という僧侶の修行の場となり、上人は古峯の大神の御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、天応2年(西暦782年)日光の男体山に初めて登頂し大日光開山の偉業を成しとげられました。

この縁起にもとづき、日光全山26院80坊の僧坊達は、勝道上人の修行にあやかって、年々古峯ヶ原(古峯神社を中心)に登山、深山巴の宿で祈願を込め修行する慣わしとなり、
その修行は明治維新に至るまで、千余年の永きに亘って行なわれました。
古峯神社はこのような古峯大神のご利益の顕著を以って全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰などに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。
明治初年には太政官布告により、神仏分離が行なわれ、仏具一切を取り除き、純然たる古峯神社となり、現在にいたっております。
(古峯神社HPより引用)


DSC_2682-1.jpg
御朱印(初穂料 500円)


古峯神社の過去の参拝記事
初回 古峯神社 2014年11月12日参拝
を紹介しました。
そして
再訪時の古峯神社 2015年8月14日参拝
も紹介

posted by かめ忍者 at 01:00| 栃木 🌁| Comment(0) | 栃木の神社・寺院(南西) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキング